上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そろそろ秋アニメの確認をしないといけないですね……。
何もしていない!

夏アニメも見るつもりで録ってあるものもたくさんあるのですが、もはや見るのは不可能に近い状況に。
くっ。

サーバント×サービス
第12話 『一寸待て 慣れと油断が 命取り』


千早さんどんだけ服作ってるんですか(笑)
そして一宮さんに対するフリw
というか、あれフリなのか……。
分からなかった私は、やはり恋愛はダメそうです。

Bパートはいよいよデートでしたね~。
あれは確かに可愛い!!
わざわざコンタクトにしなくても…とか思っちゃいますが。うわっ、やめて!
まあ、自分が眼鏡なのでちょっと意識があったりするんですよね。
それにしても長谷部の気遣い力ハンパない!
あれがモテる人の行動……。厳しい……。

そして最後に「ざまあ」
千早さーん!!


第13話 『これで良し 明日につなぐ 楽しい職場』
(サーバント×サービスはこの回で最終回です)

まさかここで長谷部がこんなにヘタレてしまうとは。
千早さんと三好さんでガンガン傷えぐってたせいもあるかと思いますがねw
私がだいぶヘタレてるタイプなので気持ちはよく分かりますけどね~。
でも確かに長谷部家はみんなおかしそうでしたね(笑)
お父さんノリがおかしいよ。

まあ、最終的には勢いに任せて全部白状出来ていて良かったです。
ルーシーも長谷部のことは意識してるみたいでしたしね。
まだ付き合うには早いとのことでしたが。
っていうか、最後まで田中孫は間が悪いな!

全体的には、WORKING!よりは恋愛要素が強い作品だなあ、と感じました。
でも、それがバンッと全体に出てくるわけではなく、コメディとの両輪で作品が動いていてやはり面白かったです。キャラクターも立ち位置がはっきりしてますしね。ぜひ2期が見たい!


<物語>シリーズセカンドシーズン
総集編Ⅱ
「ひたぎクラブ」「まよいマイマイ」
「するがモンキー」「なでこスネイク」


うーん。感想も何も。
懐かしいな~としか言いようが。
あ、EDが「君の知らない物語」だったのは良かったです。
以上!w


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
スポンサーサイト
休日のグダグダっぷりがすごいです(笑)
どうしよ……。
面倒くさがりなところがあるので、ある程度切羽詰まらないとやる気にならないものが多いんですよね。

まあ、マイペースにやりますかね。

<物語>シリーズセカンドシーズン
傾物語
第閑話 『まよいキョンシー其ノ參』
第閑話 『まよいキョンシー其ノ肆』


続きもので分けて感想を書くとおかしなことになるので、まとめて書きます。
なお、傾物語の最終回です。

なかなかハラハラしました。あのゾンビというか吸血鬼のなれの果て、はたまたキョンシーには。
伏線自体はなるほど!という感じでしたね。
真宵が直接世界を滅ぼすようなきっかけだったのではなく、そのパーツの一つになってしまったと。
そして、それが暦が良かれと思ってやったことだった。ってことですね。
えてしてあることだとは思いますが、ショックと言えばショックですね。
自分のした行為が回りまわってあってはならない結果に行きついてしまったとしたら。
考えるとちょっと恐いです。

最後は猫物語などとは違い派手なバトルが無くて、おっとという感じでしたが、あれはあれで良かったです。
どこかでボタンを掛け違えてしまったということなんでしょうね、キスショットもとい忍としては。
暦に頭を撫でてほしいと言ったキスショットに世界を滅ぼそうとした怪異の面影は無かったですね……。
どこかで修正できれば良かったのに。
まあ、現実にも良くある話、ですけどね。


私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
喪12 『モテないし、将来を考える』

(私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!はこの回で最終回です)

全体的に前半飛ばした分、終盤はギャグが少なめだった印象です。
まあ、なんか哀愁が漂ってて良かったですけどね。
自分のキャラ確認のために隠し録音とは……。なんか犯罪に近い匂いが(笑)
ずれる一生懸命さw

ところであのゴキブリは何!?
なんか走ってましたよ!
ヒト型だったよね!
そしてグシャ!
ひかれるもこっち。悲しすぎる……。

でもだんだん進歩している感じもしましたね。今江さん(文化祭実行委員長)に話しかけられましたし。まあ、パンツ見て逃げちゃいましたがw
行動はおかしいですが、確かに一生懸命で、そこは見習わなければと思うところでもあります。
見てくれる人は見ているということか!


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
プロ野球で私がファンである広島東洋カープが16年ぶりにAクラス!そして、クライマックスシリーズ出場を決めました!!やった~!!

物心ついたときにはすでにBクラス常連でしたので、こんなシーズンがくるとは……という感じです。
もっと前から応援している方はさらに喜びもひとしおかと思います。

あ、パリーグでは楽天も優勝しましたね!
楽天ファンの方、おめでとうございます!!


※プロ野球さっぱりの方へ。Aクラスはリーグ(6チーム)のうち上位3位までのことをいいます。下位3チームがBクラスです。クライマックスシリーズ(CS)はAクラスのチームが行うプレーオフ(トーナメント)です。セリーグ、パリーグそれぞれのCSで勝ち残ったチームがリーグの代表として日本シリーズ(日本一決定戦)を行うシステムになってます。

は!全然関係ないことをつらつら書いてしまいました。本分に戻ります。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
喪11 『モテないし、文化祭に参加する』


この文化祭準備のときの気まずさは経験あります。
指示してもらえれば黙々とやる自信はありますが、自分で聞きに行くのが苦手なんですよね……←ヘタレ
でも、もこっちちゃんと言えてて良かったです。
カッター事件は半端なかったですけどね!

