今回はリトルバスターズ!の第26話『最高の仲間たち』の感想です。
この回でリトルバスターズ!は最終回です。

【あらすじ】
初試合の前日、恭介はリトルバスターズのリーダーを降り、理樹に全てを任せると言い出す。
だが、突然のリーダー就任に戸惑う理樹にはチームをまとめるのは困難だった。
「恭介の後についていくと、いつも楽しいことが待っていた」と、理樹は幼い頃のことを思い返す。
そして、ずっと恭介の背中に守られてきた自分にはリーダーは務まらないのではないかと思い悩むのだった。
恭介は「いつまでも俺を頼っちゃいけないんだ」と理樹を励ますのだが……。
(公式サイトより)

【感想】
・長丁場の戦いが終わりました~(笑)リトバスも最終回で、冬アニメの感想も事実上終わりです。全体感想がまだ残っていますが。26話はなかなか辛いです。

・恭介は保護者ですね。理樹を育てています。まあ、頼りっぱなしではいけませんよね。頼られる存在になりたいものです。

・野球は超人が何人かいるので、いい勝負してましたね(笑)鈴はやはり野球のクラブチームにでも入った方が……。そして謙吾が壊れた!!

リトバス26話
<今回のひとこと>
クド「理樹はみんなを助けます。だから、みんなが理樹を支えます。理樹はそんな優しいリーダーさんなのです」
来ヶ谷「そうだ。その優しさが君の強さだ。少年は何も気づいていないのだな。君の優しさが、みんなを一つにしてきたんだ。そのままの君をみんなが信頼しているということだ」

リーダーというのは、ただ声が大きく、行動力があればいいということではありません。
やはり、みんなに信頼してもらえなければ、リーダーたる資格が無いのです。
信頼が無いということは、その人が困っていても誰も助けてはくれないでしょう。
もちろん行動力があるリーダーもいます。しかし、また一方で、行動力は高くなくても、チームプレーを上手く回すことができる人物もいるはずです。
そして、その両者に共通するのは「信頼してもらえるか」なのだと思います。
リーダーにはならずとも、信頼される人間でいたいものです。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はリトルバスターズ!の第25話『最後のひとり』の感想です。

【あらすじ】
野球チーム・リトルバスターズとしての初試合が決まった。
まだメンバーはマネージャーの美魚を除いて8人しかいなかったが、恭介にはアテがあるらしく、心配はいらないと言う。
一方、メンバーとは距離を置き、ひとりで剣道の大会に備えていた謙吾だったが、
弓道部の天才少女と呼ばれた古式みゆきと何やら深刻そうな話をしているのを理樹たちに目撃される。
古式はある理由で謙吾に相談をしていたと言うのだが……。
(公式サイトより)

【感想】
・恭介は世界の秘密を知っている? いや、むしろ理樹だけが忘れているという可能性もありますね。いずれにせよ、少なくとももう一度同じ状況に身を置かれるという現象がおきていることは確かです。

・スポーツに打ち込む人にはありがちですね。とくに優秀な人ほど、怪我などでそれを奪われると社会からドロップアウトしてしまうことが多いようです。視野は広く持っておかなければいけません。

・古式さんはあれですね、某中二病の……え、言うと思った? すいません。

リトバス25話
<今回のひとこと>
理樹「真人には何か深い考えがあるんだよ。詮索しないであげて」
真人「■○%&#! 単なる数え間違いだよ! すみませんでした~!」

フォローが逆に人を追い込むという(笑)
というかこんなシーン前もありましたよね?


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はリトルバスターズ!の第24話『鈴ちゃんが幸せならわたしも幸せだから』の感想です。

【あらすじ】
人見知りだった鈴も、小毬のおかげでだいぶ変わってきていた。
そんな鈴にまた猫のレノンが手紙を運んでくる。今度の指令は「人形劇をせよ」というもの。
そしてその指令の通りに、鈴は成り行きで子どもたちのために人形劇をやることになってしまう。
童話作りが得意な小毬が協力してくれることになったが、理樹は小毬が作った「八人のこびと」の話が心に引っかかっていた。
鈴は小毬といっしょにペンギンや星のぬいぐるみを作り、夜通しがんばるのだった。
(公式サイトより)

【感想】
・ふーむ、どうにも世界の秘密のヒントが結構出てきているような感じですね。記憶が混在しているということは、パラレルワールドかはたまた時の移動か。明かされるのは2期でしょうが。

・西園さん……すごい(笑)スーパー演技力をお持ちでいらっしゃった!

