上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は妖狐×僕SSの第1話『いぬとぼく』・第2話『寂しがり屋の犬』・第3話『ほんとうの契約』の感想です。
妖狐×僕SS 1【完全生産限定版】 [DVD]


あらすじを3ついっぺんにのせると記事が長くなってしまうので、今回は省略させていただきます。
また、感想も1~3話を通したものといたします。
見るのをサボってしまった私のミスです。ごめんなさい。

【感想】
・見る前の期待値よりかなり上をいく作品でした。アクションとコメディと内面性をかけあわせたものですごく面白いです。

・声優さんが結構豪華です。特に主役二人は良いキャスティングじゃないかと思います。日高さんは『ロウきゅーぶ!』しか知らなかったのですが、そちらとはうって変わったキャラクターの声にびっくりしました。ちょっと影があって、虚勢をはってしまう凛々蝶の感情をうまく表せていると思います。

・御狐神役の中村さんは執事ぴったりですね。御狐神は声優さんがキャラをつけたみたいなはまり役じゃないでしょうか。純真すぎるぐらい純真な感じがよく出ています。執事なんですが、ありがちな角がない感じです。

・サイトなどを見ると、ラブコメディーとあるので今後はそちらも楽しみにしたいところです。反ノ塚はなんとなくのほほんとしていていいですね。一反もめんってところもナイスです。

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいにします。

次回はライトノベル新刊情報を書く予定です。

では、またどこかで。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/108-4e6b3443
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。