上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はじょしらくの第8話『こがね袋・よろよろ・もうやんだか』の感想です。

【あらすじ】
こがね袋…残りものには福がある?
よろよろ…巣鴨はお年寄りの聖地!
もうやんだか…年がら年中五月病の人、急増中。
(執筆管理人)

【感想】
・お年玉をランダムで選ばせるのは面白いですね。まあ、誰かにあげる立場でそれやったら、嫌われると思いますが。500ウォンって、50円ぐらいですか。少なっ。

・巣鴨かあ…。まだ縁がなさそうなので、遠慮しておきます(笑)

・五月病と言うより、日本人全体に精神ストレスがかかり過ぎなんでしょうね。上の世代の人に理論的に言ったって分かってもらえませんよ。私のようにバブル崩壊後に生まれた世代の気持ちなんて。

じょしらく
<今回のひとこと>
苦来「またわたし、五月病を期待されてる」
その他四人「しっがつ! しっがつ! しっがつ!」

期待にこたえるのも疲れるわ。

と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
スポンサーサイト
今回はじょしらくの第7話『ヤンキー怖い・魚政談・楽屋調べ』の感想です。

【あらすじ】
ヤンキー怖い…雛人形はきちんとした時期にしまいましょう。
魚政談…築地市場の移転って必要なんですかね?
楽屋調べ…でん子ちゃんは今どこに…。
(執筆管理人)

【感想】
・私は男兄弟なので、雛人形を出す習慣が無く、よく分からないのですが、しまわないとお嫁に行けなくなるという迷信があるんですね。案外怖いな…雛人形。

・一度築地市場には行きたいですね。海鮮丼が食べたい! 私は吉野家には多分行かないです。写真は撮るかもしれませんけど。

・計画停電はなかなか厳しかったですねえ。夜にやられると寒いんですよ。もう勘弁。

じょしらく7話
<今回のひとこと>
魔梨威「いいねえ。おじさんたちのだみ声。三大だみ声の一つだねえ」
木胡桃「三大? 他の二つは?」
魔梨威「決まってるだろ! ダフ屋と! ローゼン閣下だよ!」

ローゼン閣下(笑)
彼がとくに何をしたという訳ではないんですがね。
まあ、時世だったんでしょう。
何食わぬ顔で復活した現総裁からの流れの最大の被害者だと思います(笑)


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はじょしらくの第5話・第6話の感想です。
じょしらく 1(期間限定版) [Blu-ray]

第5話『娘ほめ・小洒落町・眼鏡別れ』
【あらすじ】
娘ほめ…讃美歌とテンシヨン。
小洒落町…原宿は根暗が行く所じゃないですよ。
眼鏡別れ…さようなら丸京!
(執筆管理人)

【感想】
・娘ほめの中で、魔梨威さんが新聞(適当新聞)を読んでるんですが、その見出しがひどい(笑)
「株価大暴落 一時千円割れ」…もう日本は経済破綻してます。
「サルコジ帰化」…何があったあああ!
「消費税35%」…財政再建の切り札?
「女子落打ち切り」…本気で心配です。
「1ドル18円 1ユーロ30円」…円高にもほどがある(笑)

・クレープは1回食べてみたいですねえ。なぜか食べたことがありません。

・肌の戦隊ものと言うアイデアもすごいですが、鳥肌担当は嫌ですね。


第6話『四枚起承・武蔵八景・下僕の仇討ち』
【あらすじ】
四枚起承…4は素晴らしい?
武蔵八景…武蔵と名の付く駅は全部で23駅あるよ。(知恵袋調べ)
下僕の仇討ち…おかえり丸京!
(執筆管理人)

【感想】
・四コマはなかなかおもしろかったです。けいおん!意識しすぎ。

・Bパート短っ。Cパートの導入にしかなってませんでした。ちょっとした鉄道ファンの私的にはもう少し突っ込んでくれたらうれしかったですね。

・じょしらくらしい展開のCパートでした。行きすぎてただのサディストに(笑)

・そうか…彼は本当に宇宙人だったんですね。出身は金星か~。最低でも大気圏外に行ってほしいですね!


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はじょしらくの第4話『眼鏡小娘・よいよい台場・兎の目』の感想です。
DVD付き じょしらく(5)限定版 (講談社キャラクターズA)

【あらすじ】
眼鏡小娘…眼鏡は雨でも曇らないよ。本当に。
よいよい台場…ゆりかもめとフ○テレビ。
兎の目…あなたには月の模様はどう見える?
(執筆管理人)

【感想】
・私も眼鏡なので言っておきますが、雨でも眼鏡は曇らないよ! というかそんなこと言われたこと無いので、多分そんな風に思ってる人はあまりいないんじゃないかという気もします。でも、眼鏡が曇るシーンの描写はリアルでしたねえ。(※ただ、雨に濡れたまま動いたりしていると確かに曇ります)

・ゆりかもめには乗ったこと無いんですが、あんなカーブがあるとは。しかし、この回はだいぶ他アニメのキャラクターが(笑) 私が確認できただけで、譲崎ネロ(ミルキーホームズ)・逢坂大河(とらドラ!)・見崎鳴(Another)・やすな&ソーニャ(キルミーベイベー)・インデックス(とある魔術の禁書目録)・ガチャピン&ムック(某番組)は見つけました。他のキャラクターも見つけた!という方はご一報ください。

・丸京が余計なことを言わなければ、うさ様は怒らなかっただろうに。さすがに変態呼ばわりされたらキレますわな。

<今回のひとこと>
手寅「眼鏡が曇るのは眼鏡人最大の屈辱!」
いやいや。そんなこともないですよ?
でも長くかけている(私は今年で8年目)と、あまり曇らなくなりますね。
蒸気をよける技術でも身に付いたんでしょうかね。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はじょしらくの第3話『無常風呂・浅草参り・真田小ZOO』の感想です。
じょしらく ブロマイド

【あらすじ】
無常風呂…魔梨威さんは男子か女子か、はたまた女装男子か。
浅草参り…お寺は音読み。
真田小ZOO…あいつはいつだって無事だ!
(執筆管理人)

【感想】
・無常風呂のオチはなかなか強烈でしたね。あんなに魔梨威さんが体を張っているのに(ある意味で)。

・浅草寺の煙を浴びるのは1回やってみたいですね。それにしても各キャラクターの浴びポイントが面白かったです。※丸京は「目」・苦来は「頭」・木胡桃は「胸」

・あんな幸運に私も見舞われたいです。まあ、不運ばかりってわけでもないですが。不運ほど頭に残るのでつい、不幸続きと勘違いしてしまいます。

<今回のひとこと>
魔梨威「わたしは18世紀パリに住むフランス衛兵隊長!」
え、ベルサイユの○ら?
アン○レ?
これはやっぱり……グハッ!
ここは深く突っ込まないようにしましょう!


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。