最近、諸事情で少し忙しくブログにあまり手が回っていません……。
しばらく更新が滞るかと思います。
見に来てくれている方には申し訳ないのですが、よろしくおねがいします。

ローゼンメイデン
第13話 『わすれないで』

(ローゼンメイデンはこの回で最終回です)

展開としては前回でも最終回になり得るものだったのでどうなるのかなあ、と思っていたらなんとまあ面白いこと(笑)
まだ終わらせない!という制作側の意図を感じました。
これは2期(旧シリーズも入れると4期)もあるのかな?

いやあ、ジュンにとってはいいことづくめな感じでしたね。
なんでも上手くいくときってありますからね~。
努力はしておくものです。店長w
ところがどっこい、雪華綺晶はまだ消えていなかったようですね。
各ドールのマスターをまだ狙ってるんでしょうか?
まいた世界のジュンも倒れてしまいましたし。どうなることやら。

それにしても翠星石のツンデレ感はいい!(笑)
シリアスなシーンが多かったのでドールの話が少なかったですが、もし続きがあるならそれも少し見てみたいです。
全体としては、いくつかの話を同時並行的に進めており、終盤にそれが一気に交錯する形をとっていて非常に構成が上手かったと思います。
完成度はかなり高かったですね!


犬とハサミは使いよう
第拾壱話 『犬振り合うも多生の縁』


なんかキャストがオールスターでしたよ(笑)
なんやかんやで本田書店が一番キャラが集まるところですね。
あのマニアックあるいは変人集団に特化した店になりつつある……!

そして後半はまた執筆戦のお話に。
それにしても、なんとなく思っていましたが、マキシはバカですねw
買い占めてどうすんだ。
そりゃ他の人は買えなくなりますが、作家にはガッポガッポですよ。
しかもバトルは行われず。

内容的にはぶっちゃけ最終回でもよかったような。
まあ、オチが円のレインボーカレーじゃダメか(笑)


第拾弐話 『犬とハサミは使いよう』
(犬とハサミは使いようはこの回で最終回です)

で、最終回。
最後は夏野に存分に暴れてもらった(色々な意味で)という感じでしょうか。
柊さんは結局和人の言葉分かってるんですかね。
この回見る限り分かっている感じですが。
Mの神様なんかいるのか……。

この回の3分の1は夏野が酔ったことによる妄想でしたね。
勝手に結婚式&新婚旅行が進行(笑)
ここまで来て夏野の好意に気付かない和人も和人ですけど。
そして最後は出てはいけないものが出ておりました。
最終回のオチがこれかよ!(ラストはきっちりハサミでしたけど)

全体としては、なかなかぶっ飛んだ作品でしたねえ。
夏野と和人のセリフのやりとりが生命線でしたかね。
まあ、井上さんと櫻井さんが主演だったので、キャスティングはバッチリだったかと思いますが。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今日はドラフト会議を見ていたのですが、今年最下位だった日本ハムがなぜかすべてのくじに外れて一番分が悪い1順目の指名になっていましたね……。
ドラフト会議というのは本来戦力を均衡にするために行うものなので、最下位から順番に指名していくのが原則です。
しかし、日本ではなぜか1順目はかぶったら抽選になりますし、2順目以降も最下位→1位・1位→最下位を繰り返すという不思議なシステムになっています。
まあ、くじ運が悪いといえばそれまでですが、本当なら一番いい選手を獲得できるはずの日本ハムが一番分が悪かったのでなんだか複雑な気分になりました。

ゴールデンタイム
第2話 『ロンリーガール』


うーん、今回はサークルの新歓コンパが強烈でしたねえ。
まあ、私は出たことないんですが←
でも、サークル活動よりも飲み会優先みたいなサークル(いわゆる飲みサー)もありますからね。
飲むのが好きではない人は入らないほうがいいと思われます。
っていうか、茶道部があれって……。

香子がちょっと孤独感を覚えていましたが、ああいうのは何となく分かります。
大学に行くと知り合いが基本的にいなくなりますからね。最初は結構きつかった記憶があります。
香子の場合は万里や光央もいるので大丈夫だろうと思いますがね。
なぜか、新歓合宿に行く羽目になってましたが、いいのか(笑)


のんのんびより
第02話 『駄菓子屋に行った』


れんげと先生姉妹だったのか……。蛍以外全員身内がいるのかい!
Aパートは飴をめぐる話でした。
飴であんなに話が膨らむとはなんて平和な(笑)
蛍→小鞠が完全にゆr……。

Bパートはその流れで、小鞠が蛍を遊びに誘う話でした。
まあ、蛍があまりに大人びた格好をしていたせいで、小鞠は終始東京から来た迷い人だと思っていましたがw
さすがに東京から地方まで駄菓子屋に来ないでしょ。
そして最後まで種明かしなし!
今回はあまりれんげの迷言が無かったのが、残念ww


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
いよいよ夏アニメの終わりが見えてきました!
まだレールガンがすごいたまってますが、レールガンは前のスタイルで書くのでこの形式の終わりは見えています。
寂しいような、解放感があるような(笑)

犬とハサミは使いよう
第拾話 『光陰犬の如し』


なんかまたすごい話でしたねえ。
執筆戦って(笑)
その歴史は古く平安時代から続い……てはいないようですが、要するに早く小説を完成させたほうが勝ちという競技でした。似たようなものは実際にあるような気がしないでもないですね。

