上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は人類は衰退しましたの第10話『妖精さんたちの、ちきゅう』の感想です。

【あらすじ】
《学舎》を卒業したわたしは、おじいさんと同じ調停官の仕事をするためクスノキの里へと帰ってきました。さっそく妖精さんにご挨拶でもと思い、彼らの大好きなお菓子を持って行ったのですが、なんの手違いか妖精さんを拉致してきてしまいました。しかしお菓子効果か、妖精さんたちと仲良くなることに成功!(難しい言葉で贈賄といいます)そのうえ「あの……にんげんさんは、かみさまです? です?」なんて神様扱いされてしまいます。はて。神様、ではないはずですけど。
(公式サイトより)

【感想】
・また時系列が一気にもどりましたね。だいぶ初期のお話のようで。原作はどうなっているのか分かりませんが。

・妖精さんの中田さんは古参のキャラクターだったんですね。それにしても妖精さんのトークは摩訶不思議です。

・確かに神様は嫌ですねえ。荷が重すぎます。この辺はちょっと風刺が効いてますね。だれも責任とりたがらないのが日本人の特性ですからね。

人類は衰退しました10話
<今回のひとこと>
わたし「楽をしたい。それは事実。しかし、何もしたくないわけではないのです」
これが現代若者の葛藤だと思いますねえ。
生活の安定と自己実現を求める社会に私たちの世代は溺れかけています。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

きびきびと言っておきながらさっそくつまりました(笑)
予定は未定です!(←開き直り

では、またどこかで。
スポンサーサイト
今回は人類は衰退しましたの第9話『妖精さんの、ひょうりゅうせいかつ』の感想です。

【あらすじ】
いつのまにかクスノキの里が、世界一の妖精人口過密地帯になっていました。おじいさん曰く、偏った増え方はストレスを生むそうで、案の定、イジメが発生。亡命希望まで届きました。……わたしのせい? そこでおじいさんが下した決断は、わたしの出張。妖精さんをつれての単身赴任でした。
(公式サイトより)

【感想】
・ここ何話かに比べるととても分かりやすい回でした。超常現象が少なかったので。でも、すごく風刺が入った話でしたね。

・妖精さんでもイジメが発生するんですか……。妖精さんで発生しちゃうんじゃ、人間ならなおさらって感じですね。人が多すぎるんですな。

・最終的にイースター島みたくなってましたね。人類の末路はあれなのかもしれません。

人類は衰退しました9話
<今回のひとこと>
わたし「まったく。最近の人類というものは教訓というものを知らないから困ります」
教訓には2種類あります。
私たちそれぞれが生きている間に経験した教訓。
私たちは知らない、歴史としての教訓。
先日EUがノーベル平和賞をとりましたが、ユーゴ紛争などはあったものの、第2次大戦以後、ヨーロッパにおいて国と国がガチンコで戦争をするということは無くなりました。
あの、超絶に仲の悪いドイツとフランスさえ、です。
これは他の要因もあるんでしょうが、何百万人という人命を犠牲にして、やっとヨーロッパ人が戦争はやめた方が良いということを学んだが故です。
(もっとも先進国以外には戦争を仕掛けたりすることはあり(イラク戦争とか)、なんとも愚かな話だとは思うのですが)
日本も過去にあれだけの犠牲を払って、少なくとも平穏に暮らせる日常を手に入れたのです。
安いプライドのためにこの日常を壊すことの無いように、歴史という教訓を常に心に留めておきたいものです。


と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はじょしらくの第8話『こがね袋・よろよろ・もうやんだか』の感想です。

【あらすじ】
こがね袋…残りものには福がある?
よろよろ…巣鴨はお年寄りの聖地!
もうやんだか…年がら年中五月病の人、急増中。
(執筆管理人)

【感想】
・お年玉をランダムで選ばせるのは面白いですね。まあ、誰かにあげる立場でそれやったら、嫌われると思いますが。500ウォンって、50円ぐらいですか。少なっ。

・巣鴨かあ…。まだ縁がなさそうなので、遠慮しておきます(笑)

・五月病と言うより、日本人全体に精神ストレスがかかり過ぎなんでしょうね。上の世代の人に理論的に言ったって分かってもらえませんよ。私のようにバブル崩壊後に生まれた世代の気持ちなんて。

じょしらく
<今回のひとこと>
苦来「またわたし、五月病を期待されてる」
その他四人「しっがつ! しっがつ! しっがつ!」

期待にこたえるのも疲れるわ。

と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はじょしらくの第7話『ヤンキー怖い・魚政談・楽屋調べ』の感想です。

