上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はささみさん@がんばらないの第3話『働いたら負け』の感想です。

【あらすじ】
八百万の神々と最高神の関係について、自宅PCで鎖々美レポートにまとめるささみさん。最高神のちからを受け継ぐ『月読一族』の存在と、これまで自分が置かれてきた環境や修練の日々、そして、お兄ちゃんを連れて自分がそこから逃げ出したこと…。そんな自分自身や過去を振り返りながら、ふと胸元に違和感をおぼえたささみさんが見たものは、信じられないような光景だった…!
(公式サイトより)

【感想】
・今後どう転ぶか、良く分からなくなってきましたね…。節々は面白いですが、作品を通じた展開の軸がまだ見えてこない感じです。

・うわーっ、気持ち悪いよーっ。なんか胸元から生えてきたぁぁ!

・すごい家系ですねえ。まあ、世界を見ると、近親婚をする部族なんかも無いことはないですが、遺伝子が悪くなるのでたいていは、インセストタブーがかかっていることが多いですね。それが二次元の世界では許容されるという謎の文化を持ってますがね、日本は。

ささみさん3話
<今回のひとこと>
つるぎ「頑張るのと無理をするのは意味が違うぜ。お前はまだガキなんだ。支えられて歩いたっていいんだよ。それは甘えじゃない。信頼だ」
この辺が二極化してますよねえ。
頑張らない人はとことん頑張らないですし、頑張る人はまさに無理をしすぎてしまう。
まあ、頑張らない人は置いておいて(どこかでこのままではいけないと思ってはいるはずですけどね)、無理をしてしまう人は頼らないといけませんよねえ。
一番頼れるのは親ですかね。親からしたら、子供はいつまでもガキでしょう。
それ以外にも、家族や友人、知人などで信頼が置ける人には頼り頼られで生活していくほうがいいですよね。
でも、本当の問題はそんな人間関係のつながりが皆無に近い人々が街の片隅にいることです。
社会を構成する一員として、彼らをいかにして社会につなぎとめるのか。
それを考えないといけないのではないでしょうか。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
スポンサーサイト
今回はささみさん@がんばらないの第2話『自宅警備員』の感想です。

【あらすじ】
近頃、桜ノ花咲夜学園では、学校に登校してくる生徒が激減する現象が起きていた。休んでいる生徒のほとんどは、巷で流行っているSNSサイト『八岐大蛇SNS』を利用していることが判明。何か改変が関わっているのではと睨んだ邪神三姉妹は、ネット環境の整ったささみさんの家で『八岐大蛇SNS』を調べることに。勝手に部屋に乱入してきた三姉妹に、心底迷惑そうにするささみさんだったが、それには密かな理由があって…。
(公式サイトより)

【感想】
・あ~、そういうことねえ。前回のネタばらし(説明)から始まりました。単に変態の兄と引きこもりの妹が織り成すホームコメディーみたいなたぐいでは確実になくなりましたね。

・私はオンラインでのゲームなんかは、一度としてやったことがないのでよく分かりません。でも実際に中毒というか依存症のような状態になってしまう人もいるようなので、似たような事態になる可能性はないこともないですかね。ちゃんと分別がつかないような人間はゲームもしてはいけませんね。

・他人の家であそこまで好き放題できる心根がむしろ羨ましいです(笑)ストレス無さそ~。

ささみさん2話
<今回のひとこと>
つるぎ「厳しい現実から逃げるため。辛い修行の毎日から逃避するため。ここで遊んでいたんだろ?」
まあ、遊び場は必要ですよねえ。
ガス抜きとも言いますが、ガスが限界まで溜まってしまったら人間爆発してしまいます。
ただ、その遊び場が何か他人に迷惑をかけるのであれば、それは社会の一構成員として、その遊び場を壊さなければいけないでしょう。
ただ、今の社会の問題は遊び場を持つ人と、遊び場が持てない人に二極化していることだと思います。
本当はそれを調整するのが行政の役割だと思うのですけれどねえ。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はささみさん@がんばらないの第1話『明日からがんばる』の感想です。

【あらすじ】
ささみさんは引きこもり。着替えるのも、食事をするのも、がんばらない。生活の面倒を見るのは、奴隷体質のお兄ちゃん。
今日も学校に出勤するお兄ちゃんを布団の中から見送りながら、パソコンに繋がれた「お兄ちゃん監視ツール」で外の世界を覗く日々。
そんなある日、バレンタインの朝に『おべんと』と称してお兄ちゃんにチョコをあげたささみさんは、それがきっかけで、ある“惨劇”に巻き込まれることに…。
(公式サイトより)

【感想】
・な、なんなんだ、この世界観は! というアニメですね。1話なのでよく分からないですが、雰囲気が面白いのでOKです。まあ、相変わらずの新房監督らしい演出も結構ありましたしね。キャストも常連さんが多いです。

・大塚芳忠さんが変態役っていうのがすごいですよね(笑)大ベテランですよ? どんな配役だよ!

・バレンタインね~。もう10年以上、もらいすらしてないですね。まあ、最近は女→男というよりは、女⇔女の方が多いようですが(いわゆる「友チョコ」?)。社会人の人は義理チョコがいっぱい必要なのである意味うつな日かもしれませんが…。

ささみさん1話
<今回のひとこと>
ささみさん「あれ!? ブルーレイ発売中、『チョコとチョコとチョコレート』? こっちはチョコだけかよ! 恋と選挙はどうした!」
思いっきりパロディですね。
まあ、同局(TBS系)なので、大丈夫なのかな。
そっち系の作品?
作品の軸が見えるまで辛抱できるかか、このアニメのポイントでしょう、多分。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。