上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はさんかれあの第7話『おさな…なじみ…』の感想です。
さんかれあ(3) (少年マガジンコミックス)

【あらすじ】
左王子蘭子は、いとこで幼なじみの千紘のことが好きだ。しかしゾンビオタクで人間の女の子には見向きもしなかった千紘が、責任取りの為とはいえゾンビっ娘・礼弥と同居を始めたことで蘭子の心中は穏やかではない。しかも目の前でキスまでされて……。思わぬ強敵の出現に、もやもやする蘭子の脳裏によぎる千紘との過去。最高だった初めての出会いは2人がまだ幼稚園の頃だった。幼なじみは2度恋をする!! 蘭子&千紘のアーリーデイズ。
(公式サイトより)

【感想】
・今回は本筋とは関係ない話でしたね。一息つかせる回と言ったらいいんでしょうか。

・蘭子の感情なんかはよく分かってよかったです。こういうラブコメ展開は大好物です。なんですが、はたして蘭子をいとこにする設定が必要だったんでしょうか? いとこだと恋愛関係をつくるのが難しいと思うんですが。

・千紘の友達は面白いですね。モテない男子の代弁者!

<今回のひとこと>
萌路「プロデューサー、どういうことか説明してもらおうか!」
なんか回を追うごとに次回予告が趣向を凝らしてきてますね。
展開が気になる!


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は夏色キセキの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/292-01e3b166
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。