今回はひだまりスケッチ×ハニカムの全体感想です。

ひだまりスケッチキー 

【全体感想】
1.安心、安定の作品
さすがに4期なので、もはや作風は固定です。
だからといって飽きないのがひだまりスケッチという作品の魅力だと思います。

作り手としては、一定のパターンを作ってしまったほうが楽なんですが、この作品はあまりパターンは無くて、それぞれが個性を発揮しながら物語が展開します。これが飽きさせない要因だと思います。これはアニメ制作サイドのみならず、原作の蒼樹先生のすごさです。

数ある日常系の中でも、三本の指に入る作品ではないでしょうか。

2.悩むキャラクターたち
みんながそれぞれ、当たり前の日常の中で、私たちと同じようなところで悩むというのもこの作品の特徴です。

3年のヒロは、進路に対し、かなり悩みました。紗英は比較的早い段階で決めていましたが、美大か文系かでの迷いがありましたね。私なんかは実はあまり深く考えていなかったので(史学か社会学とわりかし早く決めていた)、二人ほど悩みませんでしたが、実際の受験生で同じように悩んでいる人はいるかもしれません。そういう人にとってはすごく感情移入しやすいと思います。

ゆのもよく考えてますねえ。将来のことちゃんと決めないと、と思っている時点ですでにリードです。私も含めた学生は、先のことに対し漠然とした不安を覚えながら日々過ごしているので、やっぱり共感できますね。

まあ、宮ちゃんは思考がシンプルなので、あんまり悩まなさそうですけど(笑)

3.サブキャラ
主要の6人以外にも、多くのサブキャラクターが登場します。

もはや準レギュラーの吉野屋先生を筆頭に、クセの強いキャラが軒を連ねていますね。それぞれが何かしら各キャラクターに影響を与えていたり、ストーリーのアクセントになっているので、これも飽きない理由の一つかもしれません。

それにしても沢城さんと福圓さんは2役出演で大車輪の活躍ですね(笑)
2人とも演技が上手なので、聞いていて感心してしまいます。特に沢城さんの声はたまりませんね。

4.総評
最初に書いたとおり安心して見ることのできる作品でした。毎期終わってしまうのが寂しいです。
3期から登場の乃莉となずなもすっかり馴染んで、きちんとストーリーに絡んでいたので、よかったと思います。
シャフトらしい(というか、新房監督らしい?)変わった演出も健在でした。
できることなら5期も見たいけど……厳しいかなあ。

5.蛇足
最終回のあと、次番組の「ささみさん@がんばらない」のCMが流れたんですが、主人公鎖々美役がゆの役の阿澄さんだったので、声のギャップにやられました。
いぇすっ! アスミス!!

と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はひだまりスケッチ×ハニカムの第12話『12月31日~1月1日 ゆく年くる年』の感想です。
この回で「ひだまりスケッチ×ハニカム」は最終回です。

【あらすじ】
今年はみんな揃ってひだまり荘で年越しをすることに。
なずなは大晦日だというのに、まだ年賀状を書いていた。
ゆのは宮子、乃莉と一緒にこたつでぬくぬく。
それから、宮子の提案で完成した年賀状を出しに行くついでに、銭湯へ。
夕方になって、講習を終えた沙英、ヒロも加わり、6人で年越しそばを食べてから、初詣へ向かう。
ゆのはあることを絵馬に書こうと決めているようで――?
(執筆管理人。公式参考)

【感想】
・「最終回」「12月下旬の放送」「受験」という3つのキーワードが見事に合わさり、見ている私たちが感情移入がしやすい、いいエピソードだったと思います。ひだまりスケッチらしい終わり方でした。

・年賀状……まだ書いてないですねえ。昨年は出さなかったので、今年は出そうかと思ってるんですが、その前にまず住所聞かないと(笑)

・我が家では年越しそばは毎年なぜか「どん○衛」か「○のたぬき」です。まあ、美味しいからいいんですけど。年末の行事なんかは面倒なのでつい省略しちゃったりしますよねえ。大事にしたいとは思うのですが……。

・ゆの父の娘の溺愛ぶりが半端ないですね(笑)子供が異性だと反応が違うんですかね。うちは男兄弟なのでよくわかりませんが。

ひだまりスケッチ12話
<今回のひとこと>
吉野屋先生「3年生の皆さん! 女子高生でいられるのも残りわずかです。悔いのないように過ごしてくださいね!」
なんか吉野屋先生が言うと、別の意味に聞こえますね(笑)

と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はひだまりスケッチ×ハニカムの第11話『12月22日 お姉ちゃんだったのですね・12月21日~24日 うろおぼえうた』の感想です。

【あらすじ】
<12月22日>
吉野屋先生の部屋の美術書が増えすぎたため、一部をやまぶき高校に寄贈することに。ゆのたちはそれを運ぶのを手伝うことになった。
しかし、想像を超えた量の本……。
これは分類するだけでも大変だと話していると、なんとその本の山にゆのたちの入学直後のデッサンが紛れ込んでいるという!
人に見られたくない一心で、整理にも力が入る!

