上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はとなりの怪物くんの全体感想です。

となりの怪物くんキー
【全体感想】
1.少女漫画らしいラブコメ
この作品は少女漫画雑誌に連載されている漫画が原作なので、私としては初めてに近いジャンルだったこともあり、少し心配しておりました。

しかし、話の筋も王道ですし、キャラクターの性格もそれぞれ個性があって、面白かったです

とはいえ、私が親しんできた少年漫画系ラブコメやラノベのラブコメと違い、お色気シーンが皆無に近いというのはやはり少女漫画らしいな、と思いました。

徹底的に心理面での恋愛を描いていて、くっついたり離れたり、悩んだりはげましたりをするというのはあまり少年漫画系では見られません。やっぱり少年漫画は読者層がちょっとエッチなシーン好きなんですよね(笑)

まあ、一般に恋愛面でも「男性は視覚から、女性は精神面から」と言いますから、そのへんが影響しているのかな、と思いました。男性視聴者にとっては少し新鮮なラブコメ作品だったかもしれません。

2.極端なキャラクター性
キャラクターの設定が上手だなあ、と思いました。

普通、物語を構築する場合、多層的なキャラクター像を作ろうとします(それが良しとされることが多いです)。ただ、この作品の場合、最初はそれぞれかなり一面的な性格をしています(ササヤンは常識キャラなので普通でしたけどね(笑))。

それが恋愛や友人関係を通して、多層的になっていく様を描いたところがストーリーの展開の軸になっていたと思います。例えば、雫は最初「勉強一辺倒」だったわけですが、春との絡みや夏目さん、ササヤンなどとの関係によってそれ以外の部分も考えるようになっていきました。こういうところが青春系作品のポイントでもあり、この作品のミソのような気がします。

3.終わり方が……
ちょっと残念だったのは最終回の終わり方でしょうか。

あまり物語に起伏のある作品ではないですし、原作が継続中なので難しかったのでしょうが、もう少しキリのいい終わり方をしても良かったのではないか、と思います。

最終回の割には少し淡々としすぎていたような感じがします。

4.総評
全体的にはいい評価が得られる作品だったのではないでしょうか。

変な先入観を持たなければ、男性でも見やすい作品だと思います。このようなかたちで、少女漫画レーベルの作品がアニメ化されていく傾向は、多様化という側面でいいことだと思うので、今後も増えてくといいですねえ。

と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
スポンサーサイト
今回はとなりの怪物くんの第13話『春遠からじ』の感想です。
この回で『となりの怪物くん』は最終回です。

【あらすじ】
みんなで迎えた騒がしい年明けも終わり、平穏な日々が戻ってきた。雫は元旦以来会っていない春を気にかけていると、突如部屋の窓から春が現れた!異様な格好をしている春は、何か“さがしもの”をしているらしいが……。
(公式サイトより)

【感想】
・きれいな終わり方、という感じではありませんでしたが、ちょっと余韻の残る悪くない最終回だったと思います。雫、春「らしい」展開だったんじゃないでしょうか。

・名古屋!? という感じでした(笑)見てないと何を言ってるんだという感じかもしれませんが。

・結局、夏目さんのエピソードは保留っていう感じでしたね。まあ、作品としてメインの展開ではないので、これでよかったと思います。原作が完結してる作品でもないですし。いや、どうなってるかは知らないのですが。

となりの怪物くん13話
<今回のひとこと>
雫「どうして彼は、いつも、こんなに、楽しそうなのだろう。かと思えば、時折ひどく遠くに感じるときがある。わたしはまだ追いつけない。彼の純粋さ、真っ直ぐさを受け止めるだけの余裕がない」
私もあれこれ考えて考えて、自分でマイナスの方向へ向かってしまうタイプなので、春のような真っ直ぐさは羨ましいと思うところもありますねえ。何も考えずにいれたら楽しいだろうに、思慮しすぎるんですよね。
まあ、考え無しも問題なので、程度の話なんですが。
でも、実はそんな自分がそこまで嫌いでもないので、いいかな。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はとなりの怪物くんの第12話『年は暮れゆく』の感想です。

