今回はキルミーベイベーの全体感想です。
キルミーベイベー (2) 【Blu-ray】

【評価】
(おおまかな評価基準は追記にたたんであります。なお、評価はあくまで個人的なものです)
キルミーベイベーの評価は……
です!


【感想と評価理由】
かなり独特なギャグアニメに仕上がっていましたね。原作が4コマ漫画であることをそのままいかした作品だったと思います。

どっとくる笑いはありませんが、クスッときたり、「バカだな~」と苦笑いしたりできる作品でした。ただ、こういうタイプのギャグアニメで常に面白いネタを求める方には不向きと言えるかもしれません。かなり雰囲気ギャグアニメなので。

このアニメの基本構成はやすなが何かやらかすorあおる→ソーニャの鉄拳制裁というパターンです。最初はそれなりに面白いんですが、長く見ているとどうしても飽きがきてしまいます。もう1人、あぎりというキャラクターがいます。彼女は非常にクセのあるキャラで、ストーリーに出てくれば、その話は面白いです。であるならば、視聴者を飽きさせないためにあぎりが出る話を増やすといった工夫が求められたと思います。ちょっと展開がワンパターンで淡泊だったんじゃないでしょうか。

むしろ、このメインキャラクターより、エトセトラをすべてこなしていた新井さんとチョ―さんのほうが面白かったといえるかもしれません。「どんだけ笑わせる技を持ってるんだ!」というくらい、合間合間で笑わされました。

以上の理由から評価を3にしました。

それにしても、このアニメはキャストが少ないですね。4人から6人しか出てないです。製作費の問題でもあったんでしょうか?

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はアクセル・ワールドの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
今回はキルミーベイベーの第6話『へそからくりでてるごおり』の感想です。
キルミーベイベー (1) 【Blu-ray】

【あらすじ】
○がつ×にち。きょうはあさおきてがっこうにいってソーニャちゃんとあそぼうとおもったらなぐられました。
きょうはぜんたいてきに、へそからくりでてるごおりでした(やすな)
(公式サイトより)

【感想】
・キーワード:「へそ」=なぜ雷様はへそを狙う?・「からくり」=あぎりのからくり屋敷・「てる」=テルテル坊主・「ごおり」=かき氷

・夏といえばかき氷というのはよく分かります。それ目当てで夏まつりに行きますからね。

・テルテル坊主のくだりはすごい面白かったです。特にチョ―さんが。

<今回のひとこと>
やすな「あ、衛星放送が見られそうでかっこいい~!」
もう、なんというかね、この雰囲気にはまってしまいそうです。
おかしいな……。


と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は日記を書く予定です。

では、またどこかで。
今回はキルミーベイベーの第3話『えすぱのろえばあめずもう』・第5話『むしをまつりてうみにんぎょう』の感想です。
キルミーベイベー (1) (まんがタイムKRコミックス)

【あらすじ】
<第3話>
○がつ×にち。きょうはあさおきてがっこうにいってソーニャちゃんとあそぼうとおもったらなぐられました。きょうはぜんたいてきに、えすぱのろえばあめずもうないちにちでした(やすな)
<第5話>
○がつ×にち。きょうはあさおきてがっこうにいってソーニャちゃんとあそぼうとおもったらなぐられました。きょうはぜんたいてきに、むしをまつりてうみにんぎょうなかんじでした(やすな)
(ともに公式サイトより)

【感想】
<第3話>
・キーワード:えすぱ=「超能力」・のろえば=「わら人形」・あめ=「雨の日の遊び」・ずもう=「相撲対決」

・没キャラが出てきましたね。あれ、本当に没キャラだったんですね。使いどころがなかったのかな……。

・カラス除けのお面(?)は怖いですね。なんか20世紀少年の「ともだち」を思い出しました。

<第5話>
・キーワード:むし=「虫取り」・をまつり=「夏祭り」・うみ=「海にて」・にんぎょう=「人形劇のパペット」

・輪投げで人形の首切断ってどんな力でソーニャはあれを放ったんでしょう。物理的に可能なのか!?

