上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表紙イラスト募集中!

拙筆ながら書いた私の小説「灯原さんは笑わない」の表紙イラストを募集します!
詳細は「
『灯原さんは笑わない』の表紙募集」のページをチェック!

なんかギャグみたいなタイトルにしてしまいましたが(ギャグですら無い?)、いわゆるクールジャパンを国家主導で進める動きがどうもおかしな感じになってきたぞ、という話です。

何でも、維新の党が官民ファンド・クールジャパン機構の出資決定先企業が販売する水着姿の美少女キャラのグッズ写真を、当該企業のHPから抜粋して集めたものを、国会審議でパネル資料として見せようとしたところ、与党に「不適切」ということで許可されなかったという話のようです。

ま、それはいいとして、維新の党の書面によれば「そもそも、こんな品のないものを日本の文化だといって、海外に広げることを政府が支援することが信じられません」と言っているらしいです。

はい、出ましたよ~。

だから国が関与してもいいことは無いのです。

国としては「お金が儲かるぜ」ということと、「日本の文化はこんなに素晴らしいんですよ」アピールに、使いたいんでしょう。なので、彼らが言うところの「下品」なものは却下で、「上品」でなければいけないというわけです。後者の目的が達成されないので。

しかし!
我々の享受するオタク文化のそれなりの部分を「下品」なものが占めています。
それこそ、水着なんて日常茶飯事ですし、アニメで放送されれば「水着回だ~!」と喜んでおります。もっとすごいのだって普通に発売されているわけです。

まあ、それが幅を利かせているのはどうなんだという議論はあり得るでしょうが、そういうニーズがあることは間違いないわけです。

そもそも、ラノベにマンガ、アニメなどは大きくカテゴライズすれば、芸術作品です(商売目的が強いので大衆娯楽に近いですが)。芸術作品の作者は自らの伝えたいもの、面白いと思うものを、世にぶつけることがある種使命です。うけるかうけないかは出してからの問題で、出す前につぶしてはいけません。こういう上や横からの圧力に関しては、「くそくらえ!」と言って作品をつくるのが本来の姿だろうと思います。

もっとも、プロの場合は出版社等々のフィルターを通す以上必ずしもそうはいきませんし、売れるもの、多くの人にうけるものを求められることもまた事実です。それでもそういう姿勢みたいなものは必要なのかなと思います。

というわけで、私たちは、「お金」と「こぎれいなもの」にしか興味が無い彼らに言うべきじゃないかと思います。

"Cool? No, no. It's fool!"って。

<参考サイト>
デイリースポーツ
ゆさアニ

スポンサーサイト
前から謎なんです。これ。

女性の曲や、最近では男性の曲でも音が高くて声が出ないことがあります。

そうすると「キー下げればいいじゃん」と言われるのですが、この「キー」がよくわからないんです。

だって、キー下げたらメロディが変わっちゃうじゃん!と思うのです。音の並びはいっしょですが、基準の高さが変わるので歌うとどうしても思ってるのとずれます。

弟が音楽やっているので、理屈の説明はしてもらってある程度分かりましたが、実際歌えと言われてもたぶん無理です。

でも、みんな普通に歌えているので、自分がおかしいんだろうかという気も……。高い曲でも、無意識に1オクターブ下を歌えるものはズレがないんですけどね。

うーん、謎です。


表紙イラスト募集中!

拙筆ながら書いた私の小説「灯原さんは笑わない」の表紙イラストを募集します!
詳細は「
『灯原さんは笑わない』の表紙募集」のページをチェック!

