上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は輪廻のラグランジェの第5話『鴨川に来た男』・第6話『風と火と水と鴨川と』のミニ感想です。

ミニ感想ではあらすじと画像、今回のひとことは省略します。

メンバー募集のほうもご覧頂けると嬉しいです。

【感想】
<第5話>
・急展開といった話でした。ムギナミが正体を明かすシーンの転を転する展開はよかったです。

・に、してもムギナミは嫌なやつ、という印象を持ちます。「結果」、味方になるだけ?

<第6話>
・さてさて、いよいよ話が本筋になってきました。今後、ウォクスの秘密のようなものが明らかになってくるんでしょう。そこが見どころですね。

・ムギナミの言っていることは、いろいろ問題ありだと個人的に思いました。人間なんてしょせん自分勝手な生きものです。確かに「人のため」になる行動をしている方はたくさんいます。ですが、それは本当に100%他人のためなんでしょうか? 少なからず、自分の利益(経済的なこと以外、たとえば自己満足も含みます)を動機に含んでいるんじゃないかと思います。それをひきあいに出してまどかを批判するのはお門違いです。自分のために行動するのは人間なんだから、当たり前の感情です。それを理解した上で人と付き合わなければいけないのです。
 まあ、当のまどかは自分のために行動していると思っているわけではないと思いますが。

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は偽物語の感想を書く予定です。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/141-ec019d12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。