今回は這いよれ!ニャル子さんの第1話『第三種接近遭遇、的な』の感想です。
這いよれ!ニャル子さん (GA文庫)

【あらすじ】
ある夜、八坂真尋は謎の怪物に襲われる。
絶体絶命のピンチに現れたのは銀髪碧眼の美少女だった。
「いつもニコニコあなたの隣に這いよる混沌、ニャルラトホテプです♪」
クトゥルー神話の邪神を名乗る彼女は、真尋を守るためにやって来たという。
しかしその仕事っぷりは、真尋を騙くらかして外に連れ出し、アニメショップで自分の趣味のモノを買いあさるなど公私混同はなはだしい。
そんな中、謎の怪物から再び襲撃を受ける。
果たして、真尋が狙われる目的とは一体……!?
(公式サイトより)

【感想】
・THEライトノベルって感じのアニメですね。設定的には既視感がぬぐえません。ただ、キャラクターは面白いと思います。

・ニャル子さん、だいぶ思い切ったこと言いますね。あれじゃ想像に……。

・主人公の声が喜多村さんだったことにキャストで見て、気づきました……。喜多村さんの演技幅はものすごいと思います。

<今回のひとこと>
ニャル子「なんですか、この成人向け同人誌は! ハレンチだ、けしからん! 買っていきましょう!」
買うのかよ!
ただの腐女子じゃないかっ。
オタクの私が言うことじゃないか……。


と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はヨルムンガンドの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/233-6e1bd1c1