上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はUN-GO第5話『幻の像』の感想です。
UN-GO 第2巻 初回限定生産版Blu-ray

【あらすじ】
戦時中。衆議院議員島田白朗が主催したテロリストと対峙する「日輪の会」の決起集会が開かれていた。そこに爆弾を積んだトラックがテロリストによって突入してくる。白朗に付き従い始めたばかりの名もなき学生3人がその爆弾を処理すると自ら言い、トラックに乗り込む。トラックは人込みを抜けてすぐに爆発。彼らは死んだ。

終戦後。白朗は彼らを讃えるために、ブロンズ像を立てる。その除幕式に呼ばれていた新十郎。外では山本という白朗を目の敵にしている男が仲間を連れて抗議活動を繰り広げていた。そんな中、ブロンズ像から血が。調べると、像の中には空洞があり、そこに山本の配下にあった男二人の死体があった。

いったい誰が男たちを殺したのだろうか?

【感想】
・今回の話は面白かったです。新十郎の内面に迫るところにキーがあったんだと思います。

・一応推理物という体を取っている作品で、探偵が推理を外すというのは面白いストーリーだと思います。名探偵コナンだったらダメでしょうが、この作品ならOKでしょう。

・ただ、相変わらずトリックなどで人をあっと言わせるものはないですね。元々、そこに主眼が置かれていないんだろうな、と最近は思っています。

・いつの間に風守(R・A・I)が仲間になっているのには、びっくりしました。彼女(?)も新十郎の内面をえぐるキーキャラクターになるんじゃないでしょうか。

と、いうことで今回の感想はおしまいにします。

えー、ここで一つお知らせです。
今までアニメを一話ずつ視聴して、その感想を個々に書いていたんですが、このペースだとどう考えても次クールの作品が始まるまでに間に合いません。

そこで、とりあえず今クールの作品は一気見して、全体の感想を述べる形にします。できるだけリアルタイムに見て感想というのがいいと思いますので、ご了承くださいませ。

アニメ見るのを少しさぼると、すぐこれなので、困っちゃいますね(自分の怠け癖には)。

てなわけで、次回はWORKING’!!の全体感想を書く予定です。

では、またどこかで。
スポンサーサイト
今回はUN-GO第4話『素顔の家』の感想です。

UN-GOの前回記事でてっきり1話構成だと思い、そういう想定でものを言ってしまいました。きちんと確認しなかった私のミスです。もし、見て不快な思いをされた方がいらっしゃたら、非常に申し訳ないです。今後はきちんと確認して、感想を書くことを意識したいと思います。

誠に申し訳ありませんでした。

【あらすじ】
風守の死の真相を暴いた新十郎は冷蔵庫にいる人工知能R・A・Iと接触する。
しかし、R・A・Iの存在と目的を知ってもある一つの謎が新十郎には残っていた。
と、そこへ公共保安隊がやってくる。彼らに襲われる新十郎。だが、それが新十郎の疑問を解く“カギ”となる。

いったいなぜ風守は死んだのか? 誰が風守を殺したのか? 黒幕は誰か? R・A・Iとは何者?
そして、新十郎が出した答えとは――?

【感想】
・まさか二話構成だとは思っておりませんでした。この話ですべての謎が解けます。うかつに書くものではないですね。

・新十郎の言葉は重いですね。安易なヒーローではありません。釈然としないこともあります。しかし、坂口安吾が原作なら、やはりこうするのが一番です。何せ『堕落論』書いた人ですからね。

・人工知能の話は近い将来あり得るのかもしれません。また、それに対応する国の姿勢なども十分想像できる、いや、実は近い状態になっているのかもしれません。東京都の条例などは、似たようなものなのかも、と感じたりもしました。

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいにします。

次回はましろ色シンフォニーの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
今回はUN-GO第3話『覆面屋敷』の感想です。

【よかったところ】
・梨江がこれからキーキャラクターになりそうですね。麟六と新十郎とをつなぐ立ち位置に来そうです。

・なんか因果がかわいく思えてきました。変身すると、あれですが……。

【悪かったところ】
・なんか話の落ちがよく分かりませんでした。なんで、火だるまになる必要があったんでしょう。

・30分で伝えきれる量に限界があると思います。やはり話が突飛すぎます。

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいにします。

次回はアニメ情報についての記事を書く予定です。

では、またどこかで。

追記
私たちのやっているサークルについてはサークル活動について①をご覧ください。
今回はUN-GO第2話『無情のうた』の感想です。

この作品は坂口安吾の作品を原案にしているということで、試みがおもしろいなあ、と思っています。

【よかったところ】
・舞台設定が架空の日本なので、ボーカロイドなどの近代的なものと、どことなく漂う敗戦直後の日本の雰囲気があわさっていて面白いと思います。

・「世の不条理さ」みたいなものは最後の部分で描けていて、よかったです。

【悪かったところ】
・なんというか、話があっさりしすぎている気がします。ミステリーものであるなら、もう少しじっくり推理を描いていいと思います。

・犯人のトリックが簡単すぎます。視聴者の裏をかくようなトリックではありませんでした。

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいにします。

次回はサークル活動について書く予定です。

では、またどこかで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。