上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はさくら荘のペットな彼女の第3話『近すぎて遠い…』の感想です。

【あらすじ】
ましろの経歴を知り、さくら荘で唯一何もない自分に焦りを感じ始める空太。さくら荘の先輩である三鷹仁にその思いを語るが、一般寮に戻ろうとしている空太には関係ないと一蹴されてしまう。そして空太は「脱・さくら荘」を果たすため、飼い猫たちの里親を真剣に探し始める。
そんなとある日曜日、201号室に住む先輩・上井草美咲が、空太の部屋のドアを蹴破り、ましろと仁がデートでラブホに行くのだと騒ぎたてる。二人が気になる空太と美咲は尾行を開始するのだが…。
(公式サイトより)

【感想】
・今回はだいぶシリアス感の強い回でしたね。あんな天才=変人の館に住んでるだけでも空太は十分すごいと思います。

・あんな大声出しながら尾行してたらばれるでしょ。逆にすごい目立ちますよね。

・一般常識にすべて縛られるのがいいとは私は思いませんが、だからと言ってまったく縛られないのも無理があります。だからましろも空太もどちらも「分かってない」と思います。むろん私も。

さくら荘のペットな彼女3話
<今回のひとこと>
仁「まずは自分の居場所くらい、自分で決めろよ。それができればやりたいことだって自分で選べるだろ」
一見正論のような気もしますが、何か違う気もします。
居場所は自分と他人の距離感が上手くつりあったときに出来るものです。自分だけが頑張って出来るものではありません。難しく言えば、相互関係の調整の末出来るものです。

そして自分のやりたいこと(「夢」とか)も社会との距離感で生まれるものだと思います。天才はその距離感を自分で作り出せるからすごいのです。ですが、たいていの人は調整しながら決めていくしかありません。

私は持っている人が持っていない人を諭すことが嫌いです。「あんたに何が分かる」です。
仁も悩みがある。でも、それは(他人から見れば)持っているが故の悩みです。に対して空太は持っていないに属するキャラでしょう。仁が空太にお説教出来る立場なのか疑問です。

私も人に何か言うことはありますが、出来るだけ価値観を押し付けないようにしています。あくまで自分の考えを話します。結局答えを出すのは悩んでいる本人です。他人が答えを与える(誘導する)のはいかがなものなんでしょうか。

何はともあれ、自分の歩幅で歩いていけばいいと思います。マイペースが一番です。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
スポンサーサイト
今回はさくら荘のペットな彼女の第2話『絵を描いてきたの』の感想です。

【あらすじ】
さくら荘会議の結果、空太の抵抗も空しく、1人では、ぱんつも穿けない少女、椎名ましろの世話係「ましろ当番」に任命されてしまう。
翌日。さっそく、ましろの世話を焼く空太は、食べそびれた朝食を求めてコンビニへと向かう。そこでバイトを終えたクラスメイトの青山七海と合流し、3人で登校することに。
七海にましろを紹介する空太だったが、ましろがふと口にした一言で、二人の関係を七海に勘違いされてしまうのだった。
(公式サイトより)

【感想】
・なんだか、過激なシーンが多かったですね。面白いだけではすまなさそうな問題も出てきましたが。

・ドイツでは売り物をレジ通す前に食べたり飲んだりするらしいです。もちろんお金は払いますが。確かにどうせ金払うんだからどこで飲み食いしても自由だろ、という気もしますね。ん?バームクーヘン好き? ましろはドイツにいたのか?

・画集って(笑) 天才は変人というのはよく聞きますけどね。かのエジソンも集団生活は苦手だったようですし。

さくら荘のペットな彼女2話
<今回のひとこと>
空太「お前、どういう人生送ってきたんだよ!」
ましろ「絵を描いてきた」
空太「他には」
ましろ「絵を描いてきたの」
空太「っ……」
ましろ「……絵を描いてきたの」
空太「他の言葉を待ってんだよ!」

ツッコミのキレ味が抜群です。
新八にもひけをとりませんね。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回は中二病でも恋がしたい!の第4話『痛恨の・・・ 闇聖典(マビノギオン)』の感想です。

