上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は神様はじめましたの全体感想です。

神様はじめましたキー 
【全体感想】
1.王道系の作品
この作品も「となりの怪物くん」と同じく少女漫画雑誌に掲載されている漫画が原作です。

こちらは「となりの怪物くん」とは違い、少女漫画らしい演出も多く、慣れるまでは結構違和感がありました。まあ、慣れてしまえばこっちのもので、面白く見ることができましたが。男性視聴者はちょっと厳しかったかもしれません。

展開としては比較的王道の作品だと思います。イケメンがいっぱいです(笑)
いや、イケメンというよりは、色気があると言ったほうが的を射ているかもしれません。
くさめのセリフもそれなりにありましたしねえ。
あと、神使の契約と称した××が多かったですね。(別に18禁ワードとかじゃないですよ(笑))

2.日本人の宗教観
多分そんなに主題じゃないと思うんですが、こんなに神様がいっぱい出てきて、しかも一般の女子高生が「ある日突然神様になっちゃいました」なんて作品は、日本でしか出来ない所業だと思います。

日本は基本無宗教ですが、生活習慣や基本倫理観として、仏教と神道が根付いています。
なんでもかんでも手合わせますからね(笑)

仏教はともかく、日本で神様というと、神道における神ということになります。神道は自然のあらゆるものには神が宿っていると考える多神教です。よって、登場キャラクターを神にするのも容易なわけです。一神教、例えばキリスト教じゃ絶対無理ですからね。(別に優劣を言っているわけではないです。客観的な話です)

こう考えると、こういうジャンル(神×人)は日本ならでは、と言えるでしょう。

3.結局ミカゲって?
最後までミカゲは謎キャラクターでした。
最終回を見ると、ある程度推測はつきますが、それにしても真意がわからないキャラクターです。

なぜ突然ミカゲ社を出て行ったのか。
奈々生になぜ土地神を任せたのか。
任せておきながら試験をするのはどういうことなのか。
巴衛をどう考えているのか。

などなど、疑問が大量に残ってしまいました。

原作で解決しているのかは分かりませんが、もう少しすっきりさせて終わって欲しかったです
いや、もしやこれは2期への伏線なのか……?

4.総評
全体的には面白く見させていただきました。
奈々生が純粋すぎるほど純粋で、巴衛は立花さんの声も含め、かっこよかったです。
こういうまっすぐなアニメもいいなあ、と思いました。

と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
スポンサーサイト
今回は神様はじめましたの第13話『神様はじめました』の感想です。
この回で神様はじめましたは最終回です。

【あらすじ】
ミカゲ社に蔓延る瘴気を払うことができず、土地神としての自信をなくした奈々生は、ミカゲ社を出ていってしまう。巴衛と瑞希が街中を必死に捜すも見つからない。そのころ奈々生はもう一度、瘴気を払うことを決心しミカゲ社へ。しかし、どんどん瘴気が濃くなっており、木々は枯れ、まるで廃神社のようになってしまったミカゲ社。奈々生は土地を清めるため、巴衛から教わった神楽の舞を踊る。
(公式サイトより)

【感想】
・実に最終回らしいいい終わり方だったと思います。大団円って感じでしたねえ。

・結局ミカゲは何がしたかったんでしょうか。あの相方(おじさんおばさんおじさん(笑))もよく分かりませんでしたしねえ。

・瑞希は笛吹けるようになったんでしょうか。直前まで音すら出てませんでしたが(笑)

神様はじめました13話
<今回のひとこと>
奈々生「やる。やってみる。出来ないかもしれない。出来ないかもしれないけど、出来るとしたら、それはわたしだけにしか出来ないんだから~!」
日本はチャレンジしろという割に一度失敗すると這い上がるのが非常に難しい国です。
だけれども昨今、チャレンジしない道を歩んだとしても、それで順風満帆に人生が過ごせるわけじゃないという現象が出てきました。
私は、どうせそうなるなら、チャレンジをした上で失敗してボロボロになる道を選びたいと思います(いやもちえろんボロボロにならないように策は講じるつもりですが)。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回は神様はじめましたの第12話『奈々生、神様をやめる』の感想です。