映見は何回死のうと思ってるんだw
でもさすがに万年筆じゃ命の危険を引き寄せるのは難しいですよねえ。
あの催眠事件の謎も明らかになりました。
暗示なんて本当にかけられるものなんでしょうか。
でも、人を自殺させる曲は聞いたことありますし(まあ、生きてますけど)、心理的な効果のある方法論は実在すると思うのであながち夢物語でもないですね。
だいたい、マスコミの報道で我々はすでに色々と操作されてますしね……。


ローゼンメイデン
第12話 『ローザミスティカ』


一通り話が終了し、形式的には最終回でもいいような内容でしたね。
水銀燈の考えとは少々違い、アリスゲームはローザミスティカをどんな手段を使ってでも奪い合えばよいというものでもないようです。
真紅は真紅のやり方もあるみたいですし、それぞれ趣向が違うのも面白いですね。
水銀燈にとって良い未来が今後待ってるんでしょうか?
原作は読んでいないので分からないのですが。

さて、にぎやかだったローゼンメイデンたちもいなくなり、ジュンも元の世界(まかなかった世界)に戻ってきましたし、最終回はどうなるんでしょう。
ドールたちのやりとりは面白いのでもう少し見ていたかったですが。
そういえば、雪華綺晶は「一応」いなくなりましたが、とらわれていた人間たちはもとに戻ったんでしょうかね。
謎です。


たまゆら~もあぐれっしぶ~
第12話 『そして…旅立ちの季節、なので』

(たまゆら~もあぐれっしぶ~はこの回で最終回です)

終わってしまいました(泣)
見ていて癒されるというか、暖かくなる作品なので少しさびしいですね。
12話で1年を描くというかなりきれいな構成でした。
かなえ先輩も笑顔で卒業できて良かったです。

2期は1期ではあまりなかった親子の話が多かったですね。
中盤はお父さんの話でしたし、最終回はお母さんと楓の話でした。
オートバイかっこよすぎる!
母親という緒方さんがあまりやらない役柄だと思いますが、すごく良かったですね~。
見守るのは大事なことなんだなあ、と思います。放任とは違いますけど。

最後のEDがユーミンの「最後の春休み」のカバーでした。
この作品は何かとユーミンと縁がありますね。
監督の希望なのかな。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
なんだか先日の台風を境に一気に寒くなりましたね~。
ひんやりした気候はちょっと苦手なので少し考えないといけませんね……。

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している
第1話
→(1)『甘草奏の甘くない日常』
 (2)『甘草奏の臭くない納豆』


いやー、なんかすごかった(笑)
ひとことでいえば、「くだらない!」ですが、それが面白い!w
下ネタと言うかなんというか……。
パイ○○、パイ○○うるさいよ!

それにしてもあのウジ虫キャンディはヤバそうですね。
何、原材料が諸事情により表示できないって。法令違反だよ!
キャラクターが吐きまくっておりました。
あんな症状に悩ませられる人生は御免です(笑)
つーか、タイトルめんどくさっ


京騒戯画
#1 『ある一家の事情とその背景』


1話(表記上は0話)でのめちゃくちゃな展開の謎がだいたい解けましたねえ。
あれは絵の中の世界なんですね。
それで戯画か。なるほど。
で、あの3人は子ども(うち2人は絵)だと。

問題はコトが何者か、ですね。
3人の母親もコト(古都)と名乗ってましたが。どんな関連?
というか、明恵という名前は世襲制なんですかね。
今は3男(だと思うんですが)が引き継いでいるようですが。
まだ謎がいくつかあるので、今後の展開を楽しみに待つことにします。


キルラキル
第二話 『気絶するほど悩ましい』


相変わらず演出がド派手で面白いですね~。
ドキッとする描写もあったりで飽きませんし。
基本的には皐月の部下たちとのバトルとあの制服(鮮血もとい神衣)にまつわる謎明しが並行して進んでいくでしょうか。

マコの家は面白いというかぶっ飛んでますね。
生かした数より死なせた数の方が多い闇医者の家でした(笑)
そりゃクレームはきませんけど。いや、遺族からはくるだろ!?

最大の謎はあの担任ですねえ。
色々知っているようですが。ワクワク。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
カープ負けてしまいました……。
まあ、よく頑張りましたけどね~。Aクラス入ってくれてよかったです。
来年は貯金をつくってAクラスに入ってくれることを期待しております。

ローゼンメイデン
第11話 『約束と嘘』


佳境に入ってきて、やっと1話の伏線が分かりました。
こういう流れに持ってくるための1話だったんですね。
ドールたちの宿命とはいえ、水銀燈はなかなかの性格の悪さです(笑)
まあ、使命を全うしていると言えば、その通りですが。

雪華綺晶は消えたようですが、今度は真紅が壊れてしまいました。
蒼星石は水銀燈との約束でローザミスティカを渡すことになってるし、翠星石は「嫌です」連呼してましたからね……。
まいたジュンの方は真紅のボディを見つけてってどないなっとんねん!
色々な話が並行して進んでいて面白いです!


たまゆら~もあぐれっしぶ~
第11話 『今年もありがとう、なので』


1期に引き続いての「私たち展」でした。
ああいう場があるというのはすごくいいですねえ。
今はネットでかなり代替できるようになっていますが、アナログ的なものにはアナログの良さがありますからね。
まあ、ブログを書いている時点で私もかなりデジタル的なものに染まってる人間なのかもしれませんが。

さて、今回はかなえ先輩の引退という部分もかなり強調されてましたね。
たまゆらには無かった部分なのですごく良かったです。
初日の出のシーンはなかなかジーンとくるものがありました。
私はあまり変化の無かった一年のような気がします。まだ10月ですけど。
楽しい一年で終われるようにしたいと思います!


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。