【あらすじ】
みっちゃんへの想いを自覚し始めたあさ子は、本人とうまく話せないことをササヤンにこぼすと、“好きだからでしょ”と一刀両断。否定をしつつも、恋心は大きくなるばかり…。冬休みに入り、いつもの様に雫たちに会えない日々が続いていたが、ある電話で寂しさが爆発したあさ子は水谷家にお邪魔することになり!?
(公式サイトより)

【感想】
・今回は夏目さん中心でしたね。あと1話でどう締めてくれるのか、ですね。

・季節のイベントで誰かと一緒にいる人と一人でいる人ってどっちの方が多いんでしょうね。一緒にいるほうが多いか。まあ、このへん突き詰めると、墓穴を掘りそうなのでやめておきます(笑)

・ササヤンくん、なかなかいい言葉使いますね。「藪をつついたら蛇が出てきた」とかなかなか言えませんよねえ。ことわざマスターです。……え、一般常識? すいません…。

となりの怪物くん12話
<今回のひとこと>
夏目「いいですか! 女同士っていうのは、横のつながり! 出る杭は打たれる! みんなでお手々つないで一等賞! そういう世界なんですよ!」
まあ、誰もかれもそうってわけじゃないんでしょうが、男子より女子の方がこういう側面は強い気がしますねえ。
もっとも、最近は男子の方が女子っぽいなんてデータもあるんで、イメージの域を出ませんけど。
実際男女の行動差異って難しいんですよねえ。
大きく見れば、「心理学」「社会学」「脳科学」で分類可能ですが、小さく見れば個々人の性格はまるで違う。
ま、ワイドショー的なネタとして見るのが一番楽しいのかな?


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はとなりの怪物くんの第11話『山口さんちの賢二くん』の感想です。

【あらすじ】
ヤマケンこと山口賢二は、自らをエリートと言い切る自信家。予備校の冬期講習に雫と一緒に通うことになり、さりげなくアピールしようとするも、プライドが邪魔して素直に自分の気持ちを表せないでいた。一方、雫はヤマケンからのアドバイスで春に向き合う決心をしたのもつかの間、春はヤマケンの存在を意識しすぎて……。
(公式サイトより)

【感想】
・ライバル(ヤマケン)の出現で、進展は微妙ですが、春と雫のあいだに乗り越えなければいけないものが出てきた感じですねえ。作中でも言っていましたが、どうやったら噛み合うんでしょう。

・エリートねえ……。個人的にはあまりお付き合いしたくないタイプですね(笑)まあ、恋愛というのは人の違う側面を見せるものだと思うので、どうなるかなあ、という感じですが。

・最後に夏目さんが何かありげでしたが、どうするつもりでしょう。みっちゃんか、みっちゃんなのか!?

となりの怪物くん11話
<今回のひとこと>
ヤマケン「なるほど。それなら外でも温かい」
え、そこなの!?(笑)
まあ、頭いいといえばそうですが、魔法瓶にスパゲッティって、こう、なんか、違う気が…。
ああ、でも安く上がるのかな…。一人暮らしではないので考えてもあまり実行する機会がありませんが。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はとなりの怪物くんの第10話『クリスマス』の感想です。

【あらすじ】
あさ子企画によるクリスマス会が開催されることになった。買い出しに付き合う雫は、最近、いつも以上に自分の傍で怯えるように周囲を警戒する春に、伝えたいことを言えずにいた。そして、店でヤマケン達とばったり再会する春、雫、あさ子。警戒心むき出しの春はヤマケンにパーティー参加拒否を付きつける。その理由が雫に惚れているからということをみんなの前で言い放ってしまい…!?
(公式サイトより)

【感想】
・なんかいたるところで恋愛模様が発生していますね。そろそろ物語の着地点が見え出す頃でしょうか?(2クールじゃなければですが)

・春は思考と口が一緒なんでしょうね(笑)口は災いのもととは彼のためにあるようなことわざです。

・夏目さんいいですねえ。実は一番好きなキャラだったりします。

となりの怪物くん10話
<今回のひとこと>
みっちゃん「あー基本ね、ほうっておけばいいんだよ。特に春はね。で、害が出そうな時だけ、--ってやれば分かるから」
さすがです!

と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。