【あらすじ】
ヤンキー怖い…雛人形はきちんとした時期にしまいましょう。
魚政談…築地市場の移転って必要なんですかね?
楽屋調べ…でん子ちゃんは今どこに…。
(執筆管理人)

【感想】
・私は男兄弟なので、雛人形を出す習慣が無く、よく分からないのですが、しまわないとお嫁に行けなくなるという迷信があるんですね。案外怖いな…雛人形。

・一度築地市場には行きたいですね。海鮮丼が食べたい! 私は吉野家には多分行かないです。写真は撮るかもしれませんけど。

・計画停電はなかなか厳しかったですねえ。夜にやられると寒いんですよ。もう勘弁。

じょしらく7話
<今回のひとこと>
魔梨威「いいねえ。おじさんたちのだみ声。三大だみ声の一つだねえ」
木胡桃「三大? 他の二つは?」
魔梨威「決まってるだろ! ダフ屋と! ローゼン閣下だよ!」

ローゼン閣下(笑)
彼がとくに何をしたという訳ではないんですがね。
まあ、時世だったんでしょう。
何食わぬ顔で復活した現総裁からの流れの最大の被害者だと思います(笑)


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
今回はもやしもん リターンズの第1話・第2話の感想です。
今さら感がありますが、私ノイタミナはBSフジで見ているので、はなから1か月遅れは確定なのです。なので、どうせならクールずらしした方が楽だろうと思い、このクールの感想記事に混ぜます。

第1話『もやしども起つ』
【あらすじ】
農大1年生、沢木惣右衛門直保は菌が見える特殊な能力を持っている。
収穫の季節を迎え、沢木は同級生の及川葉月、先輩の美里薫、川浜拓馬、ミス農大の武藤葵、そして院生の長谷川遥とともに樹ゼミの発酵蔵を運営することになった。同じく1年の結城蛍は大学を休学し日吉酒店を手伝い始めるが、沢木たちと共に発酵蔵で念願の酒造りに参加することに。樹教授の指導の下、初めての味噌造り、酒造りに没頭する樹ゼミメンバー。
そんな中、及川が発酵蔵に不思議な穴がある事に気づく。
(公式サイトより)

【感想】
・だいぶインターバルの長い2期です。作品の感じはそんなに変わらず、難しい話も何となく分かった気になれるので、つまることは無いかなあと言う感じです。背景が難しいジャンルでは無いので、説明もあまり必要ありませんし、2期1話としては上々だと思います。

・長谷川さん、ちょっとやりすぎです……。あーでもこの話は1期見てないとよく分かりませんね。ちらっとフラッシュバックはさせてましたが。

・私は普通の大学に通っていますが、農大の雰囲気はまた全然違うんだろうなあ、と思います。面白そうですが、農学は難しそうですねえ。
もやしもん1話
<今回のひとこと>
樹「何せ醤油と味噌の仕込みは四日四晩延々の作業だからねえ」
そ、そんなとんでもない作業が…。
職人の皆さまには日ごろ醤油と味噌をたくさん食している身として感謝しなければいけませんね。



第2話『発酵蔵』
【あらすじ】
発酵蔵の穴に気付いた及川は、もしかしたら自分だけ知らされていないことがあるのでは?と沢木を問い詰める。
菌が見える能力を及川にだけは隠しているため、後ろめたさに焦る沢木。
2人は穴の秘密を探るうちに、そこに樹教授の隠し事があるのではと考え始める。
そんな時、泊まり込みで発酵蔵の作業を続ける及川と武藤が自治寮の風呂を借りることになり、色めき立つ寮生たち。
沢木、美里、川浜がガードする中、寮生たちの覗き見作戦が決行されたとき、新たな事実が明らかになる。
(公式サイトより)

【感想】
・ああいう穴はなかなかロマンがありますよねえ。探検とかはやはりわくわくします。でも、私には実際やってみる勇気はありませんね。

・樹教授の未知館は全く変わりませんね。何考えてるのか、よく分かりません。でも、すごいのは分かる(笑)

・男のアホな面が見事に描かれてますね。いや、経験がないので分かりませんが、男子寮にいるとああなってしまうのでしょうか……。

もやしもん2話
<今回のひとこと>
樹「つらつら思うに、食の研究者が最も望む研究って何だと思う?」
な、何でしょうねえ。
未知の食べ物の研究?
そちらの学問に疎すぎてさっぱり分かりません。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

では、またどこかで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。