今回はAnotherの第5話『Build limbs<拡散>』の感想です。
Another 限定版 第3巻 [Blu-ray]

【あらすじ】
恒一が親しくしていた看護師の水野に起きた悲惨な事故。それ以来、3年3組の緊張感はさらに高まり、恒一が知らぬ間に赤沢が女子の新しいクラス委員長に決まっていた。自分がいない場でクラスメイトたちが何かを話し合っている。それを知っても理由を教えてもらえるわけもなく、恒一は途方に暮れる。クラスの方針にあまり賛成できずにいた高林は、そんな恒一の疑問に答えようとするが……。
(公式サイトより)

【感想】
・全体的なストーリーが動き出した感じですね。今後は恒一と見崎さんの二人がこの状況にどう向き合い、クラスが災厄をいかにして逃れるのか、というところにフォーカスを合わせるのだと思います。とりあえずホラー的な視点ではなくなりました。

・高林くん、あまりにも早く……。今まで出てましたっけ?

・やっと見崎さんの正体が分かりました。すっきりです。それにしても、恒一はかわいそうですね……。私だったら登校拒否してしまいそうです。

・ただ、未だに、どうして恒一にクラスの決めごとを教えなかったのか、は疑問です。時期の限定でもあったんでしょうか。

<今回のひとこと>
担任「くれぐれも、クラスの決めごとには必ず従うようにしてください」
その決めごとをとっとと教えろよ! と思いました。

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はブラック★ロックシューターの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/134-06eaffff