上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これを書きながら、声優さんのカバーソング集みたいな動画を音だけ聞いています。
ああ、いいですね~。
でも諏訪部さんだけ選曲がおかしい(笑)さすが魔女っこ諏訪部!

<物語>シリーズセカンドシーズン
恋物語
第恋話 『ひたぎエンド 其ノ陸』

(<物語>シリーズセカンドシーズンはこれで最終回です)

貝木がすごいまともなこと言ってる!(笑)
というか、あのクローゼットの中身は漫画だったのか!
なるほどねえ。漫画家か~。
確かに神様では漫画家になれませんね。
人間でなければ。生きていなくては。
「生きてりゃそのうちいいことあるよ」とはよく言いますね。
これもまあ無責任な言葉かなあとも思ったりするわけですが、真理ではあります。
要するに、いいことがは起きますが、それまで堪える絶望を天秤にかけないといけないわけですよね。
私はそこまで思いつめたことはないので、本当のところは良く分かりませんが。
でも、思いつめていない立場だからこそ、「生きてりゃそのうちいいことあるよ」と書いておきたいと思います。

最後は……え、貝木死んだ!?
マジ、扇何者なんだよ……。
すべてのことを裏で操っている感じですね。
うーむ……。

全体的には面白かったですが、ファーストシーズンに比べて分かりやすさが減ったと思います。
それと、各キャラにスポットをあてるというコンセプトなのでいたしかたないですが、キャラの出番頻度があまりに極端だった気がします。新房さんは原作重視なような気がしますが、そういう部分での改変があっても良かったのではないかと思う節もあります。でも無い方がやっぱりいいんですかね。


ゴールデンタイム
第10話 『イン・ザ・ミラー』


幽体離脱解除が一瞬ありましたが、本当に一瞬だったようです。
まあ、39度くらい熱があったら頭おかしくなってもおかしくはないですが。
それでも、おかしな感情が混ざってしまったみたいですねえ。
しかし、熱があるにしてはあれこれ考えていてすごいなあ、とか思ってしまいました(笑)
私だったら高熱があるのに、夢のはざまにとかまったく考えられませんけどねw
それは創作だからということでスルーしましょう!

リンダ先輩は本当のところどう思ってるんですかねえ。
元々弟のように思っていたようですが、真正面から告白されると意識しないわけにもいかないでしょうし。
まあ、でもすごく大人な人だと思うので割り切ってるんですかね。
なかなか男はそういう度量が無いんだなあ。


京騒戯画
#5 『若き三男の悩みと始まりと終わり』


明恵~、そう当たるなよ~(笑)
確かに貧乏くじかもしれませんけどね。
確かに「終わらない」というのも辛いですね。
人間はどうしても今あるものを失いたくないと思ってしまいます。でも時期が来たら朽ちるように設計されているわけで、それをいじってしまっていいのかとも思います。
終わらなければ、何も始まらないですしね。
コトは先代の明恵が言った「始まりと終わりを持って帰ってくるよ」という言葉を体現する存在として阿吽を連れてきたということなんでしょうね。
明恵が行きたいのは、本当はとっくに行っている場所。
すなわちあの世でしょう。
取引条件が「殺すこと」というのも切ない話ですが。
役割を果たさないで死ぬのはよくないですが、必要以上にとどまるのも決していいことではないんですね。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
スポンサーサイト
時期が時期だけに、食器を洗うと手が凍るように冷たくなります。
辛すぎる……。
なんで食器を洗うだけでこんな辛い思いをしないといけないんだ!

ゴールデンタイム
第9話 『ウィズ・ユー・アゲイン』


うーん、こりゃリンダ先輩との会話を香子に聞かれていたな。
そこをあえて描かないところがよかったです。映像作品って媒体にもよりますが、消去法の美学みたいなものがあるような気がします。
そりゃ、あんな会話聞いたら、ああなっちゃうわな。

しかし、本筋はそっちよりも万里(幽霊)の回想でしたね。
なんかすごい展開でしたけど。
まさかのリンダ先輩の兄の婚約者の浮気現場をおさえるという。
なんかの探偵ものですか(笑)
正論って結構難しいですよね。
正論とはまさに「正しい理論」なわけですが、それが「正しい行動」かどうかは別問題です。
行動を起こせばそれになんらかの結果が伴いますからね。
結局、落とし所を見つけていくのが人生といったところなんでしょうか。

そしてそして、最後に幽体離脱が解けちゃったぞ!
これが「With you again」ってことか!
どうなる!?


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
2014.01.07 GT8&京騒5
あー、今日から学校です。
冬休みって短いですねえ。
まあ、なんか論文ばっかり書いていた気がしますが。

ゴールデンタイム
第8話 『リセット』


前話までで懸案になっていた3問題のうち、唯一未解決だった柳澤×岡事件の解決話でした。
はげます会にも関わらず、岡さん呼んじゃうっていうね(笑)
まあ、直接会って一応解決したのかな?
それにしても誰かの家で飲むという何とも大学生っぽいことしてますな。……したことないな。
……というか、前から疑問だったのですが、彼らお酒飲める年齢なんですかね。
法令違反してないのかな……。

前回話をして落ち着いた、リンダ先輩との関係ですが、そう簡単にはいきそうもないですねえ。
これは記憶喪失という設定が上手く効いてますね。
実質的にはキャラが4人いるはずなんですが、記憶喪失のせいで3人になっていて、結果的に三角関係のようなものになっていますもんね。(香子×(万里A+万里B)×リンダ先輩)
上手いと思います。


