上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は貧乏神が!の第12話・第13話の感想です。
貧乏神が!はこの回が最終回です。

第12話『いつか名前で呼んで』
【あらすじ】
性格が180度変わった紅葉が市子の前に現れた。聞けば、貧乏神は人間界で洗われると、貧乏神の力を失ってしまうのだと言う。最初はいつもの紅葉による企みだと思っていた市子だったが、徐々にどうやら本当らしいことに気づく。どこか居心地の悪さを感じつつも、平和な日常が戻ってきたと感じる市子。しかし、それは長くは続かなかった……。
(執筆管理人)

【感想】
・コメディとシリアスが上手く混ざっているこの作品らしい回でした。最終回への引きとしてはなかなかの出来だと思いますよ。

・懋琵威最高です。ただのど変態ですが、それすなわち男性代表でもあるのです。あんな会話女の子としてみたい……。無理だろうなあ(泣)

・裏紅葉の性格がよすぎる(笑) 裏紅葉みたいな人が実際にいたら、モテモテですよ。かわいいし。表の紅葉は人はいいんですが、素直に出すタイプではないですからね。

貧乏神が!12話
<今回のひとこと>
紅葉「バイバイ。市子」
あれ、このアニメこんな作品でしたっけ?
何ですか、この胸温まる感情は!
涙で前が曇って見えないよ…(←ちょっと大げさ)



第13話『それもう答え出てるだろ』
【あらすじ】
市子は裏紅葉が自ら表に戻るのを土壇場で阻止し、家を飛び出す。そして途中で合流した嵐丸、懋琵威と共に、紅葉を元に戻そうとする熊谷と桃央から逃避行を始める。嵐丸が桃央を引き付けるため三人から離れ、市子もまた熊谷を妨害するために紅葉から離れる。そこで市子は紅葉、そして貧乏神に隠されたある秘密を知る――。
(執筆管理人)

【感想】
・王道な終わり方でよかったです。なんだか見ている方がホッとするストーリーでした。最近は必ずしもきれいな終わり方をする作品が多いわけではないので、こういう終わり方は逆に新鮮な感じもしました。

・懋琵威は最終回まで変態でしたね。最後の最後にあったおまけシーンは爆笑でした。

・熊谷が本気だとちょっと恐いですね。言っても使い魔ですしね。顔はあんなんでもあなどれません。

貧乏神が!13話
<今回のひとこと>
紅葉「人の幸せしか考えられない人は、いつか自分自身を破滅させるわ。市子だってかつて胡桃という子の幸せだけを望んだためにどういう結果になったか知ってるはず」
市子「な、なんでそれを」
紅葉「だからね、市子。あなたが心から私を必要としてくれるなら、私はいつまでもあなたのそばにいるわ」

なんて良い話なんでしょう…。
まあ、冗談はさておいて、この紅葉の発言はハッとさせられました。
私は小さい時から優しいと言われることが多かったのですが(もっとも最近はあまり言われませんけどw)、自分の中で「あの行為は本当に人のためを思ってやっていたのか?」「自分自身の見返りのためなんじゃないのか?」とジレンマみたいなものを抱えていました。
その疑問がすっと解けた気がします。
動機がどんなに自己中心的であろうとも、それが結果的に人のためになればよいということなんですね。
これならウィンウィンの関係で、誰も不幸にはなりません。もちろんその自己中心的な行動が人を傷つけてはいけませんが。
そうか、そうか。
とても心が楽になった気がします。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
スポンサーサイト
今回は貧乏神が!の第10話・第11話の感想です。
貧乏神が! 3 (初回限定版) [Blu-ray]

第10話『カボチャ嫌いの子供にカボチャを食べさすためこっそりシチューに混ぜておくみたいなもんですよ』
【あらすじ】
ある日、嵐丸が市子の家へ行くと、そこには小さな猫が。市子が捨てられていたその猫を助けたのだ。嵐丸以外になぜか桃央や懋琵威も家におり、いつものようにどんちゃん騒ぎになるがそこには紅葉の姿がいない。騒ぎも終わり。市子がトイレへ行くとそこには頭がまるでう○○のようにとぐろをまいた便所神と名乗る人物がいた――!
(執筆管理人)

【感想】
・まあ、キャラが色々出てきて賑やかな回でしたね。まさか猫まで神になるとは。

・市子もあれだけ言われているのだから、紅葉にとりあえず幸福エナジーを渡せばいい気もします。そうすればもう紅葉は市子に用が無くなるわけですし。まあ、市子も本心では紅葉との絡みを楽しんでいるんでしょうが。

・アルコールランプでラーメン(笑) あんまり美味しくないんじゃないかと思いますけど。イメージ的に。しかもそれが火元になっちゃってますし。あの不良(?)集団なかなかやらかしてくれます。


第11話『…誰!?』
【あらすじ】
紅葉がヘドロでまみれた神の神様相手にソー○嬢のバイトをしていたために、市子の家の風呂が使用不能に。仕方なく嵐丸とともに銭湯へ行くことにする。すると、恵汰の家族、さらには懋琵威と桃央にまで出くわす。そんなメンバーがそろってゆっくりお風呂に入れるはずもなく、数々の事件が発生する。
(執筆管理人)

【感想】
・ただのネタ回もといサービス回かと思ったら、よもやの伏線回でした。びっくりびっくり。それにしても最初の歌は最低でしたね。アホか(笑)

・何なんですか、あののぞきに対する執念。もっと別のものに費やせよ。あれは妄想することに意味が……あれ。引かないでください!

