上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はパパのいうことを聞きなさい!の第2話『家へおいでよ』・第3話『泣いてたまるか』の感想です。
パパのいうことを聞きなさい! vol.2(Blu-ray)

【あらすじ】
<第2話>
帰宅した姉から、夫の出張に同行するため、さらに一週間の留守番を頼まれる祐太。
無茶だと一度は断るが、遅い新婚旅行だから行かせてあげたいという空と美羽の声に押されて請け負うことに。
だが、姉夫婦の乗った飛行機が事故に遭い、状況は一変。
夫婦が行方不明のまま葬儀が行われ、空、美羽、ひなはそれぞれ信吾の親族に引き取られることになった。
離れたくないと必死に訴える彼女たちに昔の姉の姿を重ねた祐太は、自分が引き取ると宣言する。
<第3話>
三人一緒にいたいと必死に訴える空と美羽の姿に胸を打たれた祐太は、自分が三姉妹を引き取ると宣言。
親族の了解を得ないまま半ば強引に彼女たちを連れ出し、自分のアパートに連れて帰ろうとする。
道中、昼食をとろうと入ったカラオケ店で仁村と遭遇。
なぜ子供を連れているのか問いつめられているところに、父方の伯母から電話がかかってくる。
(ともに公式サイトより)

【感想】
<第2話>
・急展開でした。そんな展開あるか!?という感じです。

・あらすじには「行方不明のまま」とありますが、話の中でそういうセリフはなかったと思います。あったのかもしれませんが、もっと分かりやすくしないと帰らぬ人になったのかと思います。というか、思いました。

・ジャンルがラブコメのわりに、この展開は重すぎると思います。もっとライトにしてもよかったんじゃないでしょうか? 作者はどんでん返しを狙ったんでしょうが、やり過ぎな気がします。ひなを見ているとかわいそうになってきます。

<第3話>
・とんでもなくテンポよく話が進んでいる感じです。このあたりはコメディっぽいなあ、と思いました。

・3姉妹はそれなりに思っているところがありそうですが、祐太はどうなんでしょう? おそらく同じ境遇にあったはずなので、お姉さんは大切な肉親だったはずです。にも関わらず、そこへ思いをいたらせる描写がありませんでした。全体的に描写が不足していると思います。

・次の回から何を求めてこの作品を見たらいいのかよく分からなくなってしまいました。かなり大風呂敷を広げている感じなので、それを扱いきれるのかが重要なポイントだと思います。

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はあの夏で待ってるの感想を書く予定です。

では、またどこかで。

今回から声優さんのブログ更新情報はすべて追記に書きます。よろしくお願いします。
では、どうぞ。

<男性>
・間島淳司さん:http://majipro.blog22.fc2.com/

<女性>
・真田アサミさん:http://yaplog.jp/marunojin/
・櫻井浩美さん:http://sakuraiharumi.jugem.jp/
・小倉唯さん:http://ameblo.jp/ogura-yui/
・大久保瑠美さん:http://gree.jp/ookubo_rumi/blog
・竹達彩奈さん:http://ameblo.jp/strawberry-ayana/
・藤田咲さん:http://yaplog.jp/saki-ohana/
・日笠陽子さん:http://blog.livedoor.jp/hiyonikki/
・豊崎愛生さん:http://ameblo.jp/toyosakiaki-blog/

今日はここまでです。
何やらインフルエンザがちまたでは流行っているようです。
体にはお気をつけて、お過ごしください。
ここまで見ていただきありがとうございました。では、また。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hiraisoanime.blog.fc2.com/tb.php/101-ddca1965
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。