今回は久しぶりにアニメ感想です。

四月は君の嘘 第1話「モノトーン/カラフル」です。

公生くんはなかなか辛い境遇ですね。
あんなスパルタの親だったら今の私はどうにかなってしまいそうですが、子供にとって親というのは絶対の存在であり、生殺与奪を握った絶対君主です。なので、そういう環境にずっといればそうなるでしょうし、子供は親の望むものを全力で叶えようとするものです。

結果的に、これが現在の問題になっているわけですよね。彼はずっとお母さんの望むもの(ピアノでヨーロッパ進出)を叶えるために生きてきたわけですよね。それが急にお母さんの死去で、生きる目的を見失ってしまいました。彼にとってはピアノがすべてで、ピアノそしてその背後のお母さんの枠内でしか社会と触れ合ってこなかったわけで。

自由というのは喜ばしいことですが、とても難しいですし、大変です。不自由は辛いかもしれませんが、楽な一面もあるのです。

彼がピアノをお母さんのためではなくて、自らの生きる目的あるいはエネルギーに出来るのか、そして、それ以外の部分で社会と上手く折り合いをつけていけるのかが物語の主軸になるのでしょう。それとかをりとの関係がどう絡むのかが、今後楽しみな点ですね。

<印象に残ったシーン>
四月は君の嘘 第1話
椿「みわが言ってたよ。『彼と出会った瞬間、わたしの人生が変わったの。見るもの、聞くもの、感じるもの、わたしの風景全部が色づき始めたの』って」
公生「でも、僕には……僕にはモノトーンに見える」

ここでは「彼」と人になっていますが、実際は人には限らないでしょう。ものだったり、体験だったり、あるいは作品だったりが自分の価値観を大きく揺さぶるということはあると思います。作品では色づくあるいはカラフルという言い方をしていますが、私の場合は新しい色が見えるという感覚です。私はまだ二十年ちょっとしか生きていない人間ですが、それでもターニングポイントと言えるような作品や人と出会ってきました。そのとき、心がわくわくして寝食を忘れるくらい熱中したり、それこそ世界に新しい色が見えたりしたものです。それは確実に人生を豊かにすると思います。

公生くんはこれからどんな風に新しい色を見つけて、モノトーンだった世界を変化させるのでしょう。楽しみです。

最後に、あなたにとって、自分の世界を変えるようなターニングポイントはありましたか?
あれば時々思い出したりしてみてはいかがでしょう。自分の人生も捨てたもんじゃないなと思えると思います(笑)
もしよければコメントとかで教えてもらえるとうれしいです!


では~。
久しぶりのアニメ感想であります。しばらく休止していたシーンを抜粋してコメントするコーナーも再開します。以前は、「今回のひとこと」でやってましたが、一言じゃないが多いので「印象的なシーン」に変更です!

今回はオオカミ少女と黒王子の第1話「自縄自縛-Liar-」です。

少女マンガ原作ということで、それっぽいなあという感じでしたね(笑)
イケメンの力、半端無い。
しかし、どのキャラも問題がありそうですね。三田さんはまともそうですけど。
特にあのギャルコンビは人間性に大いに問題があるような気がw
まあ女子の集団だと似たようなことは多かれ少なかれあるような気もします。実際どうだかは分かりませんが。

エリカはエリカでどんだけ見栄張るんだというぐらい見栄を張りますね。あそこまで行くと気持ちがいいですね。そりゃあ、人間ですから時に見栄を張ることはありますけど、人生のほとんど見栄で過ごすのもいかがなものかと思います。
恭也は単純にドSです。怖いよ……。

次回はどうやらもう一人男キャラが出てくるようで、擬似三角関係にでもなるのか、というところが楽しみでしょうか?

<印象的なシーン>
オオカミ少女と黒王子第1話

エリカ「友達作りは高校生活を左右する重要ポイントだよ」
三田「そうかもしれないけど、無理して作んなくてもいいんじゃない?」
エリカ「そんなことないよ! これからの三年間が幸せな天国ライフか不幸の地獄ライフかじゃ大違いなんだから!」
三田「地獄ライフって……」
エリカ「ボッチの高校生活なんて死んでも嫌~!」

まあ、分からなくはないですよ?そりゃ、友達がいたほうが良いに決まっています。でも、がっついていると出来ないものなんですよねえ。よほど周囲と違う考えや存在でない限り、そのうち出来るものなんで気長に待てばいいのに~と私なんかは思ってしまいます。
私の人間関係の基本は、「来るもの拒まず、去るもの追わず」ですから。これはこれで問題がある気もしますが、こんなんでも今まで生きてこれたんです。何とかなります!


では~。