・最初に戻りますが、あれってジブリのあの作品に出てる神様ですよね。いよいよアニメ界の重鎮ジブリにまで手をだしぞ。大丈夫かサンライズ。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回は貧乏神が!の第8話・第9話(9.5話含む)の感想です。
貧乏神が! 4 (初回限定版) [Blu-ray]

第8話『名前で呼んで』
【あらすじ】
市子は友人と称して自分に付きまとう嵐丸に対して、内心思うところはあるものの、付きまとわないよう突き放す対応をする。そんな中、正門前で待っている嵐丸と鉢合わせしないよう隠れていた市子はクラスメイトの女子に助けてあげると言われる。付いていくとそこには見知らぬ男たちがいて――。
(執筆管理人)

【感想】
・今回はかなりシリアスな内容でしたね。初めて明確に市子の過去が語られました。嵐丸はかっこよかったです。

・うーん、小学生にしては市子の元友人はダークすぎやしませんか。女子はあの年齢からあんな腹黒いこと考えてるんですかね……。恐いです。

・紅葉は(もうパターンですが)市子への対応を一番分かってますね。本音の引き出し方が抜群です。


第9話『えっ!!!今さらっと言ったね!?』
第9.5話『2分でこうなるワケねーだろ!!!!』
【あらすじ】
ひょんなことから体育が男女混合になった市子たち。男女ペアでダブルスをやることになり、市子と紅葉はそれぞれテニス(?)部の男子とペアになる。ところが、二人で張り合っているうちに、それぞれ勝負にかけごとをすることになる……。
(執筆管理人)

【感想】
・前話とは一転、ギャグメインの話でした。テニスでは描写がどこか……少女漫画のように……。

・市子はあれですか、「銀魂」のお妙さんの生まれ変わりですか。あれって、黒炭どころか、ダークマターですよね。あの伝説の。

・黒百合役の白石さんの絶叫には感服いたしました。と言うか、何をやらせているんだ。あと、白石さん結婚おめでとうございます。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

みなさん、今、台風が本州に直撃しておりますが大丈夫ですか? 私の住んでいる街では大雨、洪水、暴風、波浪と出せる警報がすべて出ております。オールスターですよ。

くれぐれも外出しないように、お気を付けくださいませ。

では、またどこかで。
今回は貧乏神が!の第7話『いわゆる男として育てられちゃったパターン?』第7.5話『今日のことは一生忘れねーよ!!』の感想です。
※一応話自体は区切られていますが、実際Aパート・Bパートなので1話分として扱います。
コスプレ小道具/小物♪貧乏神が! 紅葉の熊谷 ぬいぐるみ 人形 コスチューム

【あらすじ】
商店街を歩きながら数量限定のクレープを食べようとしていた市子はひょんなことから万引き犯と勘違いされてしまう。警察官に手を上げようとすると、さらしを巻いた学ラン姿の女子が現れるが、市子は彼女に自分の疑いをなすりつけ逃げてしまう。もう会わないからいいやと思っていた市子だったが、翌日、その女子が市子のクラスに転校してきてしまう――。
(執筆管理人)

【感想】
・新キャラ登場回でした。紅葉のたくらみもある程度までは上手くいっていましたが、途中から毎度のサポート役になってましたね。

・恵汰にとっては良い稼ぎ時だったようで(笑) 売り子万歳。

・市子が親に関してとても敏感に反応していたことと、次回予告が過去の話だと言っていたので、今回の話が次回の伏線になっていることは間違いなさそうですねえ。

<今回のひとこと>
生徒「先生。うちのクラスだけ転校生多くありませんか?」
担任「あー、そりゃあなあ。うちには、このアニメの主人公が、いるからだよ」

おいおい(笑)
世界観崩壊させるようなことは慎むように。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回は貧乏神が!の第6話『目を開けろおおおおっ!!!!』の感想です。

貧乏神が! ラバーストラップ 桜市子

【あらすじ】
なかなか帰ってこない市子(道子)を探しに山へはいった恵汰。なんとか紅葉から逃げ出した市子が兄弟のもとへ戻ると、まだ恵汰は帰っていなかった。兄を心配し泣く兄弟たちを見た市子は恵汰を探しに再び山へ入るのだった。
(執筆管理人)

【感想】
・話はすっきり終わって良かったです。この作品はジャンプ原作だけにストーリーは王道ですねえ。

・恵汰がだいぶ大変なことになってたんですね。市子が来て真面目に良かったですよ。

・市子の気の抜けようが(笑) それに乗じてやりたい放題の紅葉たちもまた、すごい。

〈今回のひとこと〉
市子「返せた。 返せた! 返せた~!」
意識しまくりじゃないですか。
恐るべし頭なで!


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。