上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は夏目友人帳 肆の全体感想です。
夏目友人帳 肆 3(完全生産限定版) [Blu-ray]

【評価】
(評価については追記に大まかな基準を書いています。なお、この評価はあくまで個人的なものです)
夏目友人帳 肆の評価は……
です!


【感想と評価理由】
作品としては非常に安定していたと思います。テレビアニメでは珍しい4期まで制作されるだけのことはあります。

ストーリーも大きなぶれはなく、人情話が大半を占めていて、見ていると、とても心が温まるものが多かったです。

ただ、4期まで制作されていることをことを考えると、もう少し別方面での話、たとえば的場一門との話を多めに入れるなど、工夫が欲しかったな、というところがありました。

的場との話は、夏目とは相反した考えを持つキャラクターが登場する稀有な機会であり、展開も通常の話よりもスリリングになるので、全体的な構成としてメリハリがつけられたと思います。

まあ、そちらばかりになってしまうと、「夏目友人帳」という作品の個性が失われてしまうので、バランスは難しいですけどね。今回はどちらかといえば、過去の話を入れてメリハリをつけようとしていた感じがあります。ですが、過去話だとどうしても人情話よりになってしまうので、大きな差別化にはなっていなかったと思います。もう1エピソードほど的場が絡む話を入れられたらよかったんじゃないでしょうか。

以上の理由から評価は4にしました。
とはいえ、完成度は相変わらず高かったです。5でもそん色ない出来だったとは思います。
願わくば、もうひと作品作って欲しいなあ、と思わせてくれる作品です。

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はアニメミニ感想後編を書く予定です。

では、またどこかで。
【評価基準】
5…文句無し
4…惜しい
3…まあまあ
2…言いたいことがありますよー
1…視聴打ち切り作品
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/214-f5e2c4c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。