今回は夏色キセキの第2話『ココロかさねて』の感想です。
夏色キセキ 1【通常版】 [DVD]

【あらすじ】
夏休みが始まっても夏海と紗季は喧嘩を続けていた。窓から互いの姿を見てはイヤミを言い合ってしまい、本当は仲直りしたいのに出来ないというもどかしさが2人を包む。
なんとかして夏海と紗季を仲直りさせようと、優香と凛子は作戦を練る。しかしその作戦は優香たちの思いも寄らない方向に転がってしまい、2人は夏海と紗季から責められることに。
(公式サイトより)

【感想】
・まあ、だいたいのキャラや設定の説明を終えたかな、と言う感じですね。ここからが勝負でしょう。

・あの石は複数人で同じことを思えば、力が発揮されるんでしょうか? まだ、分からないことがおおいです。

・夏美弟の友人がちょっとキーパーソンになってくる感じがしますね。魔女じゃないけどね。

・最後の携帯メールを見せる演出はよかったです。あ、なるほど、と思わされました。

<今回のひとこと>
紗季「ごめんね」
この言葉って以外に出すの難しいんですよね。
自分の中で茶かして言うことはできますが、真正面からはなかなか言えない言葉です。


と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はアクセル・ワールドの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/237-52e2303f