今回はパパのいうことを聞きなさい!の全体感想です。
パパのいうことを聞きなさい! vol.3(Blu-ray)

【評価】
(評価基準は追記に畳んであります。なお、評価はあくまで個人的なものです)
パパのいうことを聞きなさい!の評価は……
です!


【感想と評価理由】
このアニメは全体的に描写不足感がありました。

まず、最初から設定がかなりきわどいです。一般的には考えられにくい大学生が3人姉妹を引き取るというシチュエーション。そして、その原因となった飛行機事故。ジャンルにラブコメと銘打ってあるわりに、これらの基礎設定が重すぎます。また、このような設定がある場合、普通は話がかなりヘビーになるのですが、ラブコメであるがために話はライトです。このあたりのバランスがそもそも取りきれていない作品だと思います。

各キャラクターの心情描写も浅いです。一番末っ子のひなに関しては、年齢的なものもあり、それなりに描かれていたと思いますが、空と美羽はちょっと元気すぎやしないか、と思いました。彼女たちは実の両親がいないという状況に置かれてしまったわけですから、もっと思うところがあるはずなのに、そこに関しての描写が少ないです。

そして、特に問題なのは祐太です。祐太にしてみれば、唯一の肉親であるお姉さん(空、美羽からは義理の母・ひなからは実の親)が行方不明(アニメでは実質死亡になってるみたいです)になってしまったわけです。これは相当、精神的にくるものがあるはずですが、そこの部分へ思いを至らせる描写がほとんどありません。回顧こそすれ、悲しい、ショックなどの感情を感じ取ることはできませんでした。

このように、重いことがあった後のキャラクター状況が常識的な範疇からずれてしまっているところがかなりありました。これだと、なかなか感情移入ができません。

ただ、設定を抜きにしたキャラクターの性格という点では、それぞれかわいさを出すことができていたと思います。ひなの「おいたん! ひなだぉ!」がちょっと話題になったように、純粋なコメディーとして見れば、評価できる作品だったと思います。

まあ、祐太と空は伯父と姪なので、「ラブ」コメになるのかが大いに疑問ですが。

以上の理由から評価を3にしました。

主演の空役、上坂さんはデビュー作とは思えない演技でした。これから楽しみな声優さんです。いや、本当にお上手でした。

ちなみに私は原作未読なので、アニメの話だけをもとに評価しています。原作ファンの方はもしかしたら不快な思いをされるかもしれませんが、そこはご了承ください。
(アニメはオリジナルが多いみたいですね)

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はあの夏で待ってるの全体感想を書く予定です。

では、またどこかで。
今回はパパのいうことを聞きなさい!の第6話『素晴らしき家族旅行』のミニ感想です。

【感想】
・それなりにいい話だったと思います。ただ、ちょっと悲壮観のある描写が少なすぎる気がします。まあ、あっても見てるこっちが暗くなるんですが。どうしても見てる側からすると、現実感がなさすぎる気がします。

・佐古先輩、もう怖いです。変態だからしょうがないか。

・どうしてちっちゃい頃ってシャンプーハットないと嫌だったんですかね。私も使っていましたが、今となってはどうしてその間目をつぶっていられないのかが不思議です。

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はあの夏で待ってるの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
今回はパパのいうことを聞きなさい!の第5話『少女に何が起こったか』の感想です。
パパのいうことを聞きなさい! vol.2(Blu-ray)

【あらすじ】
共同生活がはじまって数日、相変わらずドタバタの日々が続いていた。
そんなある日、充電したまま置いて行ってしまった祐太の携帯電話に、繰り返し連絡が入る。
ひなが誤って操作してしまい仕方なく美羽が電話に出ると、相手はロ研の会長・佐古俊太郎で、日払いのいいバイトを紹介するというものだった。
早く知らせようと、空が祐太のバイト先であるファミレスまで届けることになるのだが……。

【感想】
・展開的には読めるべたなものだったと思います。ただ、やっぱりこういう展開は見ると楽しいです。ラブコメはこうでなくっちゃ。

・佐古先輩は完全に変態でしょう。なんで声だけで年齢判別できるんですか。まあ、願望だったみたいですが。いわゆるロ○コンですね。

・祐太、デリカシーがないって言われていますが、どう考えても、あれは不可抗力ですよ。いや、むしろ女性と暮らすにはああいう気遣いが必要なのか……?