人間は何かをすると、必ず何かを失います。

一方で、何かをすれば、何かを得ます。

これが我々に宿命づけられた運命です。


と、何かおかしな書きだしをしましたが、最近こう考えることが多いです。

歴史をかえりみれば、人間はずっと交換で生きてきました。昔の経済は物々交換でした。「これをあげるから、それをちょうだい!」です。でもそれが面倒なので、だんだん貨幣経済に変化しました。「このお金をあげるから、それをちょうだい!」です。

今のは経済のお話ですが、さらに拡大すれば、すべての行為で「交換」が発生しています

例えば、今私はブログの記事を書いていますが、失うものは「体力」と「時間」です。まあ、体力は大したことはありませんが、時間は確実に消費しています。その代りに、皆さんにこの記事を見てもらうという「喜び」を得ています。「時間」と「喜び」の交換です。

さて、そんな交換ですが、行う際の一つの条件は、等価交換でないと納得いかないということです。
まあ、当たり前なんですが、
自分が失ったもの>得たもの=「損だ!」(プンプン)
自分が得たもの>失ったもの=「得だ!」(ニヤニヤ)

ですよね。

では、等価という場合の「価値」はどのように決まるのでしょう?

学術的には色々あるんでしょうが、私は「気持ち」だと思っています。
要は主観で価値が決まるということです。
金額は参考にはなりますが、実は金額の大小だけで人間は損得判断をしていません。これは社会心理学の実験で判明しています。

そもそも、なんでこんな話をしたかと言うと、生活していると、「チクショー、損しちまったぜ!」ということがありますよね。
私もこの前、日曜の夜(PM10:00頃)にコンビニのATMでお金を下ろそうと思ったら、偶然その日の夜は銀行のシステムメンテンナンスかなにかで下ろせませんでした。わざわざ遠回りしてコンビニに行ったので、「なんだよ~」という感じでした。要するに、「時間」と「体力」を失ったのに、得たものが無かったわけです。これは損です!

でも、本当に得たものは無かったのか?
後から考えれば、「日曜日の夜にお金を下ろそうと思ってはいけない」という教訓を得た、とすることが出来ます。こうすれば、あの時の「チクショー、損した!」というマイナスの気分が消えて、なんかプラスな感じがしてきます。

とまあ、こんな感じで、考えようによっては、私たちがしたすべての行為で私たちは必ず何かを得ていると言えるわけです。

屁理屈だと言われればそれまでですが、一回しかない人生なわけですし、出来るだけ楽しく過ごしたいじゃないですか。
だったら、コストのかからない発想の転換で楽しく過ごしませんか?

まあ、嫌なことがあったりしてすぐに、そういう切り替えをする必要はないと思いますが、「そのうちプラスに転化できる時がくる」と思えるだけでだいぶ楽ですよね。

そんな感じで、私は出来るだけ、楽しく過ごしていこうと思います!(謎の報告)

2014.10.27 ネタと時間
今、やることが少したてこんでおりまして、なかなかブログの更新が出来ておりません。

まあ、時間があっても書けるネタもあまり無いのですが(笑)

あ、そういえば最近知ったことなんですが、長ネギを切っても涙が出るんですね。
いやー辛かったです。

短いな……。
これだけだと何なので、こういうときは動画に頼ります!

「四月は君の嘘」のOPです。個人的に結構お気に入りです。
アニメの感想自体はまた別の機会に……。

動画は現在ありません

では~。
2014.10.24 3話だけ

表紙イラスト募集中!

拙筆ながら書いた私の小説「灯原さんは笑わない」の表紙イラストを募集します!
詳細は「
『灯原さんは笑わない』の表紙募集」のページをチェック!

タイトルだけだとさっぱりですね(笑)

私、秋アニメのいくつかを何故か3話だけ見てしまいましてですねw
でも、1、2話無視で3話だけ見ても面白いなあと思ったものは、たぶん私的には面白い作品だと思うんですよ

で、実際に何を見たかと言えば、
・繰繰れ!コックリさん(面白い!)
・大図書館の羊飼い(なんかいいわ~)
・なりヒロwww(うーん……)


でした。横に感想つけちゃってるので、どれを見るかはっきりしてる感ありますけど(笑)

コックリさんと羊飼いのほうは、感想記事をそのうちあげます。

これからも3話あるいは4話で判断するという謎の手法が板に付きそうですw
では~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。