上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はつり球の第7話『切なくてカウントダウン』の感想です。
つり球 SF -Short Films- (ファミ通文庫)

【あらすじ】
マグロ釣りから戻ってからというもの、ハルの様子がおかしい。釣りを「しない!」と言い始めているのだ。何かが変化し始めていた。そんな中、夏樹の誕生日がやってくる。妹のサクラを始め、皆でお祝いするのだが当の夏樹は浮かない顔で……
(公式サイトより)

【感想】
・ハルとアキラがあやしさ満載ですね。何が何やらさっぱりです。とりあえず江の島踊りを踊る人が急増中、と。

・釣りのセットもろもろ合わせると10万もするんですね。ははは、絶対出せない金額です(笑)

・サクラ家出しちゃいましたね。どうする夏樹!

<今回のひとこと>
夏樹「お前に何が分かるんだよ」
そんなこと分かり切っています。
あ、いえ、分かってるというのは人のことなんか分からないということが分かっているということです。
というか、分かってたまるかという気もします。そんなエスパーがいたら紹介してほしいです。
人は分からないから、相手を分かろうとするのです。そこに人間関係が生まれるのではないでしょうかね。

とはいえ、夏樹の気持ちを分かろうとする人が1人ぐらいいてほしいところではあります。
(たぶんですが)夏樹は母親がいなくなったというのに日常に戻ろうとする家族たち、そして自分が許せないのだと思います。そんな簡単に割り切れるもんでもないですよね。
サクラも健気ですが、夏樹はあの苦しみを1人で背負ってきたのです。そこはもっと考慮してあげてもいいと思います。
夏樹のお父さんはきっと息子と真剣に向き合ってこなかったのでしょう。息子がどうしてほしいのか、何が気に食わないのか。それを理解しないことには、サクラの家出が報われない気がします。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はアクセル・ワールドの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
スポンサーサイト
今回はつり球の第6話『戦慄のスプラッシュ』の感想です。
つり球 3(完全生産限定版) [DVD]

【あらすじ】
入院していたケイトが退院できる事になった。そのお祝いにマグロを釣ってプレゼントしようと決意するユキ。夏樹やハルにも協力してもらいマグロ釣りに挑戦するが、その道は険しく……。
(公式サイトより)

【感想】
・何やらこの作品の本来出したかった感じが出てきた感じがします。SF感が出てきましたねえ。

・マグロって個人でも釣れるんですね。なんか大規模な装置で釣ってるんだと思ってたんですが。というか、江の島にマグロいるの!?

・ケイトも無事退院しましたし、あの謎現象に巻き込まれた以外はユキにとってはいい夏休みでしたね。私は送ったこと無いですよ、あんな充実夏休み。

<今回のひとこと>
夏樹「昔あの辺りで漁船が消えたって話があってさ」
な、何事ですか……。
怖いんですけど。
本当にそういう伝説あるんですかね。まあ、江の島は歴史は古いのであっても不思議ではないですが。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は【夏】貧乏神が!の感想を書く予定です。

では、またどこかで。
今回はつり球の第5話『へこたれてジャーキング』の感想です。
つり球 2【完全生産限定版】 [DVD]

【あらすじ】
夏休み。自分のタックルを買いたいと思うユキは、ハル・夏樹と一緒に釣り船での短期バイトをする事に。しかコミュニケーションの下手なユキは、客と上手く接する事ができず、初日から失敗ばかりしてしまい……。
(公式サイトより)

【感想】
・ユキが成長していく感じがいいですね。……なんか自分の身をつまされる気分です。

・ああいう仕事もあるんですね。釣り業界は素人には想像できない仕事がありそうです。

・アキラはなかなか痛いところを突かれましたね。最後開き直ってましたけど。

<今回のひとこと>
船長「気にすんな」
おお~、かっこいいですねえ。
失敗を怒るのではなく、リセットさせるのはすごいと思います。
というか、私が怒られるのがすごく苦手でメンタル的に沈んでしまうので、こう言ってもらえるととても気が楽です。
自分もこういう風に言える大人になりたいものです。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は謎の彼女Xの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
今回はつり球の第4話『ムカついてランディング』の感想です。
つり球 1【通常版】 [DVD]

【あらすじ】
江の島で「元祖しらす亭」を営む夏樹の家は、皆仲良し。だが一人、当の夏樹だけはその輪から外れてしまっているようだ。それをなんとなく感じとったハルは、ある行動に出るが……。
(公式サイトより)

【感想】
・ようやく夏樹とユキが上手くいくようになりましたね。どちらかと言えば夏樹の変化の方が大きいんじゃないでしょうか。前にも書きましたが、人を教えることは自分を変えることがままあります。

・ケイトのユキへの信頼と言うか、彼のことを分かってるという感じがとてもよく出ています。それがまた説教臭くないところがいいです。

・アキラたちの集団の目的って何なんでしょう。ハルは宇宙人ですが、彼らも得体が知れません。

<今回のひとこと>
ユキ「大丈夫! 逃がさない、今度こそ、絶対!」
ユキが成長した、と端的に分かるセリフですね。
夏樹も反応していたので分かりやすかったと思います。
何かに熱中している時の人はいいですよね。それが何であろうと。犯罪はのぞきますよ(笑)。
趣味が多い人はそれだけ、人間的に豊かになれるんじゃないでしょうか。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は謎の彼女Xの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
今回はつり球の第3話『寂しくてキャスティング』の感想です。
つり球 3(完全生産限定版) [DVD]

【あらすじ】
釣りの面白さに目覚めたユキだが、今度はキャスティングに苦戦する。今度は諦めず、特訓の毎日。そんなユキを応援するハルと夏樹。ずっと一人ぼっちだったユキに、誰かと一緒にいる時間が少しずつ増えてゆく。
(公式サイトより)

【感想】
・少しずつユキも前に進めている感じですね。ケイトのこともとりあえず大丈夫そうですしね。

・アキラの正体がだんだんわかってきましたね。相変わらず、釣りと世界を救うことの関連性はつかめませんが。

・夏樹の心情変化が読み取れてよかったと思います。人にものを教えるのは大変ですが、自分を変えてくれる可能性も秘めていると思います。中にはそういうことを考えてない人もいますが。

<今回のひとこと>
ケイト「みーんないつか死ぬから、生きている間はきれーに、元気に咲いてほしいでしょ?」
月並みな言い方をすれば、「悔いの残らない人生を」と言ったところでしょうか。
私は悔いの無い人生はあり得ないと思っています。きっと死ぬときにはあの時ああすればみたいなことは際限無く出てくるんでしょう。
ですが、満足できる人生を送ることはできると思います。
私は「社会」とか「世間」に振り回されない、満足のいく人生が送りたいです。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は謎の彼女Xの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。