今回は男子高校生の日常の第10話の感想です。
男子高校生の日常 スペシャルCD付き初回限定版 VOL.3 [DVD]

【あらすじという名のサブタイトル一覧】
・男子高校生と限界
・男子高校生と結果
・男子高校生と冬
・男子高校生と走る
・男子高校生と雑煮
・男子高校生と地面
・男子高校生と自転車
・男子高校生と料理
・男子高校生と学校
・女子高生は異常「傷痕をつけた女達」

【感想】
・文学少女ってヒデノリのこと、絶対気に入ってますよね。あまりの行動の不審さにヒデノリには嫌がられてますが……。っていうか、はじめてまともにしゃべりましたね。

・モトハルが自転車に乗れないという驚愕の事実! でも、練習する前にヨシタケが自転車乗れよ! と見ながらさんざん突っ込んでしまいました。

・いくら家庭科やっているとはいえ、あんなに料理できないですよ。私みたいに……。すごい頑張って、フレンチトーストです。

<今回のひとこと>
タダクニ「ところでさ。俺最近、アニメの出番がすっごく少ないんだよね」
ヒデノリ「あー……そうだね」
タダクニ「こうして毎日お前らと遊んだり、一緒に家でたむろしたりしてんのに、何で俺だけ出てないの?」
ヒデノリ「出てないっていうか、映ってないんだよね」
ヨシタケ「ってゆーか、切られちゃってる?」
タダクニ「え、き、切られちゃってるの?」
ヒデノリ「いくら日常アニメとはいえ、その日常の面白そうなところだけ切り取って放送してるからね。編集の段階で落されちゃってるんだよ」
ヨシタケ「お前、ちょっと普通すぎるんじゃねーの?」
タダクニ「……え、そ、そうだったんだ……。きょ、今日、俺、出番、あるかな?」

主人公のはずだったんですがね……。
というか、最近「ひとこと」と言っておきながら、やりとりが多いですね。
まあ、いいか。
お気になさらず。


と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はあの夏で待ってるの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/188-b356dbc8