上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』の全体感想です。

俺修羅キー
1.ありきたりと目新しさ
(原作は未読です)
この作品は、ギャルゲー、正確に言えば恋愛シミュレーションゲームにありがちなラブコメだったと思います。簡単にいえばハーレム展開ですね。1人の男子(あるいは女子)が複数の女子(あるいは男子)にモテるというやつです。

恋愛を絡ませた作品の面白い点というのは、「言う?言わない?」とか「出る?出ない?」のような駆け引き的な部分が多くあると個人的には思います。くっつきそうでくっつかない、そこでさんざん視聴者(読者)を焦らして最後にくっつけるというのが王道であり、一番面白いところではないでしょうか。

この作品の場合、この点が基本的には欠落しています。まあ、解釈次第では無いとは言えない気もしますが、王道ではない形をとってますね。と、いうのは全ヒロイン(真涼は最後まで引っ張りましたが)が鋭太に対して好意むき出しだったということです。本当にむき出しという言葉が似合うほどに露骨でした(笑)

要は「あなたが好きである」ということを伝える駆け引きは最初から存在していてそこにストーリー性が無かったということです(鋭太は鈍感なので気づいていないこともしばしばでしたが)。

一般に恋愛ものは「出会い~駆け引き~告白~交際確定」が基本路線なわけですが、それをあえて、「交際確定(偽)~争奪戦?~交際確定(真)~??」という流れに変えています。これがこの作品の売りでしょう。

ただ、この売りが本当に意味があるのかはやや疑問です。

王道を必ず取る必要はありませんし、王道をぶっ壊すような作品は非常に面白いと思いますが、王道を取らないというのはつまらなくなる危険を冒すということでもあります。この作品はつまらなかったわけではないですが、それは恋愛面でないところが、ということであってラブコメとしての新機軸にはならないのではないかという気がしました。

ああ、でも偽恋人関係から本当の恋愛関係にという作品は昔からあるので、実は王道なんですかね……。ちょっとこの辺は判断しかねます。

2.焦点をもっと絞ったら…
恋愛と並んでこの作品の主軸を担ったのは、真涼の人間性でしょう。恋愛脳をあそこまで敵視する理由と鋭太との態度の関連性、言うなれば「真涼の行動の背景」がある程度の謎として残りながら展開されていきました。

前提として、ラブコメ、ハーレムがある作品なので原作をいじらないといけない話ですが、真涼の行動と心理にもっと焦点を絞ったら面白い作品になった気がします。真涼は本音を隠すキャラクターなので、内心と行動とのギャップを鋭太たちとの関係におとしこめれば結構見ているほうとしてはハラハラドキドキが味わえた気がします。

まあ、私にそんな文才はありませんが(笑)

3.声優さん
全体的に若手の声優さんを多く使ったこの作品ですが、真涼役の田村さんはベテランらしい安定の演技でしたね~。真涼の影のあるというか後ろに何かありながらしゃべっている感じや色っぽい声を出す部分などは王国民とは言わずとも非常に魅力的に聞こえたのではないでしょうか。

茅野さんはさくら荘のましろとはえらい違いでしたね(笑)同じ声優さんが同じクールにメインキャラクターの作品を演じているとスケジュールはどうなっているのかと気になります……。声の使い分けも大変ですよねえ。演技なので気持ち的な役作りもしないといけでしょうし。声優さんは大変ですね。

4.総評
全体的には、それなりに楽しめましたが、やはりラブコメアニメとして見た場合、個人的には駆け引きの無さがちょっと残念でした。
あと、鋭太があんなにモテているのに平然としているところが納得できませんね(笑)
どれだけ恵まれた状況にいるのか分かっているのか! いや、まあそんなにモテても困るんでしょうけど……。

と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
スポンサーサイト
今回は俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎるの第13話『新しい世界への修羅場』の感想です。
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎるはこの回で最終回です。

【あらすじ】
ついに開幕した「ミス・俺デレコンテスト」
千和・姫香・愛衣はそれぞれ、鋭太への想いを懸命に伝える。
そして迎えた真涼のアピールタイム。
ステージに立った真涼は、「自分はコンテストに参加する資格がない」と語りはじめる―――
(公式サイトより)

【感想】
・えー、あー、うん。まあ、何というか、収拾がもうつかねーよ!って感じです。こうなってくると、「ハーレムをつくる!」と言っている某生徒会さんのほうがまだ良さげですね(笑)

