上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はあの夏で待ってるの第10話『先輩と、僕らの。』の感想です。
あの夏で待ってる クリアファイル/A イチカ

【あらすじ】
イチカと海人の新たな生活が始まる。
一方、哲朗は柑菜に一昨日の出来事を誰にも言っていないこと、
そして柑菜が夏風邪をひいて体調が悪いことを皆に連絡したことを伝える。
その帰り道、柑菜のお見舞いに行こうとしている美桜に出会う。
そこで自分の気持ちを指摘された哲朗は、何も言えず1人苛立ちをつのらせる…。
(公式サイトより)

【感想】
・恋愛関係については今回でほぼ決着がついたんじゃないでしょうか。全員が区切りをつけることができて、よかったと思います。

・哲郎のいらだちは初めてでしたね。いつもはどこか外にいて、眺めている感じでしたから。哲郎を引き込んだのはやはり美桜でしょうか。彼女がいなければ、哲郎は区切りをつけられなかったかもしれません。

・これだけ、見ていると、イチャイチャもいいもんです。好きにやってくれ、という感じです。

<今回のひとこと>
美桜「好きな人ができると、強くなれるんだよ」
私はさした恋愛経験はないので、よく分かりません。
が、気になる女の子の前では、ちょっとカッコつけてみようとしたり、自分から話しかけてみたり、と普段はしないであろう行動をとる自分がいたりします。
それに感覚としては近いんですかね?
誰か恋愛マスターがいたら教えてください(笑)


と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はライトノベル新刊情報を書く予定です。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/189-586bf259
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。