上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日に引き続き旅行ネタです。

今まで、私が泊りがけの旅行に行くときは、なぜか、私が計画者になります。もうかれこれ4回目です。
まあ、計画をたてるのは好きなのでいいのですが。

そんな私が、今までの経験上でつかんだ「コツ」を書いてみたいと思います。

①行きたい場所を同行者に聞く

計画者は全権を持つわけですが、行く場所や希望をしっかりと同行者に聞いておくことが重要です。
もちろんすべてが実現できるわけではないでしょうが、独裁ではうまくいきません。
また、その際に、「どうしても行きたいところ」と「出来れば行きたいけど、行かなくても構わない」というようなランクをつけておいてもらうと調整が楽です。

②計画は細かくたてる

計画段階では時間も含め、しっかりと全体の構成を決めておくことをおすすめします。
どの電車に乗るとか、何時までいるとか。
ふんわりしたままだと、現地で困ります。

③現地では柔軟に対応する

時々(私はそういうことはしていないつもり)、計画通りにものが運ばないと怒る人がいますが、そういう人は一人旅のほうが向いています。
うまくいかせるには、現地では計画に必ずしもとらわれないようにすることが重要です。
「えっ!?」という感じかもしれませんが、そのための計画なのです。
例えば、「ここに長居したくなった」という場合に、計画をしっかりたてておけば、時間配分を把握できているので、計画変更がスムーズに進みます。また、①でランク付けしておいてもらうと書きましたが、これも計画変更では重要です。最初は行く予定だったけど、何かで行くのが難しくなったと言う場合には、ランクが低いものから切ることで、容易に計画を変更できるからです。
計画変更こそが旅行の楽しみではないでしょうか。

④観光地以外の希望も把握しておく

これは私も失敗経験があるのですが、旅行は観光地へ行くだけではなく、どこでご飯を食べるとか、どんな宿がいいか、など色々な要素が存在します。
計画を立てる際は、そういうニーズもきちんと把握しておく必要があります。そうしないと、トラブル等でそれをしないということになったときに揉めたりします。私も揉めましたよ(汗)
自分では大したことないことだから、切っていいと思っていても、同行者が楽しみにしていたりすると、面倒なのですね。
なので、事前にニーズは把握しておくべきですし、実際に出来るかよくわからないものの場合には「~の条件がそろわなければ、○○は出来ない」と言っておく必要もあるでしょう。

こんなところですかね。

旅行は非日常が醍醐味ですから、色々やってみるのもいいですよね。
こういう計画立ても、ある意味勉強になるところもありますからね。
(ゼミ合宿の幹事をやったときは大変でした……)

今回の旅行がうまくいくかは分かりませんが、上手くいくようにしたいと思います!

では~

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/1014-80099da1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。