上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はつり球の第2話『悔しくてユニノット』の感想です。
つり球 1【通常版】 [DVD]

【あらすじ】
ハルに強引に誘われて始めたものの、ちょっとだけ釣りに興味が出てきたユキ。
夏樹にまたレクチャーを受けるのだが、ユニノットという基本的な結び方が上手くできず途中で投げ出してしまい……。
(公式サイトより)

【感想】
・今回は大きな動きはなく、1話の展開をベースにそれを一歩進めたような回でした。

・前回の感想でどうも夏樹とは反りが合わないというようなことを書いたんですが、ユキと同じく今回その理由が分かりました。私とユキって(他人から見たらどうなのかは分かりませんが)似てるような気がします。だからかなり感情移入している部分があるんだと思います。それでユキに厳しく当たる夏樹にあまりいい気がしなかったんですね。

・もう大学2年ですし……勉強にばかり逃げられないな、という感じです。人間としてどう成長するかを真剣に考えなくちゃいけないと思います。(これ、そういうアニメなのか?)

<今回のひとこと>
山田「なんか、まずいな、タピオカ」
いや、お前のほうがまずいよ!
砂から出てくるって何なんですかっ。
そしてタピオカというらしいアヒルが某保険会社のアヒルに見えて仕方がない……。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は謎の彼女Xの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/269-d164ac64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。