・えらい悲しい童話ですねえ「八人のこびと」。童話って楽しいイメージがありますが、結構真理をつくようなお話もありますよね。オブラートに包んでいるようで包んでいないのが童話かもしれません。

リトバス24話
<今回のひとこと>
恭介「ほー、人形劇か。そいつはいい。実は俺もやりたいと思っていたところだ。野球に明け暮れる青春もいいが、たまには人形劇をしようじゃないか!」
いやいや。
すごいようでテキトーというこの恭介のキャラは何なんですか(笑)
そして葉留佳はいつまで固まっているんだw


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はリトルバスターズ!の第23話『あなたの大切なもののために』の感想です。

【あらすじ】
クドの母国テヴアのニュースに耳をそばだてるのが理樹たちの日課になっていた。
だが、聞こえてくるのは悪いニュースばかり。
テヴアの空と海は変わらずに美しいのに、地上では悲惨な光景が繰り広げられていた。
理樹はクドに間違った選択をさせてしまったのではないかと後悔する。
クドが大事にしていたロケットの部品をお守り代わりに願いをかける理樹。
理樹の想いは、そしてクドの想いは遠い空を越えて届くのだろうか。
(公式サイトより)

【感想】
・ちょっとスリリングな展開もありましたねえ。まあ、謎の超常現象でくぐり抜けましたが。ああいう場合、反政府勢力は殺すか人質にするかってところだと思いますが、いったいどうするつもりだったのか。しかも見張りいなくなっちゃうというね(笑)戦場のアニメではないので良しとしますか。

・全体的に言えば、うまくまとめていたと思いますが、クドとリトルバスターズの面々というストーリーにどちらかと言えばウェイトがおかれていて、クド×母親の話がやや薄かったように思います。まあ、でも限られた尺があることを考えると、制作サイドの判断は責められないとは思います。

・クドの野球センスはすごいですね(笑)私なんかよりは全然クドのほうがうまいです。

リトルバスターズ!23話
<今回のひとこと>
佳奈多「Ни пука, ни перо.(ニ・プーカ ニ・ペーラ)『毛も無く、羽も無く。羽をむしられて、身一つで地獄へ行け』という意味よ」
ほう、ロシア語は面白い言い方をしますね。
ただ、色々調べると実際には作中で言っている解釈ではないようで、元は猟師に向けて「いっぱい獲物が捕れますように=幸運を祈る!」という意味でつかわれていたようです。
これは中でも言っていましたが、ロシアでは直に願い事を言うと叶わないという迷信があるようで、逆をあえて言うようです。
つまり、
「毛も無く、羽も無いといいね
=獣や鳥が捕れなければいいのに
=獣や鳥がたくさん捕れますように
=幸運を祈る!」
ですね。
以上、ロシア語の時間でございました。

≪参考サイト≫
-"リトルバスターズ!"作中のロシア語-
リトルバスターズ!(まとめ)@ ウィキ

と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はリトルバスターズ!の第22話『わたし、必ず戻ってきます』の感想です。

【あらすじ】
テレビのニュースはクドの母国テヴアからの映像を伝えていた。
悪化していくテヴアの状況に理樹たちは呆然。
ショックで倒れてしまったクドは目を覚ますと「全部、思いだしました……!」とつぶやく。
大使館からクドが帰国するための航空券が届けられたものの、彼女は故郷にいる母に会いたいがテヴアには帰れないと言う。
「だってわたしは、ここへ……日本へ逃げてきたのですから……」。
危険を冒してでも帰るべきか仲間の元に残るべきか、クドは葛藤する。
(公式サイトより)

【感想】
・クドの過去が出た回でした。近しい人間が何か「すごい」存在だと、プレッシャーになってしまうというのは確かにそうなんだろうなあと思います。また、「できる」人間は「できない」人間のことが分からないんですよね。悲しいことに。

・思い出した? 記憶喪失にでもなってたんですかね。この辺は??です。

・命が危ないとは何事!? 次回に期待です。

リトルバスターズ!22話
<今回のひとこと>
理樹「自分の出来ることを探せばいい」
以前、AKBのプロデューサーの秋元さんが新聞で、「壁は乗り越えるのではなく、壁の隙間を探せ」というようなことを言っていました。
これはなかなか当を得た発言だと思います。
一般に「試練は乗り越えろ」と言われますが、ゴールにたどり着く方法はそれだけじゃないのかもしれません。
その試練をうまく回避する方法を知恵を絞って出せればいいんだろうと思います。
正解は1つではないのです。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。