上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は『さくら荘のペットな彼女』の全体感想です。

さくら荘のペットな彼女キー
1.ラブコメと言っていいものか
(原作未読なので悪しからず)
この作品は一応、ラブコメという扱いをされている(販売では)と思いますが、実際には恋愛よりも青春群像劇と言った方がしっくりくる感じでした。
それぞれのキャラの夢や将来への歩みがストーリーの柱で、そのストーリー展開上の1つのツールとして恋愛というものを使ったと個人的には解釈しています。

また、タイトルは「さくら荘のペットな彼女」であり、基本的にはましろが中心になると思っていましたが、実際はそれは序盤だけという感じでした。当初はラノベっぽい作品だと思っていましたが、中盤から後半へかけては印象が変わりました。(まあ、こう考えるとタイトルがこれでいいのかという気がしないでもないですが)

個人的にはコメディが好きなので、当初の雰囲気が好きでしたが、正面から青春ものを描く作品はあまりないので、作品化したことは高く評価されるべきだと思っています。

2.心理描写
上述したように「青春」という要素が強く出ていた作品だったので、感情の高ぶりや困惑などのシーンも多かったわけですが、尺に収めるという条件があるので難しいとは思うものの、心理描写の描き方があまりうまくいっていなかったような気がします

なんと言えばいいのか…まあ、ジェットコースターと言ったら言い過ぎかもしれませんが、それくらい感情の起伏が激しかったと思います(特に空太。他のキャラはそんなに違和感なく見ることが出来ました)。確かに現実世界ではそういうこともありますが、やはり作品である以上、丁寧な心理描写をしてほしかったです。

作品が群像的であったことも1つポイントです。空太中心の視点というよりは、色々なキャラクターに平等にスポットを当てているような進め方だったので、感情移入が分散してしまうところがあったかと思います。それゆえ心理描写の浅さが目立ったのではないでしょうか。
後半の最初のほうの回で空太がましろに強くあたるシーンがありましたが、比較的ましろに感情移入していた私は空太の態度にイラっとしました。空太に成長の跡が見られないと感じたからです。空太1人にフォーカスしていないがゆえになのかな、と思います。

3.キャラクターの個性
キャラは個性的でありながら、現実にいるのかもしれないと思える悩みや葛藤を抱えているキャラクターが多く良かったと思います

特に青山さんと美咲先輩は中~終盤にかけてすごく存在感がありました。美咲先輩に関してはもとの性格と恋愛に対する姿勢のギャップがよく描けていたと思います。青山さんは結局告白等はせず終わってしまいましたが、青山さんにスポットを当てたストーリー展開だったなら、切ないながらもいい恋愛話になった気がします。

逆に、ましろは序盤こそ「一人じゃパンツも履けない」といったような天才な変人という描かれ方をしていて非常にインパクトのあるキャラでしたが、話が進むにつれて普通のキャラに近くなっていくプロセスの中で印象が薄くなってしまったと思います。
空太とましろがくっつく(?)みたいな展開になりましたが、そうなった動機がいまいち分かりません。恋愛という側面で見れば、ここもやはり描写が不足していたと思います。

4.総評
全体的に見れば、素材を上手く料理しきれなかった感じが残りました。2クールという長さを使いながらも、各エピソードの話に終始してしまい、作品全体を貫く流れと細かい心理を描き切れていなかったと思います。

ただ、テーマとしてはあまり無いタイプで、作品の存在自体はとても面白いものだと思います。
仮に2期があるのなら、もっとじっくり描いて映像化してもいいのではないでしょうか

5.蛇足長いので追記します。興味の無い方は華麗にスルーしてください(笑)この作品で起こったとある事件についての個人的な見解です

と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。

スポンサーサイト
今回はさくら荘のペットな彼女の第24話『さくら荘へようこそ』の感想です。
さくら荘のペットな彼女はこの回で最終回です。

【あらすじ】
千尋に別れの挨拶をし、美咲の車でさくら荘をあとにする一同。
イギリスへ帰国するリタ、大阪の大学に向かう仁、声優という夢を追い続けるために両親を説得しに里帰りをする七海、引越しの準備のため一旦実家に帰るという美咲、そして外で打ち合わせがあるとその場を去る龍之介。
それぞれを見送った空太とましろは、さくら荘へと帰る。
そして誰もいなくなったさくら荘で2人は…。
(公式サイトより)

【感想】
・まあ、それぞれが次のステージへという感じの終わり方でしたねえ。王道の群像劇らしい終わり方だったと思います。

・新入生が来ましたが、今年もまた変人がという感じですかね(笑)というか、受験番号間違うってどんだけ~。

・婚姻届出しちゃったよ…。いいのか? まあ、いずれすると思われるのでいいかもしれませんが。

さくら荘のペットな彼女24話
<今回のひとこと>
ましろ「これから先の予約」
なんか、一応、恋愛に決着はついたんですかね。
これといったシーンも無く、流れで~という感じでしたが。
ラブコメがこれでいいのかという気もします。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はさくら荘のペットな彼女の第23話『卒業式』の感想です。

