上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はあの夏で待ってるの第7話『先輩の気持ち。』の感想です。
あの夏で待ってる 1 (初回限定版) [Blu-ray]

【あらすじ】
撮影途中で抜けたメンバーを迎える檸檬と柑菜。適当な言い訳をする面々を怪訝に思いつつも再び撮影が始まる。
しかし海人はカメラを回しながら、なにかギクシャクした雰囲気を感じて物思いにふけっていた。
そこに現われた千春を見て驚いて走り去る哲朗。そして撮影後に檸檬に相談を持ちかける柑菜。
そして海人はホテルで佳織からの伝言を聞く…。

【感想】
・今回で恋愛がだいぶ進展しましたね。でも柑菜がかわいそうなことに……。

・美桜のまさかの性癖(?)が明らかにされました。そういうの忘れることあるんですかね。でも習慣になってる人はそうなっちゃうんでしょう。

・柑菜に何させてんですか、檸檬先輩! でもまあ、あれはあれで……ありかな。

・ここにきて忘れていた「イチカ先輩は宇宙人」設定が意味をなす時が来ている感じですか?

<今回のひとこと>
柑菜「二人っきりでどこ行ってたんだニャー。つーか……どこ行ってたんですかああ!」
語尾にニャーつける人を見たのは化物語のつばさキャットでのブラック羽川以来です。

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はAnotherの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/158-c0372a30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。