上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は人類は衰退しましたの第5話・第6話の感想です。
貧乏神が!の感想もこの記事の下にあるので見てくださいね!
人類は衰退しました 4 (ガガガ文庫)

第5話『妖精さんの、おさとがえり episode.01』
第6話『妖精さんの、おさとがえり episode.02』

※2話で1エピソードなので、今回はまとめて記事を書きます。
【あらすじ】
(5話のみ)
旧人類のすべてを残そうという取り組み、『ヒト・モニュメント計画』の影響で、しばらく通電することとなったクスノキの里。その影響なのか、妖精さんは「……やつがくるです」と言っていなくなってしまいました。『妖精さんがいなくなるとどうなるか』という取り扱い説明書を読み、妖精さんのミラクルを失ったことにちょっと愕然……。そんな中、わたしたちは都市遺跡を調査することに。ミラクルが起きないため、廃墟になった地下都市を何日も彷徨い、水分不足で死に掛けたり……。しかし、「もうダメ」と思った瞬間、ミラクルは起きたのです。
(公式サイトより)

【感想】
・えーと、ですね。なんじゃこりゃ、というのが正直な感想です。ありとあらゆることが起こりすぎて、私の頭では1回の視聴で理解することは出来ませんでした。

・そもそも、なぜ時系列をずらしているのか。これって1話の前の時系列ですね。断髪してますし。ちょっと意図がよく分かりません。

・あのゲル状の気持ち悪い生命体チックなものはなんですか。さっぱり分かっておりません。

・宇宙船の計画は実際にありそうな話ですね……というかあったよ!
<実際のパイオニア計画&ボイジャー計画>
パイオニア計画
外惑星探査のために1972年に打ち上げられた10号は初めて木星、1973年の11号は木星および初めて土星に接近・観測に成功した。10号と11号は探査後に外宇宙へ向かって飛行中であり、機体には地球外生命体に遭遇することを考え、地球や人類の姿(あらゆる民族的特長を融合した最大公約数的な造形を意図された)などの線画からなる簡単な図解を記した金属板が搭載されている。
パイオニア10号に搭載された金属板図版10号と11号には原子力電池が積まれ、深宇宙でも動作する様に設計されており、観測後も信号を発していたが、11号は1995年11月の信号を最後に途絶した。10号はその後も信号を発しつづけたが遠ざかるにつれて電波が微弱過ぎて内容の解読ができなくなり、ついに2003年1月22日を最後に信号が途絶した。


ボイジャー計画
現在も、1号・2号ともに稼働している。ボイジャー1号は2011年8月現在で太陽から約177億km離れたところを飛行中であり、地球から最も遠くにある人工物体となっている。地球との通信のための電波は片道約13時間を要する。一方のボイジャー2号は2011年8月現在で太陽から約144億km離れたところを飛行中であり、ボイジャー1号とパイオニア10号に次いで地球から遠いところを飛行している。
(いずれもwikiから抜粋)


パイオニア計画は何とも切ないですね。実際にどちらも外惑星の知的生命体にわたることを期待して金属板を搭載しているようです。
作中でオヤゲ(笑)が言うように、本当に何もないのか、それはまさに闇の中です。
でも、パイオニアは地球から存在が確認されなくなるくらいなら、帰ってきたかったのかもしれませんね。
以上理科のお勉強でした。あれ? 違うか。

と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
スポンサーサイト
今回は貧乏神が!の第8話・第9話(9.5話含む)の感想です。
貧乏神が! 4 (初回限定版) [Blu-ray]

第8話『名前で呼んで』
【あらすじ】
市子は友人と称して自分に付きまとう嵐丸に対して、内心思うところはあるものの、付きまとわないよう突き放す対応をする。そんな中、正門前で待っている嵐丸と鉢合わせしないよう隠れていた市子はクラスメイトの女子に助けてあげると言われる。付いていくとそこには見知らぬ男たちがいて――。
(執筆管理人)

【感想】
・今回はかなりシリアスな内容でしたね。初めて明確に市子の過去が語られました。嵐丸はかっこよかったです。

・うーん、小学生にしては市子の元友人はダークすぎやしませんか。女子はあの年齢からあんな腹黒いこと考えてるんですかね……。恐いです。

・紅葉は(もうパターンですが)市子への対応を一番分かってますね。本音の引き出し方が抜群です。


第9話『えっ!!!今さらっと言ったね!?』
第9.5話『2分でこうなるワケねーだろ!!!!』
【あらすじ】
ひょんなことから体育が男女混合になった市子たち。男女ペアでダブルスをやることになり、市子と紅葉はそれぞれテニス(?)部の男子とペアになる。ところが、二人で張り合っているうちに、それぞれ勝負にかけごとをすることになる……。
(執筆管理人)

【感想】
・前話とは一転、ギャグメインの話でした。テニスでは描写がどこか……少女漫画のように……。

・市子はあれですか、「銀魂」のお妙さんの生まれ変わりですか。あれって、黒炭どころか、ダークマターですよね。あの伝説の。

・黒百合役の白石さんの絶叫には感服いたしました。と言うか、何をやらせているんだ。あと、白石さん結婚おめでとうございます。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

