上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は日記です。
必ずしもアニメと関係ないんですが、面白かったので取り上げます。

昨日、大学で受けていた講義で「子供に見せたくない番組」調査についての話が出ました。
それについてちょっと書きたいと思います。

さて、もうみなさん御存じかもしれませんが、毎年「子供に見せたくない番組」の調査をして、ランキング形式で発表されていますよね。

今年の結果は
見せたくない…「ロンドンハーツ」(9年連続)
見せたい  …「世界一受けたい授業」(6年連続)
好きな番組 …「謎解きはディナーの後で」(初)

でした。

別にこれらの番組がどうこうとか、調査する意味がなんだと言うつもりはありません。

問題は報道のされ方です。

今年の場合、新聞なんかの見出しだと下のようになりませんか?

「子供に見せたくない番組、ロンドンハーツ9連覇」

今自分で考えたのであまり良くないかもしれませんが、だいたいこんな内容でしょう。

連覇なんていう字が来ると、インパクトがありますよね。それに私たちはなんとなく「ロンハー」が嫌われているのを知っているので、「ああ、またかー」と思うでしょう。

で、こういう見出しが来ると、自然とこう考えます。

「全国の親はみんなロンハ―が嫌いなんだな」と。

これって正しいんでしょうか。

ということで、調査をした日本PTA全国協議会に探りを入れてみましょう。
あ、別に団体を疑っているわけではなく、報告書を見てみようってことです。

報告書の64ページにはこういう質問への結果が出ています。
「現在放送されているテレビ番組の中で、あなたがお子様に見せたくない番組はありますか」

結果は(この調査では小5と中2が対象です)
小学生の親→「ある」28%/「ない」67%
中学生の親→「ある」19%/「ない」75%


いかがでしょう。

「見せたくない番組がある」という方は全体の多くても3割しかいないのです。
その3割の人々の意見を集約すると、新聞等々で発表されるランキングが出来上がります。

つまり、「ロンハ―9連覇」は3割の意見ということです。決してすべての親が嫌っているわけではありません。これは調査結果としては不十分な結果だと思います。要は有意性が少ないと感じます。
(余談ですが、私は嫌いです)

しかし、この事実が報道発表で出されているかといえば、それは否です。

報道側に悪意は無いでしょうが、結果的には読者をミスリードさせているんじゃないでしょうか。

と、まあこのように報道で使われる統計データや調査ほど、うさんくさいものは無いわけです。
よく出る世論調査でも回答率はせいぜい50%ちょっとです。けして全国民の意見ではありません。

私たちが報道(ニュース)に触れるとき、説得力を出すために調査結果が出されていたりしますが、本当に正しい(または調査結果として成り立つ)のかを一度考えてみる必要があるんじゃないでしょうか。

と、いうわけで今回の記事はこれでおしまいです。

次回はさんかれあの感想を書く予定です。

では、またどこかで。

【参考】
社団法人日本PTA全国協議会HP→http://www.nippon-pta.or.jp/
(報告書もちゃんと載ってますよ)
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/289-121b7d17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。