上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は夏色キセキの第4話『ユカまっしぐら』の感想です。
Non stop road/明日への帰り道(夏色盤)

【あらすじ】
酒屋の息子の佐野貴史は、優香の幼なじみで憧れの存在だ。ある日優香は花木屋旅館に酒を届けにきた貴史から紗季について尋ねられる。その様子を見て、優香は貴史が紗季に想いを寄せているのだと悟る。ちょっとした失恋に、紗季みたいになりたいと吐露する優香で…。
また、紗季は紗季で、優香の優香らしさを知る機会があり――。
(公式サイトより)

【感想】
・初めて恋愛ベースの話になりました。まあ、メインがそこではないので、ドキドキ感みたいなものには欠けていましたが、人格入れ替えは面白かったです。

・各声優さんが本来のキャラとは違うキャラを演じていたのに、「やっぱ声優ってすごいな」と思いました。

・なんやかんやで振られた彼(貴史)はちょっとかわいそうでしたね。

・凛子と夏海はなんで入れ替わったんでしょ。面白かったですが、きちんとした説明が欲しかったです。

<今回のひとこと>
優香(外見は紗季)
「わたしのことも、名前で……紗季って呼んでください!」

ここはちょっと切なかったですねえ。
中身は自分なのに、彼が見てるのは別の人なわけですから。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はアクセル・ワールドの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/255-270298a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。