上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は謎の彼女Xの第8話『謎の感覚』の感想です。
謎の彼女X 1(期間限定版)(Blu-ray Disc)

【あらすじ】
卜部の胸を触る夢を見た椿。リアルな指先の感触が頭から離れないまま、町を歩いていると、見慣れない場所で卜部と出会う。
そこは卜部の家の近くで、せっかくだからと家に招かれることに。
初めて入る“彼女の部屋”に椿は緊張し、さらに卜部の胸を触った夢のことを思い出して妙に意識してしまう。
そんな挙動不審な様子を卜部に見抜かれた椿は、昨日見た夢のことを正直に打ち明ける。
(公式サイトより)

【感想】
・今回は何というかいつも以上にそっち系の回でしたね。もう放送ぎりぎりなんじゃ。ある意味で。

・丘との会話がずいぶん慣れたものになってきたなあ、という感じです。いったんストーリーがお休みになるので見てる私としてはちょうどいいです。

・椿はいい性格してますね。世の中には異性をなんだと思ってるんだみたいな人もいるようですし。まあ、殴れはやりすぎな気もしますけど。

<今回のひとこと>
椿「俺の好きな卜部の顔にあざができるのは、絶対に嫌だな」
えらく真面目な言葉です。
ああいうシチュエーション(まあ普通はあり得ないですが)においてはいいセリフなんじゃないでしょうか。
たぶん。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は黄昏乙女×アムネジアの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/307-c429a1e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。