上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.06.19
何日か前にふと思って詩を書きました。

評論や論文のようなかたちの文章は比較的得意なんですが、詩や短歌のような短い中に意味をつめる文章は昔から結構苦手です。

でも短い中で意味を表現できるというのもいいことだなあ、と最近思います。
そっちのほうが良かったりすることも往々にしてありますからねえ。

出来不出来はよく分かりませんが、たぶん不出来では(笑)
恥ずかしいので追記に書いてしまいましたw(なら書くなよというツッコミはスル―で)
スポンサーサイト
なんだか今日はずっとテンションがブルーでした。

元々少し風邪気味というのもあるんですが、なんなんでしょうね。

何をやってもいまいち面白くないというか、浮かない表情を浮かべてる感じです。

根はネガティブな人間なのでテンションあがらない日はずっと上がらないですね(笑)

電車にのって目的地も無くさまよいたい気分でしたよ。そういう旅行もいいな~。
とりあえず非日常へいきたい感じです。

何が書きたいのかよく分からなくなってきましたので、この辺で。
ではでは。
鉄道ブログのほうで鉄道旅行記 第1回 「西武線を乗りつぶせ!」という記事をアップしました。

これは今年のGW中に行った、西武線乗りつぶしの旅の記録です。

写真が多いので(と言っても駅名標ばかりですが…)、比較的読みやすいかな、と思います。

記事はこちらから!
サッカーの日本代表は残念でしたねえ。まあ、それは別に書きます(笑)

タイトルの話なんですが、最近、ふと「何かの存在理由ってなんなのかな」と思いました。

私は今ここにいるわけですけど、それはなぜなのか。少しスピリチュアルな感じで考えれば何か使命があるのかもしれませんが、それは私の個人的感覚とはちょっと違います。まあ、真偽は別として。

私はなぜここにいるのか?
それは私が私として幸せに生き、笑って死ねるような人生を送るため
だと思います。

何が幸せかは人それぞれいろいろな考え方があると思うので何とも言えませんが、私の中では大きな方向を決める際に有効な指針だと思っています。こういう考え方をするようになったのは最近ですが。

要するに、自分のために生きているということです。
自己中心的な考え方(エゴイズム)とこれは少し違います
エゴで生きてしまうと、周りから人がいなくなってしまうので、私としては幸せではないです。
でも思いやりの範疇を超えたところでは、自分を優先してもいいのかなと最近思います。

その結果、それが誰かのためになっていたらそれが最高なわけです
逆に最初から「世のため、人のため」では周りからは称賛されると思いますが、自分の中で苦しくなってしまうのではと思います。

これは、社会にも国家、様々なものにも言えるのではないかと思います。

社会の場合社会が存続、維持、発展することが動機になります。
国家(権力)の場合国家(権力)が存続、維持、発展することが動機になります。
他人の場合その人自身が存続、維持、発展することが動機になります。


つまり、誰かや社会や国は自分のために何かをしてくれることは基本的に無いのではないかということです。
もちろん、たくさん良いことをしてくれる場合もありますが、それは自己利益とセットな場合が往々にしてあるということです。
利益は別にお金だけではありませんからね。
自己満足だったり、好いてほしいからだったり、感謝されたいからだったり、するわけです。
これを悪く言えば、「偽善」になるかもしれませんが、そんなこと言ったら大半の人間は偽善者ですよ。
中には本当に奉仕の心を持った人もいるのかもしれませんが、どうなんでしょ。

こう考えると、「社会のために○○したい(すべき)」とか、「国のために○○したい(すべき)」というのは利用されてしまっているということになります。
社会や国は私たち個人を助けたからいではなく、社会、国自身の利益のために行動規範をつくったりしているわけです。
その規範に素直に従ってもらうために、ありもしない「物語」をつくり、個々人を動員しようとします。

こういうことに敏感になっておかないと、社会・国・誰かの単なるコマとなってしまい、個人の存在理由が存在しなくなってしまうと思います。

私は私ですし、あなたはあなたですし、彼は彼ですし、彼女は彼女です。それ以上でもそれ以下でもありません。
良い人生を送るには、「自分」が主人公でないとダメなのです。誰かは「自分」の幸せのために行動してくれるとは限りません。でも、こういう考え方があれば、それはしょうがないと思えます。無駄にストレス溜めなくて済みます。

他人は自分のためになんか行動してくれないよ。
という、一見ドライな考えではありますが、自分を守ることができる考え方でもあります。

こんなことばっかり考えている私はいったいなんなんでしょう(笑)
でもまあ自分に哲学や信念を持っている人はなんとなくかっこいいですしね。そういう大人になれればと思います。
いやー、この時期はワールドカップですよね!
と、言ってもサッカーが好きな人だけでしょうけど(笑)

私は野球もサッカーも好きなので、ワクワクする機会が多くてラッキーだなと思います。
(でもプロ野球の方は広島カープが破竹の9連敗wを喫しているのでテンションダウンです)

開幕戦のブラジル×クロアチアはなかなか見応えがありましたね。
クロアチアもチーム力ではブラジルと互角、あるいはそれ以上の力を見せていたんじゃないかと思います。
しかし、そこはブラジル。個人の力で確実に点を取って行くのはさすがです。

それと主審を日本人の西村さんが務めたことでも話題になりまして、それのせいもあってか、PKへのジャッジが色々言われてしまっていますね~。
私としては、「クロアチアに厳しいジャッジだったことは間違いないが、誤審では無い」という感じです。
倒れるほどDFが引っ張ったわけじゃないんでしょうが、ああいう演技もワールドクラスでは往々にしてあるものです。
日本も気を付けないといけませんね!

今日は何とか起きだして(前半は寝過ごしましたw)、スペイン×オランダを見ました。
いやー、まさかあんな展開になるとは。
オランダらしい戦い方ではまったくなく、完全に勝ちを取りに行ってましたね。
そりゃ、ロッベンとファンペルシーが前にいるんですから、5バックでカウンター型サッカーやったら強いに決まってますよ(笑)
恐るべし、ファン・ハール監督。
スペインGKのカシージャスはちょっとかわいそうでしたね。あんなミスをするということはよっぽど精神的にきていたということでしょう。

そして明日はいよいよ日本×コートジボワール!
今日も楽しみな試合が多く、真面目に見ようと思うと寝れません。
どうしよう……。何試合か捨てるか、気合いで見るか…。
これから決めます(笑)

では~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。