今回はヨルムンガンドの全体感想です。
ヨルムンガンド 3 <初回限定版> [Blu-ray]

【全体的な感想】
テレビアニメでは珍しい現代を舞台にしたガンアクションもので、とても面白かったです。

私個人の中では、ガンスリンガーガール以来のガンアクションものでした。まあ、ガンスリはかなり重い話で、コミカル部分はほとんど無かったですが、こちらは民兵というかたちの組織であるため、コメディ等々色々な話を入れやすい構成をしていたかな、と思います。

この作品最大の特徴と言えば、やはりアクションの迫力でしょう。
バトルシーンではかなりハラハラする展開が多く、見ていて飽きるということは無かったです。もちろんグロいシーンはテレビ放映作品ですから控え目になっていると思いますが、展開的にバトルを面白く見せることができていたと思います。それにしても、ココたちは強すぎです。今のところほぼ無敵でしょう。

ですが、ココが武器商人であるという一般の視聴者があまり想像できない設定であるため、バトルへ至る過程、もしくは相手との交渉場面での会話はよく分からないところが多かったです。まあ、必ずしも分かる必要はないのかもしれませんが、気になる人は気になると思います。

この要因は前に感想記事中でも書いたかもしれませんが、状況を説明するキャラクターがいないことです。全員がその道のプロフェッショナルであり、ココの行動を理解してしまっているのです。状況説明キャラとして一番分かりやすい例はあまりそれに詳しくないキャラクターをそこに放り込み、そのキャラクターの行動を視聴者(読者)に疑似体験させるというものでしょう。こうすれば、放り込まれキャラが分からないことを誰かが説明してくれるので、見ている側としては話についていきやすいはずです。しかし、この作品の場合、放り込まれるヨナも武器関連に関しては良く分かっているので、私たちと同一であるとは見なせません。結果、誰も状況を客観的に説明してくれないという事態になり、視聴者に若干の混乱をきたしたのだと思います。

とはいえ、ストーリー自体はそこが分からなくても、筋が通るように作られており大きな欠点にはなり得ていないと思いますが。

節々のセリフで現代の社会状況を示唆するようなセリフがあり、考えさせられることの多いアニメでした。

2期ではココの本当の目的などが明らかになってくるでしょうから、楽しみです!


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は氷菓の感想を書く予定です。

では、またどこかで。
今回はヨルムンガンドの第12話『滅びの丘 phase.2』の感想です。
今回でヨルムンガンドは最終回です。
ヨルムンガンド 2 (サンデーGXコミックス)

【あらすじ】
バルメとヨナの欠けた状態で殺し屋の襲撃を受けるココたち。不意を突かれて、かつてない危機的状況に陥ってしまう…。一方、同伴していたヨナをも出し抜き、単身敵地に乗り込むバルメ。敵兵を倒しながら進んでいるようにみえたが、敵の作戦により狙撃ポイントへ狩り出されてしまう…。
(公式サイトより)

【感想】
・最終回で一応エピソードは完結させました。ただ、分割2クールなので、最後に良く分からない伏線は張ってありましたね。あれはどうなんでしょ……。私としてはすっきり終わらせて欲しかったです。仮に伏線を張るにしてももう少し短く、出来るならワンシーンが良かったです。

・ヨナの危機察知能力はすごいですね。まあ、それよりもバルメとカレン・ロウのほうがすごかったですが。カレン・ロウはもしかしたらヨナの温情かもしれません。

・最後のココの「何口止め料!?」は面白かったです。最後にコミカルなシーンを出せるのはこの作品の長所だと思います。

<今回のひとこと>
カレン・ロウ「こんな世界もう嫌だああああ!」
私は常にこういう感情を感じていたりします。
いや、積極的に感じているのではなく、漠然と、ですが。
もしのっぴきならない状態でいなくなるのであれば、それは仕方ないな、とあきらめがつく気がします。
もちろん自殺したりする気はさらさらありませんし、殺されるのもまっぴらごめんですが。
なんというか、超ネガティブだな……自分。
※なんて言いつつ、実際そういう場面になってしまったらどう感じるかなんて、当の私にもさっぱり分かりません。未来はお先真っ暗です(悪い意味でなく)。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はヨルムンガンドの全体感想を書く予定です。

では、またどこかで。
今回はヨルムンガンドの第11話『滅びの丘 phase.1』の感想です。
ヨルムンガンド 10 (サンデーGXコミックス)

【あらすじ】
ココが話していても上の空のバルメ。かつて自分の部隊を全滅させた敵の手掛かりをつかんだ今、バルメはココ部隊を離れ復讐のために一人敵地へ向かうことを決意していた。一方そのころ、3人組の殺し屋がココ部隊全員の殺害計画を練っていた…。
(公式サイトより)

【感想】
・クライマックスへ向け、かなりハラハラする展開になってきました。面白いです!