<12月21日~24日>
夏目は冬休みも近いある日、沙英からクリスマスパーティーに誘われる。
ひだまり荘に行ってみたいと言っていたのを紗英が覚えていたのだ。
気になる紗英から誘われ、緊張する夏目。
さて、どうなる?
(ともに執筆管理人。公式参考)

【感想】
・夏目さんいいですねえ(笑)ニヤニヤしますね。

・吉野屋先生の弟が初登場。先生ひとはいいんですけど、どこかおかしいんですよね。まあ、でも愛されるキャラでしょうね。

・ゆのが実はオンチでしたね。でも、一人だと思って歌ってたら、実は人がいたとかはものすっごい恥ずかしいですね。

ひだまりスケッチ11話
<今回のひとこと>
紗英「どうだった? ひだまり荘」
夏目「にぎやかで、すごく楽しかった。想像したことはあったけど、本当にあんな感じなのね。まるで、『夜明けの僕ら』の雰囲気そのままで」
紗英「うぇっ!? それ、わたしが去年書いた短編の?」
夏目(しまった!)

今回で一番にやけたシーンですね。
しまった!の言い方が面白かったです。
福圓さんナイスです!


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。

今回はひだまりスケッチ×ハニカムの第10話『12月2日 学べる雪合戦・12月15日 ひだまり応援団』の感想です。

昨日の衆院選の結果で若干、いや結構沈んでましたが、とりあえず復活します~。

【あらすじ】
<12月2日>
朝起きると、外は一面真っ白。
ゆのが学校で「帰ったら雪合戦して遊ぼうね」と宮子と話していたところ、校長先生に試験前ですよと怒られる。
ゆのはとっさに「『学べる雪合戦』をするので!!」と言ってしまう。
『学べる雪合戦』とはなんなのだろうか。

<12月15日>
紗英の妹である智花がひだまり荘にやってくる。
紗英は「急だよ」と文句を言うのだが、智花は何やら両親からの伝言を預かっているらしい。
それだけでくるほど智花は簡単ではなさそうだが……?
(ともに執筆管理人。公式参考)

【感想】
・まあー、いつも通りでしたね(笑)紗英と智花の話はちょっと深い話でしたが。

・雪合戦と一問一答を混ぜてみたら面白いかもしれませんが、その材料となる雪がそもそも降りません……。年に1回降るか降らないか、ですねえ。1度でいいので雪合戦がしてみたい!

・受験勉強ってしんどいといえばしんどいですが、勉強だけしてればいいので、楽という側面もありますね。私はそんなに勉強嫌いの性格ではないので、今考えると楽だったな、と思います。将来のこととか、お金のこと気にしなくてよかったですから。

ひだまりスケッチ10話
<今回のひとこと>
紗英「ね、寒くない?」
智花「うん」
紗英「足、くっつけて寝ていいからね」
智花「うん。……お姉ちゃん、ひだまり荘に来て良かったね」
紗英「……うん」
智花「おやすみ」
紗英「おやすみ」

姉妹のほっこりする会話です。
姉妹だと同じ布団もありかあ、などと思いました。個人の好き嫌いもあるのでしょうが。
私は弟がいますが、兄弟で同じ布団は嫌ですね(笑)
むさくるしいことこの上ないです。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はひだまりスケッチ×ハニカムの第9話『11月10日 ほほえみがえし』の感想です。

【あらすじ】
休日に、大家さんがデパートのくじで当たった「人生体験ゲーム」を持ってくる。
ひだまり荘の面々+大家さんで遊ぶことになったのだが、どうせならということで、マスをひだまり荘版に改造することにする。
イベントはもちろん職業も変更。「デザイナー」に「イラストレーター」、「画家」さらには「ベストセラー作家」、「美術教師」などひだまり荘らしい商業が並ぶ中、宮子だけは「総理大臣」を作る。
ふと、全員で工作するのは看板以来だったことに気づいて、懐かしい気分に浸るのだった。
(執筆管理人。公式参考)

【感想】
・人生体験ゲームってほぼそのままじゃないですか(笑)たまにやると面白いですけどねえ。

・前回のときには文化祭実行委員だった沢城さんが、今回は大家さんに。まあ、大家さんは前からですが。さすがの演技力ですね。沢城さんの声はとても魅力的です。なんかアニメなのにリアルな感じが出てます。

・吉野屋先生の扱い(笑)見舞金ですからね。まあ、傍目痛いですが、本人楽しそうだからいいのかな?

ひだまりスケッチ9話
<今回のひとこと>
乃莉「総理~、もっと雇用を増やしてくださいよ~」
なずな「そ、そんなこと言われても……」

確かに人生ゲームでフリーターになったらちょっとショックですねえ。
ゲームくらい裕福にさせてくれ、みたいな。
(※ここで政治ネタを投入(笑)追記に書きました。ひだまりスケッチの雰囲気ぶち壊しなので、「見たくないわっ」という方は全然スルーしてくれていいです)


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。