【あらすじ】
今日も参拝者ゼロのミカゲ社。実は近くの住人から「お化け神社」「廃神社」と呼ばれ、敬遠されていた。そのことを知った奈々生は、なんとか人に来てもらおうと、ミカゲ社で祭を企画する。巴衛は奈々生では祭事は荷が重いと反対するが、奈々生が自分のために参拝者を増やしたいと考えていることを知り協力をすることに。祭では奈々生が神楽舞を踊ることになり、巴衛の厳しい指導のもと必死で練習する奈々生であったが…
(公式サイトより)

【感想】
・「人と神」というこの作品の1つのテーマに沿った話かなという感じですね。最終回へ向けぴったりなお話かと。

・お祭りというのは奈々生らしい発想ですねえ。本来、祭りは「祀り」だと思われるので、正しいですけど。まあ、私は無宗教ですし、たいして信心深く無いので、屋台で食べ物食べるくらいしか考えないのですが(笑)

・あーあ。巴衛がまたドライな言葉を。どうするんでしょう。

神様はじめました12話
<今回のひとこと>
奈々生「わたし、必要とされてない……」
人間が一番辛いのは、誰からも必要とされていないと感じる時です。
「あなたじゃなきゃ、だめなんだ」と言われるのは逆にものすごい嬉しいですけどね。
派遣社員やアルバイトは「お前の代わりなんざ、いくらでもいるんだよ」と暗に言われながら仕事をするので(全部とは言いませんが、大多数はそうかと。特に単純労働)、やりがいもへったくれもありません。
逆にここを満たせれば、人間すごい力を発揮すると思います。モチベーションって大事ですよねえ。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回は神様はじめましたの第11話『神使、街にでかける』の感想です。

【あらすじ】
奈々生と巴衛は学校に行き、社で留守番中の瑞希は、その不公平さを感じていた。瑞希はテレビに映ったアイドルの鞍馬を見て、人間社会に溶け込む妖術を学ぼうと、鞍馬に会いに街にでかける。人間に慣れていない瑞希は途中、キャッチセールスで高額なシールを買わされたり、怖い人にからまれたり、タクシーを無賃で乗ってしまったりとトラブルをおこす。偶然通りかかった鞍馬に助けられ、一緒に番組の打ち上げに参加するが…
(公式サイトより)

【感想】
・うーん、ここに来てストーリー展開がやや停滞という感じですね。まあ、軸になるストーリーがもともとそんなに太い作品ではないのでしょうがないかなあ、という気もしますが。

・いきなり宗教勧誘につかまるとは運の悪い(笑)でも私も断るの苦手なんで、ちょっと怖いですね。前も横浜の某駅で某宗教の始祖の本を無理やり渡されたことがありました……。いらないと言っているのに。

・観覧車か……。2、3回しか乗ったことありませんが、家族としか乗ったことないですねえ……。誰か乗る人いませんか(笑)

神様はじめました11話
<今回のひとこと>
奈々生「そのかんざしは~」
巴衛「……行くか、遊園地」

奈々生的には結果オーライですかね(笑)
巴衛も奈々生に対する態度が慣れたものになってきましたねえ。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回は神様はじめましたの第10話『巴衛、神使になる・神様、合コンにいく』の感想です。

【あらすじ】
今より数百年前――。神堕ちと契約し、その契約が果たせなかったため呪を受け瀕死状態にあった巴衛は、土地神・ミカゲと出会う。ミカゲはその呪いの進行を止めるため、巴衛に忘却の暗示をかけ過去を忘れさせた。その後、回復した巴衛はミカゲの神使となったが、社の外では傍若無人な振る舞いでミカゲを困らせていた。神使であることに迷いを感じていた巴衛であったが、次第にミカゲを慕うようになっていく。
(公式サイトより)

【感想】
・完全な回想話とわかりやすい恋愛話という2本立てでした。どちらも本筋から大きく外れた話ではななかったので、補完としてはよかったんじゃないかと思います。

・この過去話を見ると、余計にミカゲの意図が分からないですねえ。なぜ出ていったんでしょう。

・彼氏募集中って奈々生一言も言ってないですよね(笑)そもそも失恋してないよね。

神様はじめました10話
<今回のひとこと>
ミカゲ「ん、どうしたの?」
巴衛「さっき人間に触られた」
ミカゲ「僕はお手拭きじゃないよ」

怒られながらもマイペースです。
面白いシーンでした。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。