上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はブラック★ロックシューターの全体感想です。
『ブラック★ロックシューター』Blu-rayBOX【完全生産限定版】

【評価】
(おおまかな評価基準は追記に畳んであります。なお、評価はあくまで個人的なものです)
ブラック★ロックシューターの評価は……
です!


【感想と評価理由】
ちょっと、アニメ作品としては厳しかったかな、という感じのアニメでした。

まず、このアニメの方向性が非常に見えにくいです。どこにテーマをおいた作品で、主人公たちが何を目的にしているのかが終盤にならないとはっきり見えません。これでは視聴者を終盤まで引っ張ることが難しいです。概して最近のアニメやラノベは最初が肝心です。この作品もまあ、ブラック・ロックシューターが何者かと戦っているシーンが出てくるわけです。ここでは「お。何だ?」と思うわけですが、こことはまったく関係なく見える世界での話が長らく続きます(ちょこちょこ、向こうの世界でのシーンも混ざりますが)。こうなってしまうと「意味分からん」となってしまうのではないでしょうか?

また、大きな設定(向こうの世界=ブラック・ロックシューターがいる世界)を説明してくれるキャラがあまりいません。強いて言うならユウになるのですが、彼女は当事者なので、説明は若干厳しいです。本来であれば、主人公であるマトが説明を聞く役割を担うはずなんですが、彼女もまた、ある意味当事者になってしまうので、感情移入がしにくく、設定の分かりにくさを助長しています。もっと早くに何らかの形で設定をにおわせておく必要があったんじゃないでしょうか。

見返すと、いくらか設定への伏線はあるのですが、出ているキャラクターたちがそれををすでに了解した上で行動に出ているので、了解していない私たちには「?」が続きます。8話という短い尺ではやはり説明不足は否めなかったと思います。

最初から中盤まではマトとヨミの話でしたが、終盤はユウに持ってかれた感がありますねえ。実は主人公はユウだったんじゃ、みたいな気さえします。最後のエピソードにもっとヨミを関わらせないといけなかったんじゃないでしょうか。

ただ、「人間関係と自分自身の成長」「アイデンティティ」などの普遍的なテーマを入れている点はよかったです。ちょっと性格が「こんな人いるか?」という感じのキャラクターは多かったですが、テーマを際立たせるという面ではよかったと思います。

私なんかは人間関係からどちらかと言うと逃げてしまう人間なので、逃げずにいなきゃいけないなあ、と思わされました。将来のことも考えると「もっと強い人間にならなければ」という思いはあります。

以上の理由から評価を2にしました。

この作品は改めて見返してみると、いいアニメというタイプかもしれません。

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はさんかれあの感想を書く予定です。

では、またどこかで。

スポンサーサイト
今回はブラック★ロックシューターの第2話『夜明けを抱く空』の感想です。
『ブラック★ロックシューター』Blu-ray第1巻

【あらすじ】
マトは半ば強引にヨミをお祭りに誘ったが、約束の場所にヨミは現れなかった。一言「ごめんなさい」とだけメールを残して・・・。次の日、マトはヨミの家を訪ねる。窓からマトが訪ねてきたのを目にしたヨミ、思わず部屋を飛び出そうとする。しかし、そんなヨミを止めるためにカガリは自らを傷つけてしまう。そのまま、病院に運ばれたカガリとそれに付き添うヨミ。カガリという存在に囚われてしまっているヨミに対して、マトは「一緒に帰ろう!」と呼びかける。その頃、裏世界ではブラックロックシューターとチャリオットの戦いが激化して…!
(公式サイトより)

【感想】
・ここまでのところ、この作品がどういう方向性を向いているのかがいまいち分かりません。マトとヨミの友情物語なのか、違うのか。あの裏世界は何なのか。おそらく心象世界なんだとは思うのですが……。説明がないのでなんとも言えないですね。

・カガリはちょっと異常ですね。いわゆる精神病患者? ただ、最後のシーンでなにかあったようなので、どうなっているのかが気になっているところではあります。

・キタエリはすごいなあ、と思います。同クールのパパ聞きとの演技の違いに驚愕でございます。

<今回のひとこと>
マト「かわいそうだって思っちゃダメなんだよ! かわいそうがられることこそ、カガリさんかわいそう! そんなの腫れもの扱い! バカにしてるもん!」
人と向き合うのは至極難しいなあ、と思いました。
自分と対等な立場で人と接するのって実はかなり難しいです。人間は優劣をつけたがる生き物なので。
私はそんなにできてる人間ではないので、いろいろと葛藤しているのです……。


と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はキルミーベイベーの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
今回はブラック★ロックシューターの第1話『あとどれだけ叫べばいいのだろう』の感想です。
BLACK★ROCK SHOOTER Blu-ray&DVDセット ねんどろいどぷちB★RSセット付き (初回限定生産)

【あらすじ】
中学校に入学したマトは、"小鳥遊(たかなし)"という珍しい苗字に惹かれ、小鳥遊ヨミに興味を持つ。一生懸命話しかけるマトだが、ヨミはなかなか心を開かない。だが、マトとヨミが同じ絵本を持っていたことをきっかけに、マトはヨミの家に遊びに行くことになる。ヨミの家で次第に打ち解けていくマトとヨミ。しかし、そこにヨミの親友だという車椅子の少女・カガリが現れて・・・。一方、裏世界ではブラックロックシューターが激しい戦いを繰り広げていた。

【感想】
・1話の段階では、分からないことが多々ありますね。視聴者を引き付けるという点ではよいスタートエピソードだったんじゃないでしょうか。

・現実世界の話と裏世界の話がどうリンクしてるのかが気になりますね。私がこの回だけ見た印象だと、マトの心的な世界が裏世界なのかな、という感じです。

・小鳥遊って流行ってるんですかね? WORKING!!発祥?

・カガリがめっちゃ怖いんですけど。あそこまで露骨なのはちょっと異常ですね。何か裏がありそうですが。

(今日のひとこと)
サヤ「たとえ、胸が刺されたように痛んでも、血が噴き出すことも、傷が膿んでジクジクすることも無い。誰かがね。あなたの代わりにその痛みを引き受けてくれる」
人は必ず何かで「傷ついた」と感じることがあります。それを乗り越えることができる人もいれば、できない人もいると私は思います。人は心(精神力)の(ゲーム風に言えば)ポイントがそれぞれです。そのポイントを使って倒すことができる敵(傷ついた、嫌だなと思うもの)も人それぞれなのです。頑張って乗り越えようとして、だけど乗り越えられないものが現れた時は、「傷ついたのは自分じゃない」って逃げてもいいんじゃないかと思います。頑張って、頑張って自分を嫌いになるのはそれはそれで不幸なんじゃないでしょうか。

感想とあんまり関係ないですね……。まあ、いいか。

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はキルミーベイベーの感想を書く予定です。

追記から2月3日付の声優ブログ更新情報です。
今日の更新リストは水島さん・間島さん・森川さん・川原さん・櫻井さん・佐藤さん・寿さん・小倉さん・大久保さん・藤田さんです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。