【あらすじ】
空太たちは卒業式に出席するため、急ぎ学校へと向かう。
遅刻しながらもこっそりと在校生の最後列に潜り込む一同。
新生徒会長の送辞も終わり、卒業生代表の答辞が始まる。
しかしなぜか元生徒会長の舘林ではなく、美咲が壇上に現れ会場にどよめきが起こる。
美咲はそれを意に介さず、3年間の想いをこめて堂々と答辞を読み始める。
(公式サイトより)

【感想】
・なかなかすごい卒業式になりましたねえ。さくら荘らしいやり方でした。超法規的やり方もこの世にはあるということですね。

・答辞というと一般的にはある程度決まり文句を入れて、かつ先生のチェックが入るので、実際たいして面白いものではありませんが、こういうオリジナリティのある言葉はいいですね。自分で考え、自分の想いを発信するときの言葉は強いですし、惹かれるものです。

・内容としては実質最終回ですかねえ。長いレースも終盤です。

さくら荘のペットな彼女23話
<今回のひとこと>
「♪今日の日はさようなら また会う日まで」
特にことばがあるわけではないのですが、なんだか懐かしかったので。
小学校や中学校で歌う合唱曲ってけっこういい曲ありますよね。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はさくら荘のペットな彼女の第22話『きらめく日々を駆け抜けろ』の感想です。

【あらすじ】
美咲と仁の卒業式を迎えたさくら荘。空太はましろを起こそうと部屋に行くが姿が無い。
さくら荘中を探すもいっこうに見つからないましろ。すると千尋が今朝方一人でさくら荘から出て行ったことを伝える。
その事実に責任を感じる空太をよそに、龍之介とメイドちゃんがGPSでましろの居場所を突き止める。
しかしそこにもましろの姿はなく、代わりにさくら荘の面々が描かれた絵画だけが残されていた…。
(公式サイトより)

【感想】
・まあ、さくら荘がどうなるかは置いておいて、空太とましろの不自然な関わり方は解消されましたね。一通り、空太とましろと七海の恋愛模様に決着がついたということでしょうか。

・これ、原作の鴨志田先生が脚本書いたんですね。まあ、原作者の方が関わるのがクオリティの面では一番いいと思いますが、中途回で入れてもという感じもします。

・さて最終回へ向けラストスパートといったところでしょうから、どこに物語を帰結させるのか楽しみにしたいと思います。

さくら荘のペットな彼女22話
<今回のひとこと>
ましろ「ずっとさくら荘にいるわ」
はい、よかったね!
あんまりもろネタばれは書かないようにしていますが、今回は書いてます。すいませんm(__)m


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はさくら荘のペットな彼女の第21話『誰のせいでもなく雨は降る』の感想です。

【あらすじ】
遂に署名活動の期日を迎える。テスト中にもかかわらず署名の集計をしてしまう空太だったが、ふと七海の方に目を向けると、そこにはまっすぐ前を見つめたまま涙を流す七海がいた。
何事かと教室内がざわつく中、すぐに空太は七海を保健室へと連れて行く。
大丈夫だという言葉に後ろ髪を引かれつつ七海をおいて教室へと戻る空太。
そこに和希から電話があり、タイトル審査会の結果を告げられる…。
(公式サイトより)

【感想】
・タイトルはよく考えられていますねえ。確かに雨は誰かのせいで降るものではありません。イベント時に降られたらなかなかの理不尽っぷりです。

・感情を素直に吐き出せるのはいいことですね。というか、吐き出せる人や環境があるということが重要です。見境なく吐き出せばいいというものではありませんしね。でもこんなシーン、前にも見たような?

・ましろがああいう行動をとるのは当然の帰結ですね。まあ、また空太が遠因のような気がしますが。空太のほうから何か壁を作ってる気がしてなりません。

さくら荘のペットな彼女21話
<今回のひとこと>
空太「どんなに努力したって報われないんだ」
努力したら報われるというのは、少し考えが浅いのかもしれません。
目標達成のための努力は絶対的な前提です。努力しないで目標を達成しようとする人間なんてほとんどいないでしょう。だけれども、努力は目標達成を保証はしてくれないわけです。

「それは頑張らなければ得られないが、それが得られる保証は無い」。
ある意味馬鹿げていますが、普遍的な原理ですね。
言うなれば、マラソンのスタートラインに立つのが努力なわけです。完走や優勝できるかは走ってみないと分かりません。世の中全体からみれば、スタートラインに立つための努力なんてかなり小さい話なのかもしれませんね。
これをどうとらえるかは人それぞれだと思います。

頑張るなんてアホらしいから、努力をやめる。
いつかそれを得るために努力を続ける。

どちらもまっとうな考えだと思います。
よく言う「あきらめなければ夢はかなう」というのは、後者でかつそれを得た人が使う言葉です。
別に間違ってはいませんが、保証は無いんだよということを聞く方が理解していないといけません。
まあ、でも、人生を豊かにというか面白くするには、頑張らないといけないんだろうなあ、と思います。
平坦なひたすらレールのしかれた道を行くよりも、少し踏み外してるぐらいのほうが、人間らしいのかもしれません。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。