・海の話のオチが潮の満ち引きと関連していましたが、あれは満ちすぎでしょう。どんな海岸なんですか!

(今回のひとこと)
テレビのレポーター「シジミは海にはいません。主に川や湖といった、淡水にすむ生き物です。本当に」
佃煮・時雨煮などにもされる。食味ではセタシジミがもっとも美味とされ、次いで汽水産のヤマトシジミ、マシジミがおいしいとされる。(Wikipediaより)
個人的にはアサリのほうがすきなんですけどね。

と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は妖狐×僕SSの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
今回はキルミーベイベーの第2話『わざぬんちゃくでくまふうせん』。第4話『あいするすいかよがしかく』の感想です。
なぜか3話を見忘れました。後日感想は載せます。
キルミーベイベー (2) 【Blu-ray】

【あらすじ】
<第2話>
○がつ×にち。きょうはあさおきてがっこうにいってソーニャちゃんとあそぼうとおもったらなぐられました。
きょうはぜんたいてきに、わざぬんちゃくでくまふうせんでした(やすな)
<第4話>
○がつ×にち。きょうはあさおきてがっこうにいってソーニャちゃんとあそぼうとおもったらなぐられました。きょうはぜんたいてきに、あいするすいかよがしかくでした(やすな)
(ともに公式サイトより)

【感想】
<第2話>
・なんかだんだん面白ポイントが分かってきました。やっぱりイカ娘パターンです。前記事でマイナスのことを多めに書いているので、あれですが……。

・タイトルをみていただけると、話がだいたい分かります。あらすじはえらい適当なのでそこを参考にしてください。今回の場合は「わざを教えろ」「ぬんちゃく買った」「公園にクマ」「風船がひっかかった」ぐらいのキーワードですかね。もうちょっとあらすじちゃんとつけて欲しいですね……。

・あぎりさんのキャラがはまりますね~。おっとりしていてかつ天然。忍術も90%は適当。ナイスキャラなんじゃないでしょうか。

<第4話>
・おおざっぱなキーワード:「アイスのあたり」「スイカ割り」「ヨガ」「刺客現る」

・アイスのあたりよく出ますね。ちょっと出過ぎ?

・ガリガリくんを食べる時に棒だけが抜けることはままあるので共感しました。あの絶望感は何とも。

・チョ―さん大活躍ですね。っていうか、声優5人で回すアニメって……。人件費は浮くんですかね?

と、いうわけで今回の感想はこれでおしまいです。

次回は妖狐×僕SSの感想を書く予定です。

追記から1月27日付の声優ブログ更新情報です。気になる声優さんがいる方はぜひ。リストにいなかったらリクエストしてくださってもいいですよ~。
今回はキルミーベイベーの第1話『いぬをしのびてさくらさく』の感想です。
キルミーベイベー (1) 【Blu-ray】

【あらすじ】
○がつ×にち。きょうはあさおきてがっこうにいってソーニャちゃんとあそぼうとおもったらなぐられました。
きょうはぜんたいてきに、いぬをしのびてさくらさくかんじでした。(公式サイトより)

ほかの方のブログでレビューなどを見ると、みなさんすごいなあ、と思います。翻って私のブログはなんて感想が薄いんだと思い、なんかへこみます。私の感受性のなさと文章力の欠如が原因なんですが。まあ、この話は次にでもします。

とりあえず、感想をどうぞ~。

【感想】
・系統としてはイカ娘に近いかなと思います。雰囲気コメディ作品です。

・全体的にはう~んといった感じでした。そこまでネタが面白いわけでもないですし、絵が絵なので萌えを狙っているわけでもない。なんというか中途半端な印象を持ちました。

・深夜アニメというより夕方か朝にやったほうがいい気もします。あまり私には刺さらない作品の気配が……。

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいにします。

次回はこのブログについての話をします。

では、またどこかで。

追記から声優さんのブログ更新情報です。