京騒戯画
#4 『次女と素敵な妖怪達』


なんか、前半戦は各キャラの紹介みたいですね。
一人ずつスポットをあててという感じなようです。
今回は八瀬でした。とりあえず面倒くさそうなキャラです(笑)

この話ではいらないものを捨てる行事「駅開き」がキーポイントでした。
あの電車というか列車は一体どこへものを捨てにいくんでしょう。
まあ、それはともかく、鏡都ではものが直ってしまうので無くなることはないですが、駅開き中はものを捨てることができるということのようです。
で、八瀬は母親との思い出がありすぎて捨てられないモノをたくさん持っているわけですね。

まあねえ。私もものはあまり捨てられない人間なので分かるっちゃあ、分かります。
最近は捨てるのがブームですけどね。
どうでもいいものは捨てるべきですが、悩むものは取っておいてもとか思っちゃうんですよね。使わないものでも。
最終的には思い入れの問題でしょうね。思い入れは無いけど、そのうち使うかなあ、みたいなものは処分したほうが良さそうです。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
2014.01.04 GT6・7
いよいよ冬アニメが始まりますね~。
まったく秋アニメが進んでませんが……。

そろそろブログのデザインを変えようかな、とか思っています。
カテゴリーを一番上に持ってきて……とか。
でも、PC版でしか変えられないのが難点ですね。ガラケーやスマホは変換されてしまうので。PCでアレンジしても、それがパーになってしまうのは何とも。でも、変換なしも見づらいので難しいところです。

ゴールデンタイム
第6話 『イエス・ノー』


おー、話が核心に迫ってきた!という感じですね。
竹宮先生の書くお話はいつも重いですね(笑)
リアルと言えばリアルなのかなあ、と思いますが。
それにしても色んな人が辛い回でした。
いつの間にレギュラー化していた二次元くんが救いだよ!w

えーと、まず柳澤氏が岡さんにふられる。
「バカじゃない」とか言われてましたからね(笑)
まあ、飲み会で告白する奴がおるか!ってことでしょうが。
で、香子が万里にもう友達ではいられない、と言われる。
告白してふられて友達ってのは難しいでしょうね。告白はかなりリスキーです。
さらにさらに、万里がリンダ先輩に知らないふりが出来るのはおかしいと急にキレる。
いきなりキレなくてもさ……。そりゃ、泣いちゃうよね。
でもでも、最後に香子が万里に告白!
と、なんか怒涛の回でした。


第7話 『マスカレード』

えー、なんやかんやでお二人はリア充になったようです(笑)
でも、香子は恐いなあ。発想がストーカーだよ!
あんな言い方だと、私引いちゃいますよ。別に私が引いてどうこうなる問題ではありませんが。
ここまでで前話で起きた3つの問題のうち、1つは解決。
問題はあと2つ!

NANA先輩がまさかの活躍w
メイクが濃いの少しは自覚したほうが……。
とりあえず、リンダ先輩と万里でお話。
まあ、ああいうシチュエーションになってしまうとあれこれ後悔してしまいますよね。
何か違っていたら運命は変わっていたのではないか、と思ってしまうことは多いですから。逆もまたしかりですが。
これで2つ目も解決。
ラスト1つは解決するのか!?


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
おそらく今年最後の感想です。
気づいたら大晦日でした。
なんてこった!

ぎんぎつね
第12話 『夏越の祓』

(ぎんぎつねはこの回で最終回です)

最終回らしい終わり方だったんじゃないかなあ、と思います。
神社の行事などには夏祭りのお神輿ぐらいしか参加したことが無いので、こういう感じで進められるのか~、ということが分かって勉強になりました。
神使も神の使いというわけで、神と話さないといけないんですね。
なるほどねえ。

最近は身近なところでも神事が縮小したり、無くなったりしています。
それでも神社そのものや神道的な習慣が消えないのは、それだけ日本人のベースとして信仰が根付いているからでしょう。
キリスト教やイスラム教とは違って、日本人の信仰心は何とも都合のいいものです。
必要な時やある一時だけお参り行く人が多いですからね。
でも、緩やかな信仰だからこそ、欧米で起こるような対立が無かったりするのでそれはそれでいいことだろうと思います。
銀太郎の言うように、信じれば神はいる、と考えていればいいんでしょう。
日本人にとって信仰は自らの生活を律するものではなく、豊かにするものです。
まあ、そういう意味で派手である必要は無いですが、守っていかなくてはならないものなのだろうと思います。


<物語>シリーズセカンドシーズン
恋物語
第恋話 『ひたぎエンド 其ノ伍』


だからクローゼットの中身はいったい何なんだ~!
貝木いわく「くだらないもの」だそうですが。
それにしても貝木みたいな人間にしては、自信たっぷりですね。
自分も疑え、とか言いそうなものですが。
斧乃木ちゃんにも「らしくない」とか言われてましたし。
「らしくないこと」をすると「失敗する」とまで。

貝木は基本的に非常に合理的な思考をするキャラだと思います。
自分にとって得なのか。基本その1点でものを判断している節があります。
だけれど、合理的がすべて合理的か、と言えば実はそうでなかったりします。
個人で貯金をするのは合理的な行為ですが、みんなが合理的な行為(貯金)をすると、景気が悪化するので社会で見ると非合理になります。
こんな感じで、合理的だと思っているものは非合理的かもしれませんし、非合理的なものが合理的かもしれません。
こんなあやふやな世界で生きているというのも、辛い話です。
まあ、貝木が本当にそんなことを思っているのかは分かりませんが。

さて、斧乃木ちゃんの予言通りに撫子に嘘が見破られてしまいました。
どうなっちゃうの!
(BS11で録画したので、次話がまさかの年明けという。辛い…)


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。