上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はアクセル・ワールドの第4話『Declaration;告白』の感想です。
アクセル・ワールド 3(初回限定版)[Blu-ray]

【あらすじ】
ささいな行き違いから口論をしてしまったハルユキと黒雪姫。そんな二人を荒谷の乗った自動車が襲う。
絶体絶命の状況に、黒雪姫は肉体をも加速する禁断の力≪フィジカル・フル・バースト≫を使ってハルユキをかばうが……!
(公式サイトより。一部管理人が改変)

【感想】
・おっと、急展開ですね。原作がいいのかシリーズ構成の方がすごいのか、展開はすごく上手です。息をつかせてくれません。

・ハルユキは自分を卑下しすぎですね。でも、肯定されない人生を送ってきたのだから、当たり前なのかもしれません。

・タクの目的はなんなんでしょう。いきなり、どんでん返しをされました。

<今回のひとこと>
黒雪姫「いつかまた会えるから」
本当に会えるんですかね。
いや、会って欲しいんですけどね。
告白して、自らを犠牲にするってかっこよすぎるでしょ。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はつり球の感想を書く予定です。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/256-4bc54067
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。