みなさん、今、台風が本州に直撃しておりますが大丈夫ですか? 私の住んでいる街では大雨、洪水、暴風、波浪と出せる警報がすべて出ております。オールスターですよ。

くれぐれも外出しないように、お気を付けくださいませ。

では、またどこかで。
今回は氷菓の第22話『遠まわりする雛』の感想です。
この回で氷菓は最終回です。

遠まわりする雛 (角川文庫)

【あらすじ】
えるに「生き雛祭り」の「傘持ち」役を頼まれた奉太郎。祭りの会場に行ってみると…、そこは戦 場さながらの様子。男衆の気迫に圧倒される奉太郎。
(公式サイトより)

【感想】
・この作品はタイトルの付け方が全編通して上手ですね。見ただけではなんだか分からないんですが、見た後だと納得してしまう。そんな、やられた! と思うタイトルです。

・奉太郎とえるの深くにある気持ちが分かる回でした。最後は言えませんでしたが、きっと、そのうちわかってもらえる時がくるんじゃないでしょうか。

・うーん、相変わらず、風景の描き方はきれいですね~。桜の狂い咲きは圧巻でした。

〈今回のひとこと〉
奉太郎「千反田が見えない。千反田が、見えない。気になる。気になる。もし今、紅をさし、目を伏せている千反田を正面から見られたら、それは、どんなにか――」
なんかニヤニヤしてしまうせりふですね。
里志と同じく、奉太郎もまた、えるの登場で自らの生き方の変革を迫られています。でもそれは決してマイナスにはならないんだと思います。悩んだ変化は、すなわち成長でしょう。
いつか、奉太郎がえるを正面から見て、受け止められるキャラクターになってくれればいいと思いました。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はもうすぐ始まる秋アニメのうち、私が見るつもりのものを発表します。

とはいえ、感想を書くペースは今と大して変わらないことが予想されるので、どうしようか思案中です。

・さくら荘のペットな彼女
・となりの怪物くん
・神様はじめました
・ヨルムンガンド PARFECT ORDER
・えびてん!
・ハヤテのごとく!CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU
・ひだまりスケッチ×ハニカム
・ガールズ&パンツァー
・てーきゅう
・中二病でも恋がしたい!
・リトルバスターズ!
・もやしもん(夏から引き続き)
・夏雪ランデヴー(夏から引き続き)


まあ、こんな感じですかね。

ああ、多い。こうしてまたHDDが埋まっていくのか…。(見ろよ)

今回は自分の好きなジャンルにかなり固まっているので、視聴をやめてしまうものはあまり無いと思いますが、最近自分でもよく分からなくなっているので、どうなるかは明言できません。

もう紹介にすらなってませんが、見てることには見ているので、話しかけてくだされば、お話は出来るかと思います。たぶん…。

では、またどこかで!
今回は氷菓の第21話『手作りチョコレート事件』の感想です。
氷菓 限定版 第4巻 [Blu-ray]

【あらすじ】
鏑矢中学時代、里志にバレンタインチョコレートを受け取ってもらえなかった摩耶花。今年こそはチョコをちゃんと渡して里志の気持ちを確認したい摩耶花はえるに相談を持ちかける。
(公式サイトより)

【感想】
・重い……。バレンタインをテーマにした話でこんなに重い話は初めてです。まあ、古典部シリーズらしいと言えばそうですが。

・それぞれのキャラクターの性格が色濃く出た回だったと思います。えるは純粋すぎるほど純粋で、摩耶花はいつも頑張っていて、里志は自分に対して悩み、奉太郎は曲がっていても優しい。改めてキャラクターの立ち具合を確認できる回でした。

・沢木口先輩が怒っておりました。正直怖かったです。ですが、あの場面であのようなことを言われた人間がどう反応するか。私は怒りではなく戸惑いがくるのが普通ではないかと思います(性格によるのかもしれないですが)。なので、あの場面の描き方は「ん?」という感じがしました。

<今回のひとこと>
里志「僕は摩耶花に、こだわってもいいのかな?」
里志とはまた違いますが、私も完璧主義者なところがありまして、なんでも抱え過ぎる癖があります。
で、たちの悪いことに、ものを完璧にすることは出来ないのです。
完璧にしたいのに、出来ない。そんな自分によく腹が立ちます。
なので、イライラの原因を作らないように、完璧主義者の癖が出る場面を避けることが多いです。
仮に対人関係で嫌なことがあっても、それで怒って喧嘩するということはありません(家族は別ですけど)。
なぜなら、相手の言ったことを理詰めで否定しにかかってしまうのを分かっているからです。
人から「○○くん(=私)は優しい(温厚だ)」と言われることがありますが、それは私がビビりで自分から逃げているだけなのです。
まあ、そんな私の性格はさておいて、里志はこの疑問にどう答えを出したのでしょうか。
結局作中では明示しませんでしたが、ご想像にお任せしますパターンなんですかね。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。