【あらすじ】
『極東魔術結社』にくみんが加わったことにより
『極東魔術昼寝結社の夏』となった六花発足の謎の同好会。
入部するつもりなど全くなかった勇太だったが、丹生谷の入部につられ入ってしまった。
なぜこんな部に、クラスで一番人気の美人、丹生谷森夏が入部を?
魔術に興味がある?昼寝に興味が?もしや・・・。いや。まさか!?
勇太は様々な憶測を巡らせる。
(公式サイトより)

【感想】
・この回で一応主要キャラクターの地固めは終わったといったところでしょうか。次回以降がポイントになってきそうですねえ。

・丹生谷はなんというか、あれですね。恐いです。

・凸守が入ってきたので、六花のとんでもぶりがいまいち目立たなくなってしまいました。六花好きなので、もう少し出番が多いといいんですけどねえ。ただの願望ですけど。

中二病でも恋がしたい!4話
<今回のひとこと>
丹生谷「いい! 誰かにしゃべったら呪い殺すわよ!」
いやー!
キャラが変わりすぎだよ!
いろんな妄想がはじけとんだよ!
どんどん恋愛から離れてる気がするのは、私だけですか。そうですか。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回は中二病でも恋がしたい!の第3話『異端なる・・・ 双尾娘(ツインテール)』の感想です。

【あらすじ】
入学から一カ月が経過。丹生谷との距離を、なかなか縮められずにいる勇太。
チアリーディング部に体験入部した丹生谷のチアガール姿を、大勢の“偶然体育館を通りがかった連中”と一緒に、遠巻きに眺めるしかない一方で、六花からは『極東魔術結社』なる部活を一緒に立ち上げようと言い寄られる。
なぜこうも中二病ばかりが勇太に引き寄せられてくるのか?そこには新たな中二病少女が現れる。
(公式サイトより)

【感想】
・訳の分からない部活を立ち上げるという比較的ありがちな展開でしたね。うーん…部活というカテゴリーにくくるのが吉と出るか凶と出るかはまだよく分かりませんね。

・また凸守は強烈なキャラクターですね。しかも中学生。名実ともに完全な中二病ですね。

・ところで、この作品ちゃんとラブコメに行くんでしょうか。なんかコメディにしかなってないような気がするんですが。

中二病でも恋がしたい!3話
<今回のひとこと>
勇太(ななちゃん、天然のふりして意外に策士!)
そんな切り返しがあったとは。
正面きっての切り返しは意味がないということですね。
まあ、普通の人ならいいんでしょうが、世界観ありすぎな人にはその世界観で話をしなければいけない、と。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はひだまりスケッチ×ハニカムの第4話『9月15日 勝利のシャッターチャンス!! 勝つのは宮子だ!!』の感想です。

【あらすじ】
やまぶき高校恒例の水泳大会がやってきた。泳げないゆのは記録係に任命されるが、10万円もするカメラを渡され、「やめたい…」。午前と午後の合間には校長先生のデモンストレーションが行われ、みな驚愕。そして一番盛り上がるメドレーリレーへ宮子がアンカーとして向かう。結果やいかに!
(執筆管理人。公式サイトを参考にしています)

【感想】
・ほー水泳大会ですか。私は経験ないですねえ。まあ、泳げないことは無いですが、クロールは終盤ぐっちゃぐっちゃになるので、実質平泳ぎしか出来ません。なくてよかった…。

・2話あたりでも書きましたが、水着回というサービス回にも関わらず、そういう意味での色気なし(笑) この作品のいいところですけどね。絵がラフな感じのタッチだから、こうなるんですかね。

・最近のカメラは確かにすごいです。適当にとってもそれっぽくなりますもんね。まあ、写真に関しては知識がゼロに近いので良い悪いもよく分からないのですが。

ひだまりスケッチ4話
<今回のひとこと>
中山「水着の男子ってなんか知らない生き物みたいで直視しづらいのよね」
女子から見たらそうなんですかね。まあ、私も水着はあまり好きではありませんが。
でも逆はすごく、こう、何というか。テンションがあがりますね!
しかし、私目が悪いので、眼鏡をはずしていると、向こう側にいる女子たちがよく見えな……(殴
変態は自重します。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。