当日はなかなかのひどさ(笑)
踊ってるからといって、たこ焼き吐くなw
まあ、優ちゃんがいて楽しく過ごせてよかったって感じですけど。
そして文化祭実行委員長、超いい人でしたね!
もこっちの周りにはいい人が多いんですよね。
本人があまり自覚できてませんけど……。


サーバント×サービス
第11話 『アテンション あなたを狙う 甘い罠』


長谷部×ルーシーはなんともいい感じですね~。
ニヤニヤしてしまいます。
課長誘拐騒動はひどいお話で!
間違われて買われるとかw
しかも最終的にあっさり交換に応じられるという。

Bパートは三好さんにスポットが当たってましたね。
休日にガンガン男性陣の精神を殺してましたね。
三好さん控えて!
そしてよもやの田中孫(っていつも書いてますが譲二です)との食事会。
案外いい感じでしたけど、田中孫の世界の9割くらいは長谷部で出来てるんですね。


きんいろモザイク
第12話 『きんいろのとき』

(きんいろモザイクはこの回で最終回です)

クラス分けの明暗(笑)
まあ、分かりますけどね。
小中高はクラスが学校生活の大半を占めてしまいますからね。
綾の気持ちはよく分かるよ。うん。

というか、本編はAパートで終わってしまいましたねw
開始約10分でED流れてきましたからね。
でもBパートのミュージカル風ストーリーはよかったです!
曲が良かったです。なんか。

日常アニメは数々ありますが、きんモザはきんモザらしいところがあって良かったと思います。
難民がいっぱい出そうですね(笑)


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
2013.09.25 鯖9&10
久しぶりに大学へ行ったら、出発駅まで自転車で行くのにものすごく疲れました。夏休み中ほとんど運動していなかったつけが回ってきてしまったようです……。

いや、でも駅まで自転車で25分くらいかかりますからね。私みたいな非運動人間には遠すぎます。

サーバント×サービス
第9話 『ありますか 心のゆとりと 積み重ね』


印象的だったのはやはり千早さんと一宮さんの回想?というか、昔の話ですかね~。
頭を撫でて何も言われなければ、脈ありとしか言いようがないですね。まあ、それをさりげなくやってしまうところが一宮さんのいいところなんでしょうけど。
まあ、つい自虐的になってしまうのはなんとなく分かります。だからといって自分で自分をあまり卑下すると、それはそれで悲しくなってきますけどね(笑)

そして長谷部の勘違いネタ。
確かにルーシーがものすごい笑顔でしたからね。
いや、でも客観的に見てセクハラをスルーする人は結婚とかつゆも考えていない気がしますw
まあ、結果的にデートの約束をとりつけられたので、結果オーライ!


第10話 『あとで良い ついでで良いは 大きな後悔』

三好さんが田中孫のせいで後悔スパイラルに!
まあ、できるだけ後悔はしないように、と生きているつもりですが、どう生きても結局何かしらの後悔はするもののような気がします。
もちろん程度はあると思うので、ものすごく大きな後悔はしないようにしたいですけどね。

それにしても塔子はいったいいつになったら千早さんと一宮さんの件に気づくんでしょう。気づいたら気づいたで後が恐いですけどね。
一宮家は兄妹そろってどこかずれている……。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
いよいよ明日から大学です。
まあ、最初の授業はガイダンスが多いので楽と言えば楽なんですけどね~。
成績は良かったので、後期も頑張ります!

サーバント×サービス
第8話 『危険の芽 田中の孫に 御用心』


田中孫はやばすぎます。
面倒だわ、会話かみ合わないわ、人のこと考えてないわ。
あいつはあかん!
本当にご用心です。
あの三好さんがキレてましたからね。

そして、長谷部が真面目にルーシーに惚れてしまったと。
なかなかああいう風に接してくれる女性がいなかったんですかね、長谷部は。
なんだか初期とずいぶん印象が変わったキャラクターですね~。


<物語>シリーズセカンドシーズン
傾物語
第閑話 『まよいキョンシー其ノ貳


主に八九寺との絡みの話でしたね。
相変わらずの変態、阿良々木暦。
ついに幼少羽川にまで!
ひたぎに知れたら殺されかねない……。

っていうか11年前の八九寺の事故の原因は暦じゃないですか!
あんなに追い掛け回すから…。
とはいえ、とりあえずお母さんの家までは送り届けてめでたしめでたし。
で終わらないようですが?


私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
喪10 『モテないし、二学期が始まる』


席替えがあのクラスでは学期ごとなんですかね。
それだったらちょっと辛い…。
でも、あのお昼に自分の椅子が使われていた時の気持ちはよく分かりますというか、分かってしまったというべきか。
「俺のなんだけど」という度胸も無く、どうにかしてやり過ごしました……。

智子も頑張って行動を起こしたものの、やはりどこかずれている!
あんな内容じゃ絶対部活発足は無理ですよね。
あれが成り立つのはアニメの世界だけってこれもアニメか。
だいたい、普通部活・同好会作るときには最終的に生徒総会を経なければいけないので、案外ハードル高いんですよね。まあ、生徒総会なんてほぼスルーで承認ですけどね。

そして文化祭の話し合い中に一人教室を出ても誰にもとめられないもこっち。
悲しすぎる(泣)


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。