上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は偽物語の全体感想です。
「偽物語」第五巻/つきひフェニックス(下)【完全生産限定版】 [Blu-ray]

【評価】
今回の全体感想から、通信簿のように、5段階でアニメの評価をしたいと思います。
採点基準は追記にたたんでおりますので、気になる方はご覧ください。
(なお、評価はあくまで私個人のものです)
ということで、「偽物語」の評価は……
です!

【感想と評価理由】
全体的に言えば、1期の「化物語」と同じく、レベルが高い作品だったと思います。独特の演出や、迫力あるシーンなど、新房監督×シャフト作品の持ち味をしっかり出せていた作品だったと思います。

ただ、これが2期であることを考えると、どうしても1期との比較になってしまいます。

おそらく単体で見れば、4ではなく5になった作品だと思うのですが、いかんせん1期の存在を考えると、やや迫力不足感が出てしまいます。

具体的に言えば、「かれんビー」ではバトルシーンが少なく(暦と火憐の兄弟げんかくらい)、決着も事実上貝木とひたぎの間の舌戦で終わってしまっていることです。この舌戦は文章で何度か読めば、理解できるのかもしれませんが、アニメ1回きりで理解するには難しすぎたと思います。

また、「つきひフェニックス」はストーリーの展開が早急すぎて、それぞれのシーンがぶつ切りになっている印象があります。「かれんビー」が7話に対して、「つきひフェニックス」が4話というのは短すぎやしないか、と思います。(私は原作未読なので、的を外した意見をしているかもしれません)

そして全体的に、忍野がいなくなったことにより、物語全体をしめるというか、状況を客観的に視聴者に伝える役割をするキャラクターがおらず、やや、視聴者を置き去りにしてしまっているかな? と感じる場面がいくつかありました。

もうひとつ、各エピソードに出てくるキャラクター数が1期に比べて少ないと思います。バトルシーンや怪異がらみの話に加えて、「物語シリーズ」のもうひとつの見どころに、暦と他キャラの絡みがあります。この絡みが2期では少ないな、と思いました。まあ、兄妹の絡みを増やさなければいけなかったからなのだと思いますが。

以上の理由から、5ではなく評価を4にしました。

普通に面白い作品ではあったので、不満はありません。
これは2期ゆえのハンディだと思います。


と、いうことで今回の感想はこれでおしまいにします。

次回はライトノベル新刊情報を書く予定です。

では、またどこかで。
スポンサーサイト
今回は偽物語の第11話『つきひフェニックス 其ノ肆』です。
これで偽物語は最終回です。
「偽物語」 第二巻/かれんビー(中)【完全生産限定版】 [Blu-ray]

【あらすじ】
阿良々木月火の秘密を知った阿良々木暦。
暦は、忍野忍と共に妹を守るための戦いに赴く。

【感想】
・いやいや、激しいバトル回でした。演出の仕方が化物語の時から独特なんですが、それが迫力あるように見せていますよね。少しグロテスクな描写もありますが、そこも迫力表現に一役買っています。

・やっぱり忍は強いですねえ。あれくらいの成長度でも、相当なんですから、全盛期はどんだけだったんだって話ですよ。

・暦は妹にセクハラしすぎです。あんなの実際にやったら、なんらかの事件に発展しそうです。

<今回のひとこと>
影縫「人が善行をなすならば、それは本性ではなく、偽りによるしかない」
作中でも言っていますが、性悪説ですね。
私はこういうところで現実主義者なので、性悪説は正しいと思っています。
やはり、人が「よいこと」をするときは、何か意図があります。
それは別に悪事的な欲望に限らず、「嫌われたくない」とか「よく見られたい」など、普通に私たちが感じる欲望が意図として働いていると思うのです。
個人的に、全く意図がなく、いわゆる「無償の愛」みたいなものが存在するのは唯一親子間、特に母子間だけだと思います。これだって、100%ではないわけです(100%だったら虐待なんて存在しません)から、いかに人間が欲に弱いかを表していると思います。
でも、これこそが、貝木が言うように、「人間」なんだと思います。これは悪いことでもなんでもありません。「人間」に生まれたのなら、当たり前に持っている性質です。
逆に、完全無欠のスーパーヒーローはこの世にいないから、エンターテインメントの世界で存在し続けられるわけです。
と、まあ、延々持論を語ってしまいました……。
とりあえず、ここで言いたいのは「偽善」は悪口になりえないってことです!


と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は春アニメの軽い紹介をする予定です。

では、またどこかで。
今回は偽物語の第10話『つきひフェニックス 其ノ參』の感想です。
「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]

【あらすじ】
忍野忍の提案により、ドーナツ屋へ彼女を連れていくことになった阿良々木暦。
出掛けに阿良々木月火と話す最中、とある異変に気がつく。
(公式サイトより)

【感想】
・急展開の回でした。月火が暦の妹じゃないというのはいったい何がどうなってるんでしょ。

・ミスドに貝木……。似合わねえ!