・ココの人の誘い方は独特です。ちょっと哲学的なところがありますが、自分の部隊に入った場合の益を淡々と述べて誘い入れるわけですね。こういうちょっと難しいですが、リアリティがある部分を描いているのがこの作品の特徴かと思います。

・レームとウゴが狙われました! どうなるどうなる! 次回が気になります!

<今回のひとこと>
レーム「俺のボスは命をかけるほどのやつか? 俺の価値は? 俺はあんまし気にしねーけど、ボス本人が早々に答えてやっちゃ、安心して腑抜けるやつも出てきちまう。時には無神経を演じることもココの仕事ってな」
なんだか、リーダーの作法みたいなセリフです。
部下・仲間に存在価値をきちんと与えることはとても重要だと思います。
ただのコマとしか人を見れなければ、ついてこない人が絶対に現れるからです。
とはいえ「それを簡単に口に出しちゃ緊張感を与えられないよ」ということを言いたいのかな、と思います。
リーダーは難しいですね。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はアニメミニ感想を書く予定です。

では、またどこかで。
今回はヨルムンガンドの第10話『Dragon Shooter phase.2』の感想です。
ヨルムンガンド 2 <初回限定版> [Blu-ray]

【あらすじ】
T共和国空港でバルドラの部隊をしりぞけるも、連れてきた医師長のリビエールを攫われてしまうココたち。この場を脱出し彼を救出する次の一手を思案するが、いずれにしても激しい反撃が予想され決め手に欠ける。しかしマオの放った一言が部隊脱出の鍵となる。

【感想】
・バトルシーンが多かったですね。アクションは迫力があって面白かったです。というか、ココたち強すぎです。バルドラたちは全く歯が立ちませんでしたね。

・ショコラーデは相変わらずいいキャラをしています。あっさり500万に乗りましたね。

・最後のバルドラは何とも哀れですねえ。ココのやることは本当にエグイです。

<今回のひとこと>
ココ「人を殺しすぎた人間は、ある日ドラゴンに変わるんだ。金で地を踏みしめ、権力で空を飛ぶ怪物。暴力はますます強くなり、人の言葉なんて通じなくなっていく。人はこの世にドラゴンがいることを許せない。自分達が生んだ怪物だというのに」
現在起こっているさまざまな現象、事象はいいことも悪いことも含め、すべて理由があります。中には個人的な理由も無いこと無いですが、9割以上は私たちが生活する社会に問題があります。社会を構成しているのは誰か。私たち一人一人です。
例として分かりやすいのはヒトラーでしょうか。彼は世界史上3本の指に入る独裁者です。しかし、彼を生み出したのはドイツ国民です。もちろんヒトラーの演説技術、第1次世界大戦における多額の賠償金、インフレなど様々な要因がからんではいますが、最終的にヒトラーを独裁者せしめたのはドイツ国民です。
原発やいじめ、消費税等々の今起きているさまざまな事象。それにかかわる人々を批判するばかりではなく、自分も含めた社会を見ていく必要があるんじゃないでしょうか。ドラゴンは自分たちで生み出したものなのですから。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は【夏】輪廻のラグランジェseason.2の感想を書く予定です。

では、またどこかで。
今回はヨルムンガンドの第9話『Dragon shooter phase.1』の感想です。

(なんか最近アマゾンの画像検索の調子が悪いですね!このブログはアフィリエイト目的ではないのでいいですけど、それを目的にしてる人は大変です!改善求む!)
【あらすじ】
商品を空輸することになったココたち。しかし今回は商品のほかにNGOの医師団も合わせて輸送しなければいけなくなってしまう。彼らを積んでいることを隠しながらT共和国に入国と取引を済ませるが、民兵組織である「バルカン・ドラゴン」のリーダー、バルドラの乱入により、一気に窮地に立たされてしまう。
(公式サイトより)

【感想】
・最後はグッと引き込まれる展開でした。ココたちの本気が久々に見れそうです。

・AパートとBパートが違いすぎなんですけど。コミカルな時は結構面白いです。マオのコケが古き良きお笑いレベルでした。

・医師団の理事長はなんで外に出たんでしょう。バルドラのことを知っているなら、出るべきではありませんでした。しかもココたちは心優しい移送集団ではなく、武器の輸送をしているわけで、そういう連中が多いことも予想できたはずです。まあ、バルドラの悪さも尋常じゃないですが。

<今回のひとこと>
トージョ「あ、触った!」
ルツ「バカか、あいつは!」
トージョ「そんな痴漢まがいのアプローチじゃ!」

そして案の定、バルメにキレられるアールであったとさ。
何を触ったかは……ご想像にお任せします。


と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は氷菓の感想を書く予定です。

では、またどこかで。