・なんだか見てるこっちが恥ずかしいシーンが多かったですねえ。でもリアリティに欠きすぎな気がしないでもないです。

・とりあえずラノベ原作のラブコメは小休止しようかなあ、という感じがしました。個人的に新しい基軸が出てこないとこのジャンルは辛いかも分かりません。好きな人は別ですが。

俺修羅13話
<今回のひとこと>
愛衣「愛衣ちゃんお外走ってくるね!」
あー、行ってしまった(笑)
何回お外走ったんでしょうかね。
まあ、でも彼女はここが面白いんですけどね。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回は俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎるの第12話『謀略の結末は修羅場』の感想です。
※本編や予告では「戦略の結末は修羅場」になっていますが、こちらが正しいようです。公式さんのミスだった模様。

【あらすじ】
いよいよ海に到着した鋭太たちは、早速部活動を開始する。
モテカワ海水浴にモテカワ貝殻拾い、モテカワ砂遊びにモテカワスイカ割りと、海を満喫するメンバー。
しかしそんななか千和・姫香・愛衣の3人は鋭太と真涼の関係への疑いを濃くしていく……。
(公式サイトより)

【感想】
・もはや芝居が限界にきている感じですねえ。演技は本当に難しいと思います。俳優さんたちはすごいです。(あ、これは鋭太と真涼の話です。別に声優さんの話ではないですよ)

・やはりこのストーリー単体で見れば、いい話なんだろうと思いますが、いかんせん恋愛と絡ませているので作品トータルで見たときの軸がぶれている気がします。

・妹がなんやかんやでいいキャラに(笑)まあ、よくある話ですが。

俺修羅12話
<今回のひとこと>
鋭太「動物園のコアラだな」
真涼「誰がコアラのマーチですって?」
鋭太「言ってねーよ。お前ん中チョコ詰まってんのか」

どんな会話だ(笑)
このやり取りは面白かったです。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回は俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎるの第11話『合宿前夜のワクワクは修羅場』の感想です。

【あらすじ】
「さあ教えてよ。本当にキミが好きなのは、どの子だい?」
意味深な言葉を残し眠りに落ちた冴子の隣で、どうやって合宿費を調達するか相談する自演乙のメンバー。
姫香はアルバイトをすることを提案するが、愛衣は風紀委員として反対する。
目を覚ました冴子は、海辺で行われるとある“コンテスト”に参加することで、宿泊場所を提供すると話す。
そのコンテストの内容とは……?!
(公式サイトより)

【感想】
・なんか、みんなはっきりしすぎじゃないですか? ラブコメの醍醐味は出るの?出ないの?というモヤモヤ感だと思うのですが、これはもはや全出しです。鋭太もそれに対してスルーしちゃってますし、終盤に向かってどこに着地させるつもりなのか不安です。

・鋭太もどうしたいのかはっきりしませんね。あのノートが公表されればそりゃ恥ずかしいでしょうが、自分に嘘をついてまで真涼と付き合う理由があるのか。これだけだと理由付けが弱いです。真涼が気になるなら、千和たちとちゃんと向き合わないといけないですよね。

・おばさんはなかなかキーパーソンのようですね。いい感じにアクセントというか、火薬を投入しました。

俺修羅11話
<今回のひとこと>
カオル「僕がうらやましいのは、夏川さんたちのほうだけどね」
え、え!?
カオル君そっちなの~!
最近はBでLなキャラが何か多い気が。ん?そんなにいないか。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回は俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎるの第10話『夏合宿の会議で修羅場』の感想です。

【あらすじ】
愛衣をコーチ役として迎えることで正式な部に昇格した「自らを演出する乙女の会」は夏合宿をすることにし、行き先を話し合う。
海に行ったことのない姫香の希望で、合宿先は海に決定!
翌日、鋭太は千和と水着を買いに行くが、そこに真涼も合流。
火花を散らす千和と真涼に、同じく水着を買いに来ていた姫香と愛衣も加わり、水着選びは修羅場に……!
(公式サイトより)

【感想】
・この回はいまいちハリが無かったですねえ。まあ、サービス回と言えばそうなのかもしれませんが、もう少しストーリー性が欲しかったですね。

・店頭で水着選びに付き合うって相当恥ずかしいですね。恐るべし。

・おばさん、何者!?というか、最近、真涼の方に肩入れしちゃいますね。

俺修羅10話
<今回のひとこと>
愛衣「冬は、冬は来ないの?」
鋭太「来ねーよ」

ここはちゃんと制裁が下るんですね(笑)
まあ、水着を通り越してウェディングドレス着てましたからね。
仕方ないか。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。