今回はつり球の第1話『テンパってフィッシング』の感想です。
つり球 1【完全生産限定版】 [DVD]

【あらすじ】
友達がいない少年・ユキは、転校してきた江の島で今度こそ友達を作ろうと意気込む。
しかしそんなユキに「友達になろう」と現れたのは、
釣り竿と水鉄砲を手にした自称「宇宙人」・ハルだった……!
(公式サイトより)

【感想】
・なんだか超特急でストーリーが展開した感じで、何が何やらという感じでした。まあ、まだ1話なのでゆっくり見ていこうと思います。

・ハルはいったい何者なんですかね。変人以外の何者でもないですが。

・仮に夏樹が現実世界にいたら、私は友達になれないような気がします。ああいうタイプは苦手と言うか、かかわろうと思わないですね。

<今回のひとこと>
ユキ「江の島には、海があるんです!」
まあ、そりゃあね。
江の島にある高校で言ってるからみんな知ってますわな。
地元というほどド地元ではないですが、ほど近いところに住んでいるので、片瀬江ノ島駅とかは出るとテンションあがりますね。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は謎の彼女Xの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/257-3dc862fe