・忍野とはちがう、怪異専門家が現れました。ただ、考え方がかなり違うので、暦にとっては厄介な敵になるかもしれません。

<今回のひとこと>
すごーく長いです。さすが物語シリーズ。
忍「クロッキーシュー? なんじゃこれ、ありえなくない? ポン・デ・リングフレンチクルーラーをあろうことか合体させてしまうなんて! ものすごく最強ではないか! オールドファッション……これはもう見ただけでおいしいことが分かってしまう。あー、もう分かっちゃったもーん。食べるまでもない。いや、食べるけども! 豆腐ドーナツというのもネーミングだけでそそられてしまうの―。っていうか! ここにずらーっと宝石のごとく並べられたマフィン系! なぜ今までこれらのマフィン系の存在をわしに隠しておったのじゃ。憎いやつらめ。まったくもって許し難い。いや、まあ、しかし。言うまでもないことじゃが、ゴールデンチョコレートをはじめとするこれまで食べてきた数々の選ばれしドーナツたちがこうも大量に展示されておるというところから、すでに圧巻じゃ! ぱないの!」
なんか、ミスドのCMみたいになってますね。
忍のキャラからは想像がつかない「ぱない!」などの若者言葉。ギャップにやられました。若者言葉がこんなに面白かったのは初めてです。
(ミスドの実在商品名は耳コピなので、間違ってるかもしれません。正式な名前を知っている方がいたら教えてください)


と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はライトノベル新刊情報を書く予定です。

では、またどこかで。
今回は偽物語の第9話『つきひフェニックス 其ノ貳』の感想です。
きゃらスリーブコレクション 偽物語 阿良々木月火 (No.74)

【あらすじ】
神原駿河の家へ向かう阿良々木暦と火憐。
その道中、京都弁で喋る女性に呼び止められる。
(公式サイトより)

【感想】
・謎の新キャラが登場しました。声が白石さんなので、SKETDANCEのヒメコに聞こえて仕方ありませんでした。

・あと、「僕は決め顔でそう言った」のキャラが斬新すぎです! 何者?

・火憐と暦のトークはいったいなんなんですか。現実には絶対いないだろうな……。


<今回のひとこと>
駿河「いや、阿良々木先輩、それは困るな。確かに、私は阿良々木先輩の妹さんに会ってみたいと言ったことはあるけれど、それは、あくまで冗談として言ったわけであって、決して本気だったわけではないのだ」
暦「?」
駿河「いや、だって、阿良々木先輩。阿良々木先輩の心づかいは本当に嬉しいと思うけれど、でも、だからって、妹さんの××なんてもらえないよ!」
暦「誰がやるか! お前にやるくらいなら、僕がもらうわ!」

えーと、ですね。
穴にしたところは、教育上というか、公然に言っていいワードではないので、隠しています。
知りたい方は原作を読むか、DVDを手に入れて自分で確かめてください。
さすがにこの用語を使えるほど精神が図太くありませんでした。
まあ、でも……会話の流れから、なんとなく分かっちゃいますかね?


ということで今回の感想はおしまいです。

次回は旅行日記を書く予定です。

では、またどこかで。
今回は偽物語の第8話『つきひフェニックス 其ノ壹』の感想です。
SWITCH Vol.30 No.2(2012年2月号) 特集:ソーシャルカルチャー ネ申コラボ1oo

【あらすじ】
いつものジャージ姿では無く私服姿で阿良々木暦の前に現れた、
阿良々木火憐。何やらお願いがあるとの事だが……。
(公式サイトより)

【感想】
・とりあえずテレビシリーズ最後のエピソードになりそうです。2期どまりですね、おそらく。

・オープニングが面白いですねえ。ちょっと和のテイストが入っていました。

・今回は神原がキーキャラクターなんですかね。見方によっては確かに火憐と近いかもしれませんが。

・兄妹で何やってんですか! ってゆーか、火憐がエロい! このアニメを知らない人が途中から見たら、ぜったい変なアニメだと思われます。18禁か!

<今回のひとこと>
今回はエロさが半端ないので、追記に書きました。
見たい方は、続きをクリックしてください。これ、そういう小説とかじゃないですよ! 
私を変な眼で見ないでください!

ってゆうか、これを親と一緒に見た私はどうしらいいんですかああああ!(泣)
もう、死んでしまいたい……。
冗談です。言いすぎました。

と、いうことで今回の感想は(とりあえず)これでおしまいです。

次回は夏目友人帳の感想を書く予定です。

では、またどこかで。

繰り返しますけど、そっち系を見ても、不快に思わない方が見てください。
これで批判されても私はしらを切りますからね。
物語シリーズがエロいわけじゃないですよ! 勘違いしないでくださいね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。