上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はつり球の第4話『ムカついてランディング』の感想です。
つり球 1【通常版】 [DVD]

【あらすじ】
江の島で「元祖しらす亭」を営む夏樹の家は、皆仲良し。だが一人、当の夏樹だけはその輪から外れてしまっているようだ。それをなんとなく感じとったハルは、ある行動に出るが……。
(公式サイトより)

【感想】
・ようやく夏樹とユキが上手くいくようになりましたね。どちらかと言えば夏樹の変化の方が大きいんじゃないでしょうか。前にも書きましたが、人を教えることは自分を変えることがままあります。

・ケイトのユキへの信頼と言うか、彼のことを分かってるという感じがとてもよく出ています。それがまた説教臭くないところがいいです。

・アキラたちの集団の目的って何なんでしょう。ハルは宇宙人ですが、彼らも得体が知れません。

<今回のひとこと>
ユキ「大丈夫! 逃がさない、今度こそ、絶対!」
ユキが成長した、と端的に分かるセリフですね。
夏樹も反応していたので分かりやすかったと思います。
何かに熱中している時の人はいいですよね。それが何であろうと。犯罪はのぞきますよ(笑)。
趣味が多い人はそれだけ、人間的に豊かになれるんじゃないでしょうか。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は謎の彼女Xの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/306-236305a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。