上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えー、最近まったく更新しておらず、申し訳なく思っております。ひらいそです。

他に色々やっていることがありまして、こちらがまったくの放置になってしまいました。

とりあえず、春アニメのランキングをざっくり発表します!(突然)

1位:響け!ユーフォニアム

吹奏楽部を舞台にした青春群像劇でありつつ、アニメ作品らしいコミカル描写と百合的描写もあって、完全にしてやられました。
京アニはすごい、と言わざるを得ない作品でした。はい。
見ていると「なにを頑張るのかよくわからないけど、とりあえず頑張ろう!」と思わせてくれるんですよねえ。

続編があるのか? が気になるところですが、とりあえず余韻に浸ろうと思ってます。

2位:プラスティック・メモリーズ

ギフティア(いわゆるアンドロイド)のアイラと人間で仕事上のパートナーであるツカサの恋模様を描いた作品でした。
ロボットという設定ゆえ、「死」「別れ」が準備されているのに相手は元気という辛いことこの上ないシナリオ展開は涙ぐみましたね~。
最初はもっと「思い出を引きさく仕事」を中心に描くのかと思っていましたが、後半はアイラとツカサの「別れ」までをじっくり描く構成でちょっと意外でした。しかしだからこそ、ぐっと心をつかまれました。

私たちは決まった寿命は無く、いつ死ぬかは神のみぞ知るわけですが、それゆえ「生」に対する価値が低下するのがさがです。この作品を見て「明日お前は死ぬ」と言われたら、どう過ごすだろう? と考えると、今の生活の無価値さを感じてしまったりもしました。立派なことでなくとも、自分なりに一生懸命生きることはとても価値があって、人を感動させることが出来ることを改めて認識させてくれた良作だったと思います。

3位:ハロー!!きんいろモザイク

安定の日常もの。ただただ癒され、笑いましたね~。
私は日常系好きですが、どちらかというとギャグを好むのでごちうさにはいまいちはまらなかったのですが、きんモザは1期と変わらずギャグも冴えわたり最高でした!

個人的に一番面白かったのは、アリスが勇にアイスを買ってきたシーンですね。勇は少し溶けたのが好きらしいのですが、アリスの過剰なサービス精神で全溶けのアイスを手渡されておりました。「そうそう、このドロドロが……って何でやねん!」というノリツッコミに爆笑でした(セリフうろ覚え…)。

あと、アリスとカレンはイギリスに帰省しているのに日本語で会話という謎現象(笑)アリスのお母さんまで日本語で話すものだから、全員イギリス人でイギリスにいるのに日本語で会話という珍妙な状態になってたのが、おかしかったですw

それから……って止まらなくなりそうなので、ここで自重デース!

4位:てさぐれ!部活もの すぴんおふプルプルんシャルムと遊ぼう

てさ部がまさかこんなかたちで舞い戻ってくるとは……。監督が途中で降板するというトラブルや、全編アドリブというもはや手抜きの域になっている話があるなど、議論を呼びそうな内容でしたが面白かったから許す!(笑)

まあ、個人的には、大橋さんにはもう少しへごへごしてほしかったですけどね!

5位:てーきゅう(4期)

高速ギャグアニメの4期。あまりコメントはありませんが、面白かったです!
こういう下らないの大好きだから!
5期も始まったし(笑)


実を言うとそもそも6作品しか見ておらず、長門有希ちゃんはこのクールでやっているので省くと5つ。結果、オールランクインという結果に。まあ、そういうこともあります。

こんな感じでアニメライフを送りました。皆さんはいかがでしたか?

それでは!(次回更新は未定ダ!)
スポンサーサイト
第4話「Be my Valentine」より

ハルヒ「分からないなら、分からないなりの探し方ってのがあるのよ!」

何と言うか、何かをするときに「分からない」を理由にしてはいけないということでしょうかね。分からないなら「ローラー作戦」という感じです。「分からない」からこそ、人生は面白いのでしょう。


①キョン「谷口。過度な期待はより絶望を深くするぞ」
②キョン「谷口。諦めはいたずらに自分を傷つけることを防いでくれるぞ」


谷口が下駄箱にバレンタインチョコが入っていない時に、「何か間違っていると思わないか、キョン?」と聞いた際のキョンの返しです。
まあ、確かにずっと期待したり、諦めないでいることって結果が伴わないときついですからねえ。行為自体は止めなくてもいいかもしれませんが、心持として「ダメでもともとさ!」と思っていた方が、楽ですし、結果が出たときにより嬉しい気がします。



鶴屋さん「だってさ、こんなんは渡す側の自己満足じゃん。自分にために渡しちゃえばいいにょ。相手のことなんか気にしないでさ、その胸に思いっきり投げつけてやるっさ!」

バレンタインチョコを好きでもない人からもらったら迷惑だろうか、と考える長門に対する励ましです。相手が明らかに嫌がることをしてはいけませんが、相手のためになるようなことは、まず自分の自己満足のためにやってもいい、と私も思います。それで嫌がられたら謝るしかないですけどね…。

私も相手にどう思われるだろうと気にするタイプなので、背中を押してくれるようなセリフでした。
ちなみに、男子はチョコを誰にもらっても基本的には嬉しいと思いますよ。


今回はここまでっ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。