・ひなの声ってすごいですね。五十嵐さん、どんだけですか。なんか中毒になりそうです。あれ? 私もロ…いや、そんなことは断じて無い!
決して、無い!(しつこい)

<今回のひとこと>
美羽(録音)「その時は、よろしくお願いしまーす」
佐古「ギャー! まるで天使のような声だー! 瀬川君からかおった天使のアロマの正体はこれだったのかー! 声からしておそらく10歳と見た! いや、10歳であって欲しい! むろん髪は金髪のツインテール! 小悪魔な目! それがまた、いいー! My Angel!」

変態確定ですね。

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はあの夏で待ってるの感想を書く予定です。

では、またどこかで。
今回はパパのいうことを聞きなさい!の第4話『ワンダフルライフ』の感想です。
パパのいうことを聞きなさい! vol.3(Blu-ray)

【あらすじ】
一夜明け、六畳一間のアパートで三姉妹との共同生活が本格的に始まった。
姉妹が入った後は一時間トイレ使用禁止、姉妹の前で着替えてはいけないなど早速ルールが作られ、たじたじの祐太だったが、「行ってらっしゃい」と見送ってくれる存在ができたことに、じんわりと喜びをかみしめるのだった。
一方、留守番をする空と美羽とひなは、部屋が可愛くない、ときめきが足りないとリフォームに取りかかる。

【感想】
・今回はあまり話の進展がない回でした。空が料理下手であることが発覚したぐらいですかね。あまりこのような話が続くと、よくない傾向がありますがどうしていくんでしょう。

・今のところ1話を除いて、学校での話がほとんど出てきていませんが、今後どうなるんでしょう? ラジオドラマでは絡みがあったので、後々、会うことになるんでしょうが。

・主人公にヒロインが無意識にくっつく
    ↓
 主人公は焦る
    ↓
 ヒロインが気がつく
    ↓
 鉄拳制裁が加えられる
 ベタ中のベタの展開ですね。まあ、飽きもせず、そこでにやにやしている私も問題かもしれません。

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はライトノベル新刊情報を書く予定です。

では、またどこかで。
今回はパパのいうことを聞きなさい!の第2話『家へおいでよ』・第3話『泣いてたまるか』の感想です。
パパのいうことを聞きなさい! vol.2(Blu-ray)

【あらすじ】
<第2話>
帰宅した姉から、夫の出張に同行するため、さらに一週間の留守番を頼まれる祐太。
無茶だと一度は断るが、遅い新婚旅行だから行かせてあげたいという空と美羽の声に押されて請け負うことに。
だが、姉夫婦の乗った飛行機が事故に遭い、状況は一変。
夫婦が行方不明のまま葬儀が行われ、空、美羽、ひなはそれぞれ信吾の親族に引き取られることになった。
離れたくないと必死に訴える彼女たちに昔の姉の姿を重ねた祐太は、自分が引き取ると宣言する。
<第3話>
三人一緒にいたいと必死に訴える空と美羽の姿に胸を打たれた祐太は、自分が三姉妹を引き取ると宣言。
親族の了解を得ないまま半ば強引に彼女たちを連れ出し、自分のアパートに連れて帰ろうとする。
道中、昼食をとろうと入ったカラオケ店で仁村と遭遇。
なぜ子供を連れているのか問いつめられているところに、父方の伯母から電話がかかってくる。
(ともに公式サイトより)

【感想】
<第2話>
・急展開でした。そんな展開あるか!?という感じです。

・あらすじには「行方不明のまま」とありますが、話の中でそういうセリフはなかったと思います。あったのかもしれませんが、もっと分かりやすくしないと帰らぬ人になったのかと思います。というか、思いました。

・ジャンルがラブコメのわりに、この展開は重すぎると思います。もっとライトにしてもよかったんじゃないでしょうか? 作者はどんでん返しを狙ったんでしょうが、やり過ぎな気がします。ひなを見ているとかわいそうになってきます。

<第3話>
・とんでもなくテンポよく話が進んでいる感じです。このあたりはコメディっぽいなあ、と思いました。

・3姉妹はそれなりに思っているところがありそうですが、祐太はどうなんでしょう? おそらく同じ境遇にあったはずなので、お姉さんは大切な肉親だったはずです。にも関わらず、そこへ思いをいたらせる描写がありませんでした。全体的に描写が不足していると思います。

・次の回から何を求めてこの作品を見たらいいのかよく分からなくなってしまいました。かなり大風呂敷を広げている感じなので、それを扱いきれるのかが重要なポイントだと思います。

と、いうことで今回の感想はこれでおしまいです。

次回はあの夏で待ってるの感想を書く予定です。

では、またどこかで。

今回から声優さんのブログ更新情報はすべて追記に書きます。よろしくお願いします。
では、どうぞ。