今回は変態王子と笑わない猫。の第12話『変態王子と記憶の外』の感想です。
この回で変態王子と笑わない猫。は最終回です。

【あらすじ】
病弱なツカサさんは、娘たちと離れて暮らすことしかできなかったのだという……。そんな親子に笑顔を取り戻そうと奔走する横寺は、つくし(幼)の手を取り、月子(幼)ごと屋敷へと舞い戻る。母に棄てられたと意固地になっていたつくし(幼)も、ツカサお手製の服を着て、ついに母の愛に気付かされるのだった。
だが残された時間は少ない……。「母さんとの想い出が欲しい」と泣く幼い少女の傍ら、陽人(幼)は何を「願う」のか!?
(公式サイトより)

【感想】
・なるほどね~、というオチでした。まあ、何というか、陽人の人柄が出ている話ではありましたね。代償は大きかったようですが。大団円というわけではなかったところがよかったと思います。ちょっと余韻が残りますからね~。

・親子が全く離れて暮らすのはあまりよろしくないですねえ。まあ、四六時中一緒にいるのもそれはそれでいかがなものか、と思いますけど。私なんかは恵まれている方だと思うので、色々感謝しないといけませんし、今後返さなければいけないと思うのですが、そんな大人になれるのか全く自信がありません…。

・梓内ではあのキスは夢の中での話として処理されているようで(笑)まあ、あり得ない出来事の中で起こった話なので無理もないか。

変態王子と笑わない猫。12話
<今回のひとこと>
陽人「大きくなったって、女の子を笑顔にするのは難しい。だけど、女の子を泣かせるのだけは絶対にやっちゃダメだ。もし、目の前で泣いている女の子がいたら、助けてあげる。笑顔に出来なくても、その思いはきっと伝わるだろうから」
まあ、時には泣いた方がいい時もあるような気がしますが、非常に陽人っぽいセリフですね。
彼の行動原理は、基本これなんでしょう。
信念というかポリシーを持って動くのは大事です。
外がボロボロでも、核がしっかりしていれば、そのうちなんとかなるものなんじゃないでしょうか。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はゆゆ式の第12話『ノーイベント グッドライフ』の感想です。
ゆゆ式はこの回で最終回です。

【あらすじ】
2年生の夏休みを迎えたゆずこたちは、いつも通り唯の家でとりとめのない話をして盛り上がっていた。そこで今まであまり遠くへ出かけていないことに気付き、せっかくの夏休みということで海へ出かけようといやがる唯を説得しようとする。
(公式サイトより)

【感想】
・あー、ついに最終回…。なんだか寂しいです。

・海かー。あれ、よく考えたらここ何年かプールすら行ってない……。水着不足です(殴

・最後の相川さんグループの日常描写が個人的にはすごく良かったです。ああいう、家でのギャップみたいなのは面白くていいですよねえ。兄弟とのやりとりなんかは特に。

ゆゆ式12話
<今回のひとこと>
唯「アホ! おっさん! 風邪ひけ! 二三べん無くせお前は! 二日連続! 傷だらけのDVDレンタルしろ! そんで延滞しろ! 汁物全部こぼせ! ベッドに汁物全部こぼせ! 豚骨とか!」
怒涛の攻め文句(笑)
これはきつい…。まあ、よく聞くとよく分からないセリフもありますがw
でも、津田さんファンにはご褒美かな?
私にはそれなりにご褒美でしたww
あ、でも別にドMとかじゃないですよ?
むしろガラスのハートなので責められると立ち直れなくなります。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回は這いよれ!ニャル子さんWの第11話『とあるキャンプの悪霊の家』の感想です。

【あらすじ】
休日、森のキャンプに訪れた一行。ニャル子がバーベキューで焼くお肉は、真尋が怪しんで食べてくれない。ニャル子の友人のアト子から送られてきたチョコレートも、真尋だけ食べてもらえない。森の中を散策すると、古い洋館を発見。肝試しとばかりに屋敷を探検しようとするが......。いざ開かれよ、新たなる冒険の扉スリー!
(公式サイトより)

【感想】
・今回はなかなか凝った構成でしたねえ。ネタ自体は古典的なものでしたが(笑)

・何の肉か分からなくても、見た目と味がよければ食べればいいんじゃないかと思いますけどねえ。まあ、最初から正体を知ってるとちょっと躊躇するかもしれませんが。

・オチをどうするのかなあ、と思ってたら、そうきたか!という感じでしたね。

這いよれ!ニャル子さんw11話
<今回のひとこと>
ニャル子「おーっと、ヨダレがジュルリ」
妄想が激しすぎる(笑)
ある意味すごいですけどね。
家族計画ばっちりってやつですね!w


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回は変態王子と笑わない猫。の第11話『筒隠さんの家の中』の感想です。

【あらすじ】
過去を直接確かめたい。そんな願いを願ったばかりに、猫神様は横寺と月子をタイムスリップさせてしまった。そこで出会ったのは、まだ幼い横寺陽人と、筒隠姉妹の実母ツカサさん。根はいい人っぽいツカサさんに、陽人(幼)はよく懐いていたのだった。
ところが筒隠のお屋敷に、姉妹の姿はなかった。つくしの記憶によれば、この頃はまだ姉妹も一緒に暮らしていたはずなのだが。
辻褄が合わない状況に、とまどう2人。はたして……!?
(公式サイトより)

【感想】
・ツカサさん(笑)完全なるツンデレではないですか! というかなんだあの寝巻は…。

・うーん、どうせ猫神が何か絡んでるんでしょうが、なぜ現実と過去が食い違っているのか気になるところですね。何をどう祈ってしまったのか。

・いやー、最後に謎が謎を呼ぶ展開。いいんじゃないでしょうか!

変態王子と笑わない猫。11話
<今回のひとこと>
月子「熟していないものを愛しむのもおつなのです。この子を無菌培養で育てたら、10年後には光源氏」
なんか、月子のキャラが終盤に入って若干崩壊しているような…(笑)
まあ、面白いからいいですかね。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はゆゆ式の第11話『こーゆー時間』の感想です。

【あらすじ】
ある日唯が廊下でジュースを飲んでいると千穂が手を振りながらやってくるが、階段で躓きジュースをこぼしてしまう。唯はムネが大きいから足下が見にくいのか、と思いながら千穂と一緒に水道に行くが…。
(公式サイトより)

【感想】
・なかなかこの回は面白かったです。……全体的に(笑)

・作中では梅雨なので雨が降ってましたねえ。今こちらは戻り梅雨なのでいまいちな天気ですねえ。まあ、暑いよりはマシかもしれませんが。

・お母さん先生は恐い話が苦手なようで。すっかりポジションが板についてきましたね。

ゆゆ式11話
<今回のひとこと>
ゆずこ「学校は勉強するところだからね」
唯「うざい」

確かにうざい(笑)
ゆずこは学力は高いので、はっきりつっこめないところも、またうざい!(笑)


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。