上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
解説というほどではないのですが、選挙制度が好きなので、ちょっと並べてみます。

ウィキペディアを参照していて、英語を日本語に訳しているので、非学術的な言い回しもあります。

【1人区・当選者が一人】
・単純小選挙区制
(日本の衆議院の小選挙区制と同じです。一人一票で、最も票を獲得した候補が当選します)
例)
Aさん 25票←当選!
Bさん 15票
Cさん 5票

・二回投票制
(一回目の投票で、一定の得票ラインを越えた候補がいなかった場合、上位だった候補を対象に決選投票(二回目の投票)を行います)
例)
※過半数を超えた候補者がいなければ決選投票を行うルールとする。決選投票は上位二人とする。
1回目の投票(有権者100人)
Aさん…45票←決選投票へ
Bさん…35票←決選投票へ
Cさん…20票

2回目の投票(有権者100人)
Aさん…49票
Bさん…51票←当選!

・Instant-runoff voting(西海の訳:簡易委譲投票制)
(有権者はランキングをつけて投票します。集計の際に、脱落候補に投票した人の第二希望をその候補者に委譲します)
例)
5人の有権者が投票。それぞれ第二希望まで投票。候補者はA~Cさん。過半数を得た候補者が当選。
※(第一:第二)という表記。
一郎さん…A:B 次郎さん…A:C
三郎さん…B:A 四郎さん…C:B
五郎さん…B:C

一度目の開票(第1希望のみ開票)
Aさん…2票
Bさん…2票
Cさん…1票
→誰も過半数(3票)を得なかったので、二度目の開票へ。最下位だったCさんは落選。Cさんに入れた人(四郎さん)の第二希望を委譲。四郎さんはBさんが第二希望なので、Bさんに+1票。

二度目の開票(脱落候補へ投票した人の第二希望をプラス)
Aさん…2票
Bさん…3票←当選!

【日常的に使うと?】
・単純小選挙区制
何はともあれ、単純で、簡単です。でも、問題もあります。

日常で使う例として、今回は旅行先を決めるというものにしましょう。

5人家族で旅行先を決める投票(手をあげる)をしました。

父…沖縄 母…北海道 長男…京都 長女…沖縄 次男…鹿児島

開票結果
沖縄……2票
北海道…1票
京都……1票
鹿児島…1票

こうすると、1位は沖縄ですから、単純小選挙区制では沖縄に行くことになります。でも、2票ということは家族の半分は賛成していないということになります。これでいいのでしょうか?

このような1位に入れておらず決定に関与できない票のことを「死票」と呼びます。単純小選挙区制は分かりやすい代わりに、不満を持つ人が増える可能性を持っている選挙制度なのです。

・二回投票制
これよりはマシと言えるのが二回投票制です。死票を減らすことが出来ます。

先ほどの家族の例では、1回目の投票でどこの旅行先候補も過半数になっていませんね。そこで決選投票を行います。ここは大人の権利ということで、母親希望の北海道が決選投票に生き残ったとします。

決選投票では以下のようになりました。
父…沖縄 母…北海道 長男…北海道 長女…沖縄 次男…北海道

北海道…3票
沖縄……2票

結果、1回目を逆転して北海道が旅行先となりました。
北海道派は家族の半分を超えていますので、死票が減ったということになります。

ただ、これは二回投票しないといけないというめんどくささがあります。旅行先を決めるとかなら、その場で出来るのでいいですが、国政選挙とかならどうですか。どう考えても面倒ですよね。投票率低下は避けられません。

・簡易委譲投票制
こちらはそのめんどくささを避けるシステムです。最初から複数票入れておくわけです。
例えばこうだったら。
父…沖縄/鹿児島 母…北海道/仙台 長男…京都/北海道 長女…沖縄/京都 次男…鹿児島/北海道

1回目の開票(第1希望開票)
沖縄……2票
北海道…1票
京都……1票
鹿児島…1票
→過半数無し。最下位候補(ここでは最も年下の次男が支持した鹿児島とする)を脱落。第二希望(北海道)を委譲。

2回目の開票(次男の第二希望をプラス)
沖縄……2票
北海道…2票
京都……1票
→まだ過半数無し。最下位候補脱落。京都支持の長男の第二希望(北海道)を委譲。

3回目の開票(次男・長男の第二希望をプラス)
沖縄……2票
北海道…3票
→過半数出現!

というわけで北海道になりました。おめでとう!

こんな感じです。開票が面倒ですが、結構フェアなやり方ですよね。

選挙と言うと、国政選挙や地方選挙など堅苦しいものをイメージしますが、日常でも選挙(投票)をしている場面ってじつは結構あります。そういうときにどの方式を使うのが、一番ベストなのかを考えると言うのが大事かなあと思います。

今後も、このシリーズは書くので、お楽しみに!(誰か待ってるのか?)

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/1027-8d81518b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。