今回は這いよれ!ニャル子さんの第4話『マザーズ・アタック!』の感想です。
太陽曰く燃えよカオス

【あらすじ】
旅行中だった真尋の母・頼子が突然帰国してきた。謎の居候についての言い訳を真尋が考える間もなく、いきなり対面することになった頼子とニャル子たち。しかし、2人の名前を聞いた途端戦闘態勢をとる頼子。なんと彼女はアルバイトで邪神ハンターをやっていたのだ。母親の知らなくていい秘密を知ってしまい動揺する真尋だったが、クー子と趣味で意気投合しゲーム談義に花を咲かせる頼子であった。だが、そんな2人を狙う間の手が静かに忍び寄っていた。
(公式サイトより)

【感想】
・真尋母もだいぶぶっとんでますね。このアニメにまともなキャラクターは存在しないようです。

・食べたくない食品名がいっぱい出てきましたね。材料になってしまえばおいしそうですけどね。

・何やら不穏な空気が……。初めての2話またぎのようです。

<今回のひとこと>
頼子「あ、音爆弾使うね~」
私は某ハンティングゲームをほとんどやっていないのでわからないんですが、弟いわく、おそらく二人は○ンクックの討伐をしているんじゃないかとのこと。
パロディがマニアックすぎる!


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はヨルムンガンドの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/261-e46cc548