今回はテルマエ・ロマエの全体感想です。
すっかりお忘れかもしれませんが、一応。
アニメ テルマエ・ロマエ Ⅰ【DVD】

【評価】
(おおまかな評価基準は追記にたたんであります。なお、評価はあくまで個人的なものです)
テルマエ・ロマエの評価は……
です!


【感想と評価理由】
かなりの意欲作だったと思います。ノイタミナ枠はチャレンジ作品が多いので、面白いですね。

全体的に面白かったです。古代ローマ人が現代日本に来てしまうという奇抜な設定。また、一般テレビアニメーションでは珍しいFLASHアニメを使った表現。新しい風を吹き込んだ作品だったんじゃないでしょうか。

あえて時代を古代ローマにしているところが面白いですね。普通中世ヨーロッパが描かれることが多いですが、それよりもはるか昔の古代に焦点をあてていたところがよかったです。私、世界史が結構好きなので、出てくる名前などに反応しまくりでした。レピドゥスとか。

ただ、何せ短かったですね。ちょっと3話では作品の出来をつかみかねるところがあります。後番組のブラック・ロックシューターが8話で説明不足になっているところを見ると、変な構成にせず、両アニメともフルで1クールやらせてあげてもよかったと思います。

以上の理由から評価を4にしました。

ところで実写の映画版はどうったんでしょう? 映画はめったに見ないのでよく分かりませんが。

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は夏色キセキの感想を書く予定です。

では、またどこかで。

【評価基準】
5…完璧
4…惜しい
3…まあまあ
2…物足りない
1…視聴打ち切